2012/11/18

太陽光発電の例  太陽光発電

太陽光発電システムの購入時に最も気になるのが、光熱費における経済効果である。
光熱費の削減効果が大きいほど購入時の初期費用が早く償却でき、その後の経済効果が期待出るというものだ。

太陽電池モジュールの耐用年数は、約20年、パワーコンディショナーは約15年、この点もウォッチしていなければ成らないといえよう。

一つの例として、東京郊外の人が太陽光発電システムを導入したとしよう。この家庭では、太陽光発電と同時にIHクッキングヒーター、エコキュートを導入し、電気料金の契約をオール電化用に変えている場合、売電価格は48円で換算。太陽光発電の規模は、2.38kWと比較的小ぶりなシステムだが、以前のガス併用時の価格に比べて買い取り制度実施後では、年間で22万円の削減が実現したという。

国の買取制度の効果が如実に現れた結果といえよう。1kW65万円のシステム導入費で計算すると、2.38kWで税込み162万5000円。国と東京都の助成金が約40万4600円として初期費用は122万円となり約5年半で元が取れる計算になる。

太陽光発電価格が安く、補助金が多く受けられる地域であれば損益分岐点はかなり早くなる。つまり、償却が早くなり、すぐに元が取れるということだ。東京都の地区によっては補助金が驚くほどでているので、その地域に該当するのであれば、やらないことが機会損失になる。

その後も5年間48円の買取が保証されるので、今太陽光発電システムの導入に踏み切ればその余剰電力買い取り価格48円の経済効果は充分に発揮されるといえよう。

        ≪今後(H25年〜)の売電価格はこちら

0

2012/8/30

公務員  

公務員になろうか迷っています。というか一応試験には申し込みしました。
もうすぐ試験なのにまったく勉強していないので完璧落ちますが、とりあえずマークシートですからカンがあたるように頑張ってみます。
ただ、うかれば次は二次試験なのでそうなったら絶対に受かりたいです。
ただ、九州は倍率がかなり高いようなので不安です。
しかも女性の採用率は低いですからね。
もし受かれば3ヶ月研修で集団生活になりますが、それでも魅力のある職だとは思います。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ