2012/12/19

ピアノ初心者はどんな教則本や楽譜を買えばいいのか?  教則本や楽譜は何を買えばいいか?

ピアノ初心者の方はどんな教本や楽譜を買えばいいかわからないと思います。楽器店に行けば店員さんに相談することができますが、ある程度の予備知識はもっておいた方が相談しやすいと思うので、初心者にお勧めする教本・楽譜を紹介します。ピアノ初心者用の教本として最も有名なのが、『バイエルピアノ教則本』(通称バイエル)です。初心者用の教本としては解説も充実していて最も広く使われていますが、少し堅苦しく飽きてしまう人も多いと思います。楽譜自体に全く馴染みがないという方は、『バーナムピアノテクニック』(通称バーナム)がイラストも入っているし、初心者の方にも取り組みやすいと思います。また、指のトレーニングがしたいという方は、『ハノンピアノ教本』(通称ハノン)がいいでしょう。この3シリーズは初心者用の教本として一般的に使われているので安心できると思います。その他、独学でピアノを練習する初心者の方は、ピアノの上手な演奏を見聞きする機会がないと思いますので、DVD付きの入門書も合わせて取り組む方がいいでしょう。その中でも、シンコーミュージック・エンターテイメントの『趣味のピアノ入門編』や、ヤマハミュージックメディアの『はじめから1人で学べる大人のためのピアノレッスン』などがお勧めです。
0

2012/12/19

ピアノ初心者は教則本や楽譜をどこで買えばいいのか?  教則本や楽譜はどこで買えばいいか

まずピアノの教則本や楽譜はどこで手に入れることができるのでしょうか?主な入手場所は、楽器店、書店、インターネット通販、インターネットサイト等です。このうち、初心者にお勧めするのは楽器店で購入することです。楽器店なら、種類も豊富ですし、ピアノに詳しい店員の方もいるので、初心者の方にもいろいろと優しく教えてくれると思います。初心者の方は最初楽器店に入るのをためらってしまうかもしれませんが、楽器店で購入することをお勧めします。書店にはピアノはおろか楽器に詳しい人がいないことが多いので、初心者は相談することができません。アマゾン等の通販では、商品の中身を見ることすらできないので、初心者の方は避けた方がいいしょう。しかし、楽器店や書店では扱っていないようなマニアックな楽譜も売っているので、中級者以上になれば、通販で購入するのもいいかもしれません。インターネットサイトでは、ピアノの楽譜を無料でダウンロードできるものがありますが、中には著作権の切れていないものもあり、それらを無料でダウンロードしてしまうと著作権違反になってしまうこともあるので、初心者には気軽に楽譜を入手できますがやめておいた方が無難です。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ