2012/10/3

太陽光発電で補助金制度を利用しないと言う選択も  

太陽光発電の導入について調べてみると、国や自治体が補助金制度を設けているという事実を知ることができます。大抵の場合、補助金制度があれば補助金制度を利用してお得に太陽光発電の設置をしたいと思うのが通常ではないでしょうか。現に太陽光発電の営業販売をしている人は、太陽光発電導入の利点について説明したあと、補助金制度が利用できこれくらい割安になるということを、太陽光発電設置を今した方がよい理由として、全面に打ち出してくる事実を見ても、補助金制度があるからこそ太陽光発電を現実的に自宅につけたいと思う人の多さがわかるのではないでしょうか。多くの場合一般的な家庭にソーラーパネルをつけようとした時には、補助金制度の利用を前提として見積もりなどが出されるものでしょう。しかし場合によっては実は補助金制度を利用しない方が、初期費用を早く回収し、利益を得ることにつながったりする場合もあるのだといいます。太陽光発電システムで補助金制度を利用する場合には一定の設備条件や規定がありますので、もっと変換効率のよいシステムや優れた設備を設置することで初期費用は多くかかりますが、結果補助金制度利用範囲の太陽光発電装置よりも初期費用の回収を早めたり家庭に利益をもたらすことになる場合もあるようです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ