「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2012/1/29

体験会2日目  日々の活動報告

 二日目は欠席もあったので5人の参加でした。内二人は二日目だけの参加でした。昨日の半数。人数がこんなにも雰囲気を変えるものだと改めて知らされました。昨日は余り自分を出せなかったN君もこの日はぐっと本領発揮で、みんなをおおいに笑わせてくれました。しかし、午後からのダンスの時に若いインストラクターに名前を聞かれて、ぴしっと自己紹介をしてアピールしたので、「えー!なんという変わりよう」と爆笑でした。その彼に引きずられることなく、しかし彼の個性を十分に引き出しながら授業をしているSさんの進め方も、なかなか良かったと反省会で出ました。
 Wさんは二日目だけの参加なので初めてみんなと顔を合わします。とても緊張していました。ところが、スタッフのTさんの百舌鳥支援時代の生徒でした。Tさんとの再会で、とたんに顔が緩みました。とても楽しい一日だったようです。この日はTさんの声かけのおかげでWさん初め、他の生徒も、そして保護者も、参加型の体験会と成りました。
 そんななかで、とくにNA君にとっては大きな一日となったのではないでしょうか。1日目の帰り道、彼はお母さんに「余り人数が多くてとても緊張した」と漏らしていたそうです。とくに「もっとおしゃべりがしたかった」という言葉はとても気になる言葉でした。彼は3回目の体験会も参加していたので、今回は2回目です。物静かなせいもあり、SさんがNA君に発表を促すのはいつも最後の方になりました。そのせいか、あっさりと終わることが多く、やりとりが繰り返されることがありませんでした。少しもの足らないのではないかと思っていたところだったので、二日目の朝にその話を聞いて、やはりそうだったかと思ったのです。そんな彼が、午後の授業のダンスの終わり頃、Tさんに促されてWさん、続いてY君とそれぞれが得意のパフォーマンスをすることになりました。するとNA君のほうからSさんに「僕も○○ならできる」と話しかけてきたのです。Sさんは「そら、やってやって」と進めたら、彼もすっと出て行ってそのパフォーマンスをみんなの前で堂々としたのです。最後のお母さんの感想では「最高の笑顔が見られました」とのこと。待っていては出番がない、自分から言わなければと察しての行動だったのではないか、一歩踏み出せた瞬間だったように思える、と反省会でスタッフも喜び合いました。
 Y君はとても時間に几帳面。震災グッズで五目ご飯の仕上がりの時間をきちんと教えてくれて、さすがという感じでした。ダンスのインストラクターに名前を聞かれたときは「名乗るほどのものではない」となかなか味のある受け答えをいつもしてくれました。東日本大震災の授業で地図をさっさと書いてくれたのでみんなビックリしました。いろんなことに興味があるようです。お母さんも最後に「あんなことが出来るとは知りませんでした」と漏らすほど。
 M君は日直をしっかりしてくれました。きちんとかけてくれる号令はみんなの心の切り替えにとても役立ちました。とても大きな体ですが、午後のダンスもちゃんとこなして、なかなか運動神経も良かったようです。振り返りの感想は、「次のダンスはパフュームで」、と自分の思いがしっかりあったので、文章もしっかりとしたものになっていて、お母さんと一緒に感心していました。
 二日間の内容はまたもや楽しく、そして密度の濃いものになりましたが、いろいろ課題も見えて、終わってからの反省会も熱気いっぱいでした。

  クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
4




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ