「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2011/12/22

おばさんは良くしゃべる  行事案内・報告

 『きらっと』でのヤンクラ昼食会のその後

 まっさらの『ぽぽろスクエア』に車に便乗して行く。きれいな建物にみんな感嘆しながら、部屋の真ん中に車座になって、いろんな話が始まりました。
 その流れで、つい、私がO君のことを話題にしたため、ずっとその話になってしまいます。Haちゃんは、別の部屋で一人耐えていました。そして「おばさんたちは良くしゃべる。『きらっと』でもO君の話になって、おばちゃんたちがずっと話していた」と。
 
 例のごとくO君が遅れてきたそうな。しかもO君はヤンクラの活動をまったくせず、いきなり「行く」と言いだして、定員満杯で場所がないので、私やOさんの昼食は返上して参加を受け入れるしかなかったのに、遅れてくる。12時から1時の時間帯を取るのにどれだけ神経を使ったことか!「遅れてくるなら、遅れた結果としてのペナルティをきちんと与えるべきだと思う」と思っている私です。時間を守る大切さ・約束を破るとはそういうことなんだと身をもって知ってもらうために。O君は時間を守ろうと思えば守れる力があるから言っている。
 O君が遅れてきたために午後からアルバイトのあったT君のみんなと過ごす時間が奪われてしまった。それを怒るT君の気持ちをO君に分かる力をつけるためにも、ペナルティはO君には課すべきだと思う(あえて念を押しますが、誰にでもペナルティを課すべきとは言っていません)。
 いくらO君が場を盛り上げるからといって、約束破りまくり、日常何の活動もしないのに、忘年会での司会をさせるというのもまったく納得がいかない。それをUさんがブログの「ぽぽろ番」でかばっている?から、「むむむ…」と怒りのおさまらない私です。しかも、本人の前で「それが彼の障がいだから」と言う人もいる。それは彼の逃げ道を作っているようなもの。納得いかない。他の人間に彼の理解を深めるために言うのなら分かるけれど本人の前では言って欲しくない。私が「許さない」と頑張っている努力は何なんだと思う。

 と、何の話か全然分からない人もいるかと思いますが、伝えたいことは、障がいをどう見るか、障害者との関わりをどうすべきか、まっさらの『ぽぽろスクエア』で話が延々と…。せっかく楽しもうとしていた何人かの人たちはとても悲ししかったのではないかと、深く反省している私です。貴重な時間を使ってしまいました。テーマとしては大切だったのですが、TPOを間違えました。遠くから参加してくれたM君ごめんなさいね。MEちゃんもごめんなさいね。MEちゃんのお母さん、気遣ってくれて飲み物やらお菓子やら買ってきて下さって、有り難うございます。久しぶりに会えたTUさんもごめんなさいね。「またか〜」とうんざりしたことでしょう。

 で、4時前になったので、いくらなんでも話をやめて、帰る人は帰ることになる。残った6人で、大泉公園まで行く時間が無くなったのですぐ近くの小さな公園に行き、バレーボール?をやりました。なかなか遊び勝手のある公園で、「ここ、いいね〜。使えるね〜」と言いながら、15歳から64歳の間の6人がボールを追いかけたのです。その後気になっていた傍の「手作りパンの店」にいって、Sさんが少しのパンを買い、『ぽぽろスクエア』に戻って、新しい年のヤンクラの話をしました。新年会の料理を何にしようか…で、O君があれこれ言うので、私が「言うだけで何もせんかったら、食べたらあかん。分かってるやろな。できあがった頃にくるつもりか」と釘を刺す。引っ越しの話やら、Haちゃんの受験の話やら、TIさんの就職の話やら、成人の集いの話やら…。今思うと、ここでの話は、みんな本音で、地で、素で話している。それが『ぽぽろスクエア』なんだなあ、ということです。意見が分かれても、時には頭から湯気を出して言い争っていても、決して関係が壊れることがない。そんな『ぽぽろスクエア』を多くの人と関わりながら、広げていくことを大切にしよう!!

 私は『きらっと』の昼食会には参加できていないので、そこでの写真や記事を他の人でアップしていただければうれしいです。
 長々とお読みいただき有り難うございます。
 
8



2011/12/23  20:44

投稿者:「U」

「日常何の活動もしないのに、忘年会での司会をさせる」って誰が?どこで勝手に決めた?
「それをUさんがブログの「ぽぽろ番」でかばっている?」??はじめからやらせないのがHさんのやり方なら、私のやり方はみんなで決めて彼の失敗をみんなで共有しながら振り返るというやり方です。ねらいが同じなら、やり方は色々あっていいと思う。
「本人の前で「それが彼の障がいだから」と言う人もいる。」って?読み違えですね。本人が言っているです。
 「それは彼の逃げ道を作っているようなもの。納得いかない。」本人が言っていても、このような意味なら同感です。そのように書いているのですが…。
 ただし、本人は真剣に自分の障害に悩んでいるのです。私は葛藤をとらえてはたらきかけようとしているので、きっとHさんにはスカッとしないのでしょうね。
 私はお酒は入っていましたが、彼と仲間たちと真剣に話し合いました。Fuさんがしっかり彼に意見を言ったのも驚きでした。今、必要なのは仲間の力だと思います。私はその力を信じているから「特別授業」をやらせてほしいとお願いしているのです。
 そして、Hさんとの関係においては、彼が向き合えるように私が間に入るからちゃんと話し合いなさいよというのが、結論でした。Nさんに間に入っていただいて話ができてよかったですね。
 また、話しましょう。
 お手柔らかに…。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ