2012/12/6

太っているの意味?  

こんにちは。
披露宴ワンピース専門店ポルタ店長です。

いきなりですが、日本人の女子はものすごく細いです。
「えーーーー」という声が聞こえてきそうですが、
私が海外に住んでいるせいもあってか、ものすごくそう思います。

でも、体重40キロ代の大人なんて、ちょっと痩せすぎ。
病的にすら感じます。

例えば、身長155cmで体重60キロだと
もう、「すごいデブ」になるのでしょうか?

では、あなたが自他ともに認める「すっごいデブ」だったとしたら
どんな服装が似合うのでしょうか?

まず、太っている方は自然とバストも大きいですね。
だから、首のつまっているものより、襟ぐりの大きく開いたものが似合います。
(首の詰まっているものは、バストをもっと大きく見せます)

そして、太っている方にありがちなのが
「体型カバー」と称して着る、ダボッとしたトップ。
お尻まで隠れるチュニックが人気ですね。

これも、太さを強調しているだけなので避けた方がよいでしょう。

ブカブカしたものを着るのではなく、程よく体に合っていて
伸びるニット素材のようなものではなく、しっかりした生地の洋服を選びましょう。

ニットは着ていて楽ですが、体の線が出やすいので
「隠したいところ」が全然隠れませんよ。

そして、カーディガンのボタンをしないとか、
長めのスカーフで縦の線を作ると、細く見えます。
横縞ボーダーが太って見えるのと逆の効果です。

お尻をカバーしたい時は、チュニックより
Aラインのスカートの方が、スッキリ見えます。

ポイントは、体に合った洋服を着ること。
これは、太い細いに関係なく共通していますよ。
0

2012/11/3

(無題)  

こんにちは。
披露宴ワンピース専門店ポルタ店長です。

今日は、30代からのワンピースの選び方です。

30代、特に後半になってくると
ふと、今までの洋服が似合わなくなってきた、と思うことがあります。

年齢とともに、顔つきや髪の毛の艶も変わってくるので
今までに合っていた髪型が、ちょっと違うなんてこともあります。

洋服も同じで、数年前の自分の定番スタイルが
やけに不自然に感じたり。

では、そんなことが気になってきたら、
洋服選びは、どこにポイントを置けばいいでしょうか。

まず、20代や30代前半に着ていた服は
ベーシック中のベーシックアイテム(白いTシャツとか)意外、
着ない。

そして、値段が少々高くても、質の高めのものを
ポイントとして着る。
「ポイント」がミソです。全身ブランドものはいけません。

専業主婦で、カジュアルスタイルが普段着の人でも
試着しまくって、体にぴったり合ったジーンズを選ぶとか、
Tシャツはユニクロでも、羽織るカーデガンは、上質のものにすると
見栄えが全然違います。

そして、いわゆる「無難な色」である、ぼやけた色を着ない。
30代以上向けであろうと思われるファッション雑誌を見ると、
コーディネートは、ベーシックにと必ず書かれ、
貴重がベージュ、グレー、黒、が圧倒的に多いです。

でも、年を重ね、お肌もくすみがちになってきているところへ
ベージュやグレーを持ってくると、益々くすんで見えます。
また、そういう色、特に黒を顔の近くに持ってくると
顔が暗く見えます。

黒やグレーを着る時は、タートルネックではなく、
Vネックなどの襟ぐりの広いものにすると、スッキリします。

そして、たまには原色アイテムを合わせてみましょう。
黄色いスカーフや、赤いスカート。
もし、洋服で合わせるのに抵抗がある場合、
バッグや小さいアクセサリーからはじめても。

黄色人種の日本人のお肌には、寒色系がよく似合います。
オレンジより青、同じ黄色でも、暗い黄色より
ネオン調の黄色、と言った具合です。

色を少し加えるだけで、見違えるように顔の発色が
よくなりますよ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ