たき宛のメールは、リンク集記載の本サイト掲示板にある「管理者へメール」よりお願いします。
2015/2/16  1:38 | 投稿者: たき

2月も中旬になっての、今年初めての記事です。間隔があいてしまった理由は、もちろん、「教員への転身」面でのネタ切れと、ブログへの思い入れの低下であります。・・・・我ながら正直だな(^^;)。ただ今は、期末の諸々の準備を行っていたために深夜になってしまい、その気分転換を兼ねて更新をしている次第です。

実は先程まで、もう一つ気分転換をしておりました。それはアニメ「純潔のマリア」の視聴であります。このアニメは中世ヨーロッパ(百年戦争期のフランス)が舞台で、もちろんお話が面白く、キャラクターたちが非常に魅力的なのですが、その根底に、当時の人々の暮らし方、人生観、宗教観、身分意識、戦い方や装備などの考証の確かさがあり(たぶん)、世界史好きで、世界史を仕事にしている自分にとって「観るのがたまらなく心地良い作品」なのです。自分的にはすでに「ベルサイユのばら」レベルの傑作ですね。未見の方で興味ある方、ぜひおすすめします!(原作漫画ファンの方々からは、気付くのが遅い!、とお叱りを受けそうですが)

というわけで、久々の記事でした。今頃ではありますが、本年もよろしくお願い致します。
0
タグ: 教員 社会人 転職

2014/10/20  1:03 | 投稿者: たき

10月17日に平成27年度東京都公立学校教員採用候補者選考の合格発表がありました。合格された皆様、おめでとうございます。ここでのコメントや私宛のメールにて、読者の方々からの合格報告を数件いただいております。今後も差支えのない範囲内で報告いただけると嬉しく思います。

今年度の全体倍率は4.8倍(昨年は6.3倍)で大きく下がり、平成22年度(4.7倍)と同じくらいの倍率となりました。その要因は、採用見込数が昨年度より900人増えたにもかかわらず、応募者数は1,000人以上減ったからです。

さて、取り急ぎ、小学校と中高共通の国語から保体までについて、今年度の社会人特例受験者の合格者数と倍率(応募者数ベース)の推測をしてみましたので掲載します。推測手法と注意点はこれまでとほぼ同じですが、今回、応募者数の推測については「一次合格者の最後の受験番号に統一」しています。

「平成27年度都教採・社会人特例受験者の合格者数・倍率推測<一般受験>」
※( )内は前年の推測  ※倍率は応募者数(推測)ベース  

小学校:71(75)人、6.2(7.4)倍 <523(413)人、6.0(8.2)倍>

中高国語:8(10)人、14.5(15)倍 <105(52)人、7.6(16.3)倍>

中高地歴:11(10)人、17(21.8)倍 <54(21)人、19.6(52.4)倍>

中高公民:4(1)人、24(145)倍 <14(5)人、31.9(100)倍>

中高数学:17(10)人、7.8(13.6)倍 <104(67)人、8.2(12.7)倍>

中高物理:4(5)人、7.3(5.6)倍 <28(18)人、6.1(10.7)倍>

中高化学:9(4)人、4.2(10)倍 <29(20)人、7.7(11.6)倍>

中高生物:5(2)人、7.6(25)倍 <30(17)人、7.9(15)倍>

中高英語:28(13)人、6.5(16.6)倍 <134(61)人、6.1(15.4)倍>

中高音楽:2(2)人、8.5(5)倍 <15(14)人、15.7(20)倍>

中高美術:0(3)人、-(10)倍 <18(10)人、9.8(25)倍>

中高保体:12(3)人、11.1(54)倍 <81(42)人、15.6(33.8)倍>

※上記以外の校種・教科・科目等の分析、および考察は、後日掲載させていただきます。
1
タグ: 教員 社会人 転職

2014/10/14  0:27 | 投稿者: たき

またもや前回から2か月たってしまいました。教員になって早くも4年目となり、正直、今は昔となってしまった採用試験のことよりも、自分の次の異動先の方が気になってしまう御年頃です(笑)。

とはいえ、夏の2次試験を受けた皆様にとっては、今週末の17日は「待ちに待って待ちくたびれた」発表日ですね。本ブログをお読みになっている方が合格された場合、可能でしたらご報告をいただければ嬉しく思います。

採用試験に関する情報はこれまでたくさん書いてきましたので新ネタはほとんどないのですが(記事の間隔があくのはそのため)、これまで勤めてきて話が合う先生は「問題意識が高い方」が圧倒的に多く、中でも「社会人経験が長い方」の含有率が高いように感じます。

今後の私の勤務環境向上(=心の平穏)のためにも、今年も社会人経験者が多数合格することを期待しています(笑)。
2
タグ: 教員 社会人 転職

2014/8/12  2:36 | 投稿者: たき

半沢直樹シリーズ最新作を読んでいたら、こんな夜更けになってしまいました。寝る前にブログのコメントへの補足を思いついたので書きこもうとしたら、アクセス数がいつもより増えていて、今日(もう昨日ですが)が本年度都教採の第一次選考発表日だと気付きました。「多くの方々が第二次選考対策のために見てくれているのかな」と思うと嬉しくなります。皆様方のご健闘を祈念しております。
2
タグ: 教員 社会人 転職

2014/8/3  12:41 | 投稿者: たき

前回記事より3か月もたってしまいました。夏季休業期間に入って2週間がすぎ、ようやく記事を書く「ゆとり」ができました(とはいえ、そんなに多く書くわけではないのですが)。

前にも書いたのですが、夏季休業といっても、全くヒマというわけではありません。夏季講習、進路指導、部活指導、多忙で放置していた諸々の業務処理等々。とはいえ、普段よりゆったりした時間を過ごしているのは確かです。この時期にしかできないことをやっておく、それが秋以降の「円滑な業務」に結びつくので、油断せずに残りの夏季休業期間を過ごす所存です。

さて、本年度の都教採受験の方々は7月13日の一次試験が終わり、8月11日の一次合格発表を待っている状況ですね。6月12日に発表された応募状況を見ると、全体の応募者総数18,075人で昨年より1,087人減り、応募倍率(採用見込者数に対する応募者の割合)は6.2倍(昨年度9.5倍)です。小学校全科(理科コース含む)は昨年度より297人(5.4%)減、応募倍率5.1倍(昨年度6.5倍)。中高共通は昨年度より643人(6.8%)減、応募倍率8.2倍(昨年度15.2倍)。特別支援学校は昨年度より35人(2.6%)減、応募倍率4.3倍(昨年度7.6倍)。
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/press/2014/pr140612c.html

この減少は民間の求人状況が好転したことが主要因ではないかと思いますが、とにかくチャンスです。一次発表日から二次試験日まで、社会人特例の方々は20日、一般の方々は12〜13日しかありません。過去記事でも書いていますが、私は一次は受かると信じてこの期間に夏休みを取得しておき、濃密な二次対策を行って最終合格に結びつけました。参考にできるところは役立てていただければ幸いです。
http://blog.ap.teacup.com/pr-teacher/14.html
2
タグ: 教員 社会人 転職