2010/6/11

ブリーズライト クール 肌色 レギュラー 10枚  通販情報

ブリーズライト クール 肌色 レギュラー 10枚



ブリーズライト クール 肌色 レギュラー 10枚

定価: ¥ 800

販売価格: ¥ 698

人気ランキング: 9546位

おすすめ度:

発売日: 2008-11-25

発売元: ブリーズライト

発送可能時期: 在庫あり。


風邪、花粉シーズン、快眠、貼るだけで鼻孔を拡げて呼吸を楽に。




■ おすすめ情報 --→ミュージックエイトパーカッション・アンサンブル 打楽器アンサンブルの為の序曲【パーカッション八重奏】 【 アンサンブル ネット通販・販売 】

0

2010/6/10

元素 (1977年) (科学シリーズ 物性〈1〉)  通販情報

元素 (1977年) (科学シリーズ 物性〈1〉)

本田 雅健



定価: ¥ 4

販売価格:

人気ランキング:

おすすめ度:

発売日: 1977-01

発売元: 三省堂

発送可能時期:





■ おすすめ情報 --→ルイ・ヴィトン エピ ポシェットアクセソワール M52942 s9-21 【 アクセサリーポーチ ネット通販・販売 】

0

2010/6/9

魔人探偵脳噛ネウロ ねんどろいど 桂木弥子  通販情報

魔人探偵脳噛ネウロ ねんどろいど 桂木弥子



魔人探偵脳噛ネウロ ねんどろいど 桂木弥子

定価: ¥ 3,500

販売価格:

人気ランキング: 5161位

おすすめ度:

発売日: 2008-11-21

発売元: グッドスマイルカンパニー

発送可能時期:





■ おすすめ情報 --→【超激安家具】【イーグルス100319】【セール】【インテリア】【送料無料】【SALE】【アウトレット】【%OFF】【送料込み】広告掲載店舗【新生活100309】送料無料アンドレ (2人掛けソファー・2人用ソファー・ダブルソファー・ラブソファー)【ホワイト(白)】【モダン】 送料無料【新生活】【送料無料100309】 【 インテリア ネット通販・販売 】

0

2010/6/6

ノルウェイの森(下)  通販情報

ノルウェイの森(下)

村上 春樹

ノルウェイの森(下)

定価: ¥ 1,365

販売価格: ¥ 1,365

人気ランキング: 4178位

おすすめ度:

発売日: 1987-09-10

発売元: 講談社

発送可能時期: 在庫あり。



読み終えたときの『おもさ』が腹の底にしみる?
上巻はだらだらと読んでいましたが,下巻は半日で読み終えてしまいました.後半に進むに従って「次はどうなる,次はどうなる」みたいな展開に引き込まれ,最後まで読ませられるストーリー展開は村上文学の特徴なんでしょうね.この小説はおもしろいという表現は適切ではなく,深みにはまっていくというか,考えさせられるというか,読み終えたあとの腹の底に感じる『おもさ』が何とも言え無いですね.



登場人物が次から次と消えていくところは,読み進めるにつれて予期できるのですが,いざそうなるとその部分を何回か読み返してしまい,非常に考えさせられました.これは,今の日本人が本当に幸せなんだろうか,世界経済大国第2位の裕福であるはずの日本で自殺者が年間3万人を超える事実は何を示しているかですが,ヒトの生き方に考えさせられてしまいました.内容自体は単純で,主人公のワタナベ君が同時に2人の女性に心が揺れてしまう,ただ少し訳ありと言うことで,その訳がすこし『おもため』と言うことだと思います.それにしても登場人物をあまりにも葬りすぎているような印象は残りますね.



メンタルヘルスに関しては最近特に注目度は上がっていますが,大きな心の傷を持ったヒトへのメンタルケアーについては,この小説が実話ではないとしても,非常にセンシティブであることを再認識しました.職場にも,身内にも,同じような問題が内在するわけですから,ヒトの絆が如何に重要かです.

深刻ぶらない所がいい
この作品には、心療病棟、自殺、失踪とういくらでも暗く深刻にすることができる要素があふれているのだが、読後は重々しさがなく、喪失の切なさのみが残った。結局、主人公の周りの自殺していった人々、その死に直面した時の苦しみも、振り返れば「過去」でしかない、そして過去の記憶は望もうと望まないと誰もが喪失していくということだと思う。 青春のはかなさや切なさを描いた傑作である。 また、派手な仕掛けはないのに、この作品の舞台の1970年前後の熱さとけだるさが混沌としている雰囲気を読者に感じさせることに、村上氏の技巧の高さがある。

たぶんもう、彼の作品は読まない
 多くの人に読まれている作家なので、私が「感動できなかった」と述べても、世の中に何の影響も与えないはずですから、思ったままを述べます。



 一度読んでいたはずなのに、登場人物の記憶はもちろん、物語の展開まで、すっかり忘れてしまっていた自分自身にびっくりした。一度読んでいたはずなのに。ここまでまったく記憶が残らなかった作品というのも自分としては珍しい。



 記号のように意味を持たない登場人物の希薄さ。次々に自殺してしまう人々。自殺しない人は消失してしまう。



 見苦しいほどに生きる。あるいは懸命に生きる。生存することに執着しながら、死んでゆかねばならなかった。そういう人たちの本を好んで読むので、この本のように、「面白かったけれど、何の記憶にも残らない」。そういう本は、あまり読みたくない。それが結論だ。たぶんもう、彼の作品は読まないと思う。



■ おすすめ情報 --→遺品整理 広島

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ