恋愛を否定的にとらえる傾向  生活

中世頃には、仏教の戒律のひとつの女犯に関するもの(不淫戒)の影響が見受けられ、とくに男性社会の側から恋愛を危険視する(あるいは距離を置くべき対象としてとらえる)傾向が生じた。

権門体制を維持する手段として男性が賦役・租税の対象とされる一方、女性を財産ととらえ、交換や贈与の対象とする傾向が確認され、恋愛を社会秩序を破綻させる可能性のあるものとして否定的にとらえる傾向が生じた。

この傾向はFC2エロ動画まとめDXの儒教文化にも受け継がれ、女大学にみられる恋愛を限定的にとらえる倫理観や、家族制度・社会規範に対する献身を称揚する文化に継承された。
0




AutoPage最新お知らせ