バレンタインデーが近づいてきました  ブログ


今年もまたバレンタインデーが近づいてきましたが送る側の女性も送られる側の男性もそわそわしているのではないでしょうか。

お店でも購入する事は出来ますが本命の男性に渡すチョコレートであればやはり手作りのほうが心がこもっていて自分の気持ちを伝えられると思います。

AV動画やインターネットなどでバレンタイン用のレシピを参考にすればケーキやクッキーなどでアレンジして作る事も出来ると思います。

最近は雑誌でもバレンタイン特集などをしていますしね。
お菓子作りが苦手な女性でも簡単に作れるものもあるし、チョコでなくとも料理でもてなすのもいいのではないでしょうか。

甘いものが苦手な男性もいるかとは思いますがそういう時には好みの味を事前に知っておくというのもいいかもしれません。
バレンタインデーには彼氏やだんな様に渡すためのものだけでなく、父親あてに準備したり、義理チョコだったりと様々です。

また、毎日頑張っているご褒美として自分チョコを準備したり、親友同士で渡したりする友チョコというのもあるのだそうです。

もうずいぶん前ですが私も高校時代に一度だけ友達と一緒にバレンタインチョコを作って先生に渡した事がありました。
バレンタインチョコと一緒にプレゼントや花束、メッセージカードなども一緒に添えておけば相手の男性もきっと喜ぶと思います。

恋人同士であればきっとお互いの気持ちが伝わって素敵なバレンタインの一日を過ごせるようになるのではないかと思います。
0

甲府  ブログ

甲府を旅していて思う訳です。
甲府の人は普通暇な時何をしているのかななんて。
私は甲府の街に立ち、ストリートにある店でほうとうなど食しながらぼっと楽しく優越感に浸りながら考えているのです。

だって甲府の街と言ったらいかにも街であるのですが、東京の人たちと比べたらいかにも娯楽というものが少ない訳です。
東京を例にして話すこと自体いけないことなのでしょうが、東京だったらその街のことあきてしまったら、また別の街があるじゃないですか。

私達は我が儘に街をとっかえひっかえ東京で過ごしているのです。
それに比べたら甲府の人って街が一個しかない。
まあそんなこと言ったら田舎暮らしの人たちのこと言えばもっと悲惨な話しになる訳ですが、私が言いたいことは、甲府の人は東京との距離が中途半端でひょっとしたら週末週末若い女性たちは東京ツアーでも組んで遊んでいるのかななんてことを考える訳です。

しかし、それをするには甲府と東京の距離ってちょっと開きすぎているような感じがしないではありません。
この微妙な距離のことをどう収拾つけているのか一度甲府の人の生活をのぞいてみたいと思う次第なのです。

でも、もっと交通費が安ければきっと行ったり帰ったりすることの出来る場所なのでしょうね。
0




AutoPage最新お知らせ