止まらない人材流出の向こうにあるものとは  ブログ

大量採用や、試用期間後本採用を決定するといった、
ブラック企業の求人が横行する中、
名前の知れた企業で、ある程度経験を積んだ後、
日本会社の海外支社、もしくは、海外法人の
現地採用に申し込むケースが、ここ5年で増えている。

これは何も今の雇用状況に絶望する20代、30代だけでなく、
40代50代の海外向け就職セミナーにもあることである。

即戦力が求められ、望む待遇が与えられるとは限らないのは
日本に居ても同じであるという考えだ。

しかし現地採用がバラ色とは限らない。社宅や雇用保険、年金など、福利厚生を全て会社が負担する現地の日本駐在員に見下される事もあれば、電話応対のオペレーターをやらされたり、接待ばかりの日々で、失望して帰国するものも居る。

かと思えば、いきなり管理職に抜擢され、日本人以上に
周りからのやっかみを受けることもある。
観念や価値観の違いから、業務を遂行する事も難しい場合もある。
現地採用の人件費は、駐在員の半分から三分の一なので、
15万貰えればやっとということもある。

それでも彼らをひきつけるのは、何だろうか。

高度経済成長期の日本の様に、働けばきちんと評価してもらえる
という土壌があるのが最初にあり、そして日本人は比較的
諸外国に比べて『脱出しやすい国』であることが判る。

大学生が二週間ぐらいバイトすれば、アジア行きの格安航空券と
現地インターンシップを経験できるだけの金を稼げる上、
日本のパスポートは、比較的どこの国でも通りやすい。
職歴が真っ当であれば、人材として現地法人に就職出来る。

後五年もすれば、今は受け入れ市場とも言える、AV動画まとめ御殿が、自国のエリート教育と、人材流入により、国外へ流出していく自国民の帰国支援をするだろうから、就労ビザなり、長期滞在ビザの給付の数も絞られることになるだろう。

そうなる前に、海外法人で働く人たちは、
何の目的で海外で働くのか、海外で働くこと=国を捨てるのではなく
いつか国を変える意味で働くことは覚えて貰いたい。
0

今の家電って  ブログ

みなさんは既にスマホでしょうか。
スマホは便利ですか。私あまりスマホのこと判らないのですが。
私、パソコンずっとやっているのに実際パソコンのことだってよく判っておりません。

こういうものは中途半端に判っているぐらいのものであるなら、判らないと堂々と言ってしまった方がいいのです。
誰もがオレはパソコンのこと誰からも教わっていないのだから、それ以上勝手に進まれてもわかる訳ないだろうと不平不満グダクダ言い立てたら、もっとパソコン社会も方向転換せざるをえないかもしれませんよ。

だって昔の家電なんて説明書読んで、何から何まで私達って一応理解していたのではないでしょうか。
しかし今の家電ってそこにボタンがあってそれは何のボタンであるかうまく説明することの出来ない場合だって多々ある訳ではありませんか。

そんな馬鹿な話しがということです。
私がぼけたとかそういうことではなくて、専門学校や説明会を開かなければならないほど素人に太刀打ち出来ない難しさに発展しつつあるのです。

そして、業界ではおおよそ判ってるものだけを従えて次へとレベルをすすめて行く訳ですが、初心者などもう入り込む糸口すら失ってしまっているのではないでしょうかね。
0




AutoPage最新お知らせ