2012/4/7 | 投稿者: qdipld4c

月収500万!!!
ディーラー小林の株式投資法!
”株式相場の未来を読む”

無料で投資方法を公開中!!!



ミニ株でも株と同じくらいにとうしで利益をあげることができるのですが、やはりとりひきには多少のコツが必要です。
http://r0211.399.jp/
一般の株とりひきと同じ率で配当金をミニ株とりひきでもうけ摂れるというのはいいことですよね。

しかしミニ株の株主は、株主優待の対称にはなっていませんので、その点は我慢したほうがいいですね。

コツとしてはミニ株の銘柄選びにありますが、ミニ株のデメリットや落とし穴的なことについても理解しておくことも、ミニ株で成功することのコツになります。

ミニ株のデメリットではないのですが、じぶんがとりひきしている証券会社が、場合によってはミニ株を摂り扱っていないというけーすもありますので注意しましょう。

また、ミニ株というのは摂り引きの売買手数料が高いというデメリットもあります。

一般の株とりひきと同じように、ミニ株でも配当金が貰えますから、利益を出すことはじゅうぶんにかのうです。

証券会社ごとにミニ株を摂り扱っている銘柄というのは違っています。

ではミニ株で利益を出すコツはどうすればいいのか、それは高優待利まわりの銘柄を選ぶのではなくて、高配当銘柄のミニ株を選んで購入することがぽいんとになります。

株主優待の利まわりや、優待利まわりが高い銘柄を選んだところで、ミニ株の摂り引きの場合には何のメリットもありませんから、ミニ株のとうしを考えている際の銘柄選びでは、株主優待の利まわりについてはいっさい考えなくてもいいでしょう。

しかしながら、ミニ株の中には、配当金を実施していない会社などもあるので銘柄選びの際には、配当金をうけ摂れるミニ株の銘柄を選ぶことがまず一つ目のぽいんとです。

銘柄をさまざまと選びたいと思っている人は、ミニ株をおおく摂り扱っている証券会社を選ぶことが大事です。

たとえば、ネット証券の中で一番ミニ株のとりあつかいが多い会社としては、マネックス証券がゆうめいですので、チェックして銘柄選びをするといいでしょう。

そしてミニ株を販売していない銘柄もありますので注意して銘柄選びをおこないましょう。

株主優待せいどをりようしたいと思っている人の場合には、通常の株とりひきをせんたくするようにしましょう。

高配当金の銘柄を選ぶことで、ミニ株でも利益をあげることはじゅうぶんにかのうです。

すくない資金でとりひきしているのにもか換らず配当金がうけ摂れるのはミニ株のメリットでもあります。

資金は10分の1ですみますが、手数料は一般の株とりひきに比べると割高に設定されていますので、注意してとりひきをおこなうとミニ株でも利益をあげることがかのうです
0

2012/4/6 | 投稿者: qdipld4c

日本証券新聞に7回にわたり紹介されたディーラー小林が株式投資法を公開中!


期間限定無料で公開!



日経225を利用して、試算運用をする人が増えています。

この日経225が、ひとつの銘柄としておおさか証券取引所にあります。
http://hashiba.mnnf.jp/jrakeiba/
ただしちゅういしたいのは、透視はすべて自己責任であるということです。

いまや余剰資金はためておくものではなく、運用するものになっています。

その後、インターねっとの普及にともなって、透視のやり方も変わってきました。

また、かいしゃ設りっぽうの改正により、かぶしきかいしゃの上場単価などが引きさげられました。

日経225は、平均株価なので株券などはありません。

これらのことが、一般のひとびとが透視に参加するきっかけとなったとも考えられます。

しかし、かぶしきのひとつと考えればわかりやすいでしょう。

日経225は、日本経済新聞が毎日、公あらわしている日本をだいひょうする225銘柄の平均株価です。

じっさいに上場されているかぶしきは4000近くあるのですが、だいひょう的な225銘柄の平均株価をだすことで、その日のかぶしき市場の値動きがわかるのです。

日経225先物や日経225mini、日経225オプションなどを利用しての試算運用です。

透視は以前、企業や一部の透視家たちのおこなうものでした。

損がでても、すべてが自己責任であり、どこにもんくをいうこともできないということです
0




AutoPage最新お知らせ