2011/11/9

儲けをキープするには  

そもそも、為替レートが上昇する要因は、ほとんどの場合景気が良く金利が上がることが要因となります。相場の急変の不安なしに可能なら安定して増やしたいという人もいますね。そういうときには、スワップ金利で稼ぐのもFXの用法でもあるわけです。


ツボは、損きりラインをいったん決めたら動かさないのが英断です。ロスを最低限に抑える方法ですね。ビギナーの現状は、稼ぐことに意識が行きすぎ、リスク思考を維持できないわけです。大損は回避することができるという考え方を大事にしてください。


マージンコールやロスカットルールは大変ですが、投資家の元金がゼロになるのを回避する仕組みと考えればオーケーです。FXは一見、取り引きとしては難しいと思えそうですが、そういうときには思い切ってアタックする勇気も必須なのでしょう。


今のレート現状は、ボラティリティが激しい時代なので、レバレッジも低めに設定したいものです。投資家たちの心理によって相場は想定外に動きますので、予見するのは最も難しい部分でもあります。
ドリームゲートFXは検証・レビューでの評価が高い「ドリームゲートFXは検証・レビューでの評価が高い」のページです。「FX商材の人気ランキング@徹底評価レビューより」


−今日のFX用語−
隠密介入
「隠密介入」とは、非公表に政府や日銀が為替に介入することです。覆面介入ともいいます。







0

2011/10/19

活用したいFX 業者  

もし暴落してロスになったら、ポジションは直ちに損切りを行うのがいいと思います。取り戻すかもしれないという変な楽観視は暴落時には持たないように。スワップをコツコツ貯めて地道に遂次稼ぐのか、トレンドに乗って為替差益を狙って儲けるのかによって、売買スタンスも変わってきますね。


取り引きには順張りと逆張りがありますが、少しずつ小さなプロフィットを積み重ねていくスタイルが理想なら、順張りがお奨めです。ドル円(USD/JPY)は日本では一番売買されている典型的な通貨ペアですので、外国為替保証金取引の初心者でも比較的流れを読みやすいです。


そもそも取引きを躊躇なく相当スムーズに行うには、そこそこのロスを許容できる気持ちがキーポイントとなります。自分のパターンを破るということは、激変する相場に負けてしまうことを意味しますので、様子を見ながら入念にやりましょう。


スキャルピングはどんなときも取引き画面に張り付くのが苦痛でない特性を持っている方でないと一番困難なといえる取引でしょう。各個人トレーダーとプロ投資家が、それぞれのテクニックで張り合いするのがFX の面白いところです。
住宅ローン返済で困らない方法: 不動産ローンアーカイブ


−今日のFX用語−
輸出予約
「輸入予約」とは、輸入業者が外国から商品を買うときに、必要となる外貨を先日付で買う予約をすることをいいます。







0

2011/10/9

外為証拠金取引の投資配分  FXの商材マニュアル

でも、マイナスを出すことを不安に思いすぎ、レート流れに乗るタイミングを逃すことのないようにしましょう。いずれにしても、自分に本当に向いている投資スタイルの確立は避けることができないわけです。


FXではテクニカル分析による予想が当てはまります。いっぱいの投資家がチャートを見ながら取引きをするので、集団心理が働くのです。市場を動かすポテンシャルのあるニュースなどを日ごろから点検しておくことには価値があります。


単純ですが、貿易黒字になるとカレンシーが上がるというポイントは、意識しておいても問題ないです。底値で買って儲けるには、どんなときもトレードするのでなく、ニュースをよく見直ししてレートの激変がはじまったらオポチュニティを掴むのです。


逆張りは底値で買うタイミングをつかめば最大のプロフィットのポテンシャルがあるのが長所です。でも、推定が外れたときは大きなマイナスを被る危険もあります。儲けが出た場合、なぜその取引きは成功したのかを研究してみると、新しい着想が出て研究が深まるかもしれません。
住宅ローン返済で困らない方法: 住宅ローンアーカイブ


−今日のFX用語−
ECB
「ECB」とは、欧州中央銀行のことで、欧州の金融政策を担う中央銀行のことをいいます。European Central Bankの略です。







0

2011/10/2

FX の長所  

前から決めた利益確定ラインや損失確定水準に到達したら、早く機械的にポジションを解消する決断力が大切なのです。変動や流れに関連性の薄い2つ以上のカレンシーペアに資金を分散するような資産構成はリスクヘッジの面で有益といえるでしょう。


大切なことは、どんな策略でもリターンも出ますしマイナスも出るということですから、意識しておきましょう。トレードツールの使用のカンタンさや、サーバーの注文処理能力は外為証拠金取引会社ごとに特殊性がありますし、トレード環境は大事になります。


できれば FX 会社のデモトレードで種々の通貨で儲けを出せるようになってから、本トレードを開始するのが通常です。ちなみにユーロドル(EUR/USD)は、外国為替市場では一番高めの取引高で、慣れてきたらできればチャレンジしたい通貨ペアです。


また、基本的に順張り系であるMACDのサインがまだまだ明確にでていないときは、カンタンに稼ぐことが可能なカレンシーが明確にはない様子を意味しますので、配慮が必要です。
電話代行を利用のチェッポイント〜オペレーター能力


−今日のFX用語−
EBS
「EBS」とは、外為ブローカーを介さずに外国為替の売買を行える端末での取引のことをいいます。Electronic Broking System の略です。







0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ