2011/2/22 | 投稿者: 小林厳

茅野の明治温泉はマッタリとした、いいお湯でした。
富貴畑温泉の露天風呂の月はよかったです。
茅野の明治温泉と木曾の富貴畑温泉はかなり山奥でした。
白骨も山奥ですが有名ですよね。騒ぎの前にいきました。
白骨温泉、上高地温泉、大町温泉に入りました。
白骨温泉は同じく騒ぎの前に行きました。
濁りにこだわってしまったためだと聞きました。
でも透明に近い方がより新鮮らしいようです。
従業員がこのようなことを引き起こしてしまってとても残念です。
でもいい温泉だということには変わりないと思います。また行きたいです。
渋温泉の湯めぐりするとき、サンダルやスリッパ持って行くと便利です。
私の両親の親は両家とも長野県出身です。母の実家は長野県にあり、年に一度は長野に家族で「里帰り」をします。
長野県内で私が入ったことのある温泉は、浅間温泉、美ヶ原、穂高、諏訪、蓼科、野沢温泉、白骨温泉…多分まだまだあると思います。
あと、長野県の富士見町(国道20号線沿い)にある道の駅「信州蔦木宿」には、「つたの湯」という名前の温泉がありました。その中の源泉風呂と呼ばれるお風呂があり、その名の通り、源泉そのものでしたが、ぬるめですがお湯がとろりとしていて、気持ちよかったです。身体に効きそうな温泉でした。
去年白骨温泉行きました。
騒ぎの後だからではなく、朝早かったからからなのか、
僕一人貸し切り状態でゆっくり楽しんできました。
白濁ではなかったですが、非常に気持ちよかったです。
蔵王の公共露天風呂に少しにてるかなと思いました。
もう一度でも二度でも行ってみたいと思いました。
長野には何度も行ったことはあるけれど、
そういえば温泉には入ったことがないかも・・・!
ぜひ参考にさせていただきま〜す(^o^)
こんどに乗鞍高原温泉行ってきます♪
マイナー・・・なのかナ?
長野温泉天国ですよね〜色々選べるし、安いし。
この間小布施の穴観音温泉行きましたが眺めよしでした。
北信から順に地図に印つけてまわりました。中野のポンポコの湯と高山村のわらび温泉が好きです!
秘湯ではないけれど、安くて露天風呂が広い佐久市の「あさしな温泉・穂の香の湯」がおすすめです。大人300円!
露天風呂からは浅間山も見えます。
軽井沢星野にある「トンボの湯」1200円と高いですが、ゆったりした脱衣所と段差のある露天風呂(座りやすい)もお薦めです!
おととしの夏、秋山郷の栄村にある赤沢温泉に行きました。楽養舘という小さな宿があるのみですが鉄分を豊富に含む温泉でタオルが赤く染まります。日帰りで立ち寄っただけでしたが、料理は素朴でオニヤンマも沢山飛んでいました。
長野には8年いました。
秘湯としては小赤沢温泉ですね。赤いです。
切明旅館の湯泉は川辺を掘ると温泉が湧き出てきます。紅葉のシーズンは最高です。
馬曲温泉望郷の湯はその山間からの景色に癒されます。
個人的に一番よく行ったのは、まきばの湯。
長野市内にあるので気軽に行けて、雰囲気もよいところです。
同じく全然秘湯ではないですが、「あぐりの湯」は浅間山が目の前に見えいい感じですよ。
3月に七味温泉に行きました。
3軒の旅館を湯めぐりしましたが、石膏で白濁しているのでしょうか、白い粉みたいのが底にしずんでいました。






温泉旅館はココに相談!
参考→ http://www.onsen-r.info/
0

2011/2/8 | 投稿者: 小林厳

硫黄臭がなかなかとれないという感激ものの湯でした。
牧水館は冬期閉鎖していて、巨大露天に入れなかったのが心残りです。
乗鞍高原で温泉入りました♪
この時間は貸し切りでしたから、ゆったりできました♪
馬曲温泉、地元長野の方に薦められて去年の秋、行きました。
紅葉に少し早い時期だったのですが、
開放感が味わえます。
秘湯ではないですが、蓼科温泉旅館に行ったことがあります。
降りしきる雪の中の露天風呂は、風情がありました。
(すごく寒かったですが…)
肌にピリッとした刺激がありましたが、とても温まるお湯でした。
冷え性の自分が、ポカポカになりました♪
貸切露天もあって、なかなかいい宿でした。
秘湯ではないですが大町温泉郷の薬師の湯に行ってまいりました。
葛温泉から引湯の源泉です。
新館・旧館に別れているのですが片方が閉鎖されていて男女共内湯1・露天1しか入れなかったのが残念でした。
私も 大町の薬師の湯はよくいきましたよ。
あそこは 肌が合うのか めちゃお肌スベスベになって大好きです(。?∀?。)
もうだいぶ前のことですが、矢坪にある温泉に行きました。
今は上田市(以前は真田町)に入っていて、真田温泉から分かれて新地蔵峠に向かう県道35号線の途中の北側にあります。
現在はルート検索をしますと傍陽の部落から山越えのルートが示されますが、以前は35号線から林道らしき道で傍陽川の支流をたどって簡単に行けました。
地元の人だけが利用するような温泉ですが、小さな小屋の中にあって不意の雨宿りも出来た記憶があります。
飯山市南信濃の遠山郷にある「かぐらの湯」に入りました。
道の駅に併設された温泉で、入口のオブジェや内湯に飲泉所があります。
木をたっぷり使い、空間をたっぷりとった建物は日帰り施設にはもったいないくらい。
源泉温度43℃の高濃度塩化物温泉は全国でもめずらしいとパンフに書いてあり、お肌がつるつるになります。
乗鞍高原温泉 高原の宿みはらし 良かったですよ〜。
露天風呂が開放的で素敵。真っ白な温泉です。
洗濯しても、暫く硫黄の匂いが服から染み付いてはなれないくらい…。
でも、お肌スベスベです。
長野の東信地区らへんならいろいろいきました!
旧真田町(現在は上田市)にある「十福の湯」は露天風呂が広くて気持ちいいです☆秋にいくと紅葉がキレイでまた良いですよ◎
小諸市の菱野温泉も結構好きです!「常盤館」という旅館にある温泉は日帰りもオッケーで、温泉までケーブルカーで移動します。露天にはなんと木製のブランコがあったりして眺めもサイコーでしたよ〜!
私のなかで長野の秘湯と言ったら、諏訪湖近くにある【毒沢鉱泉】です。
なかでも、【沢の湯】はヤバイですよ。
脱衣所が、廊下の真横で薄いガラスの仕切。
お風呂にあるのは、小さな風呂桶一つ。シャワーも無い。
お湯は茶色で、風呂桶の下には土?が溜まってます。






温泉旅館はここをオススメ↓↓
参照サイト→ http://www.onsen-r.info/
0

2011/1/25 | 投稿者: 小林厳

お風呂のなかには飲泉用の蛇口もあって、一口飲むとすっぱいような苦いような今まで味わったことのないような味(受付で2L500円で売られてます)
めちゃめちゃマニアックなんですが、身体のポカポカ具合や満足度はかなり高くて、何度でも行きたくなる温泉です。
ただ、冬はすきま風などで寒いので夏場がおすすめです。
20代前半はボーダー生活送ってて大町の薬師の湯よく行きました、アルプス見ながらの露天風呂いいよね!
馬曲温泉は何回か行ったけど、今年正月行ったときは大雪の中入りました。雪の中を泳ぐように車を走らせましたが無謀にも横浜ナンバーのベンツが坂の途中で亀になってました。冬の長野の雪を舐めてはいけませんよ!四駆は無敵じゃないし、ましてやベンツは無茶です〈;。?д?。〉
この盆休みで松川渓谷温泉滝の湯に行ってきました。毎回長野の友達の家に遊びに行くと寄るのですが、川のはたに湧く天然100%の混浴です。このシーズンは森林浴、秋は紅葉、冬は雪見風呂で、湯上りの温泉卵60円は最高です。
松川渓谷温泉行くなら、その先の五色温泉もお勧めです。気候やその日の温泉濃度で5色に変化する温泉です。私は緑っぽいのと、白濁に当たりました
もう少し走ると七味温泉もあります。ここは緑白濁だったかな?紅葉館は洞窟みたいになってて面白いですよ
山田牧場の方に上がって行くと奥山田温泉があります。レッドウッド・インはペンションですが、樹齢1650年直径3.5mのレッドウッドを刳り貫いた湯船です。
七味温泉に行って来ました。
ここの温泉、飲むこともできるそうです。
硫黄でお肌つるつるです。傷によく効くそうですよ。
泊まったのは山王荘。お刺身がとてもおいしかったです。
長野の?はいろいろ行きましたけれど…
●白馬 塩の道温泉「倉下の湯」
 露天風呂のみ。お湯は茶褐色です。
●あずまや温泉「あずまや高原ホテル」
 日帰り入浴も可能のようです。
 露天風呂から浅間山が一望できます。
●美ヶ原「王ケ頭ホテル」
 ガラス貼のパノラマ露天風呂の眺めが最高でした。
 昼は、一面の高原が、夜は満点の星空がキレイでした。

小谷村の小谷温泉と奉納温泉へ行ってきました。
※小谷温泉
 ナトリウム-炭酸水素塩泉
 無色透明、熱いお湯でした
※奉納温泉
 こちらもナトリウム-炭酸水素塩泉
 わずかに褐色を帯びて濁ったお湯でした
 一軒宿 内湯のみ
写真は奉納温泉
あたしも長野に住んでいたのでいろいろ行きました。
なかでのお気に入りは、松代温泉と毒沢温泉!
どちらも茶色いお湯であったまります^v^
もう1つ、扉温泉も大好きです!行くまでの道のりがまた秘湯らしくて好きです。







温泉旅館はここが対応が良かったです
参照元→ http://www.onsen-r.info/
0

2011/1/21 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ