2012/8/8

おやこ刑事と警察ドラマ  

金子貴幸です皆さんご無沙汰してますね
今回の金子貴幸ブログはおやこ刑事と警察ドラマなどを金子貴幸が話しますね

おやこ刑事』(おやこデカ)は作:林律雄、画:大島やすいちによる漫画作品。「週刊少年サンデー」(小学館)の1977年21号 - 1981年12号まで連載された。単行本は全25巻。ワイド版が全12巻。小柄で女好きのスケベな父・柴田勘太郎。対する息子の文吾は、大の女嫌いで女性が近寄るとアレルギーのジンマシンが出来てしまうクセに女にモテモテの美男子。文吾の母は、文吾を産み他界したため、勘太郎は男手ひとつで彼を育ててきた。柴田親子のいる下ノ町警察署捜査一課には、他にも個性豊かな巡査以上のキャラが揃っている。頼れる上司で勘太郎とは同期の川上課長。空手の有段者でサングラスにパーマ頭のタレ。いつもパイプをふかすシャクレ顔のポパイ。一人娘の綾にはめっぽう弱い勤勉刑事のガン。大きな大きな体のくせに水が苦手なダイブツ。いつも勘太郎におしりを触られている紅一点の警察官・操(みさお)。こうした個性豊かな刑事たちが奔走し、街の小さな事件から凶悪犯罪までを解決して行く。

金子貴幸
ブログ次回までさようならー



0

2012/7/6

新参者と警察ドラマ  

お久しぶりです金子貴幸です
今日は新参者と警察ドラマなどを見ていきます

『新参者』(しんざんもの)は、東野圭吾の推理小説、およびそれを原作とした連続テレビドラマ。加賀恭一郎シリーズの第8作目にあたる。『小説現代』(講談社)2004年8月号にて初出。以後5年に渡って9作の短編が同誌に連載された。単行本は2009年に講談社から刊行。

各短編ごとに主人公がかわり、事件に直接関係ない周辺人物の小さな謎を解いていくうち徐々に本来の事件解決が浮かび上がっていく構成となっている。日本橋小伝馬町で一人暮らしの40代の女性が絞殺された。日本橋署に着任したばかりの巡査加賀恭一郎は、事件を追い、未知の土地を歩き回る。

立ちはだかるのは日本橋で暮らす家族や店が抱える謎。警察官の彼は独自にその問題を解いていき、次第に事件そのものの真相をつかむ。

周りが「どうして、あんなにいい人が…。」と声を重ねるほど評判のよかった彼女の身に一体何が起きていたのか。テレビドラマは2010年4月18日から同年6月20日まで、TBS系列の日曜劇場枠で放送された。主演は阿部寛で、同局での連続ドラマ主演は『ドラゴン桜』以来となる。また、共演の黒木メイサ、向井理、溝端淳平はTBSの連続ドラマ初出演となる。オープニング及びエンディングのナレーションは黒木メイサ。初回は21:00 - 22:14までの20分、最終回は21:00 - 22:09までの15分拡大。

ドラマは概ね原作に準拠するが、青山亜美を物語で重要な役割を果たす記者の設定に変更し、加賀の従弟である松宮脩平も原作と異なりドラマでは登場している。

2011年1月3日には続編となる、赤い指を原作とした『赤い指〜「新参者」加賀恭一郎再び!』が放送された。

キャッチコピーは「事件の容疑者は、日本橋・人形町を行き交う人たち。」、「犯人はこの中にいる…。」

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ