看護師と質問の多い患者さん  患者さんへの対応

看護師と質問の多い患者さんは、うっかりすると衝突してしまいかねません。
あまりにしつこい質問に答えるうちに、看護師の方が嫌になってしまうということもあるのです。

忙しいときに患者さんから呼び止められ、質問を続けられていると、詰まっているスケジュールの中であせりも生じてきます。
ただ、患者さんからの質問が多いことにも理由はあります。

いろいろ知りたがり、話したがるようになった背景には、さまざまなメディアから多くの医療に関する情報が発信されるようになったことも関係しています。
患者さんからすると、看護師に質問を投げかける理由は知りたい、聞きたいという気持ちがあって不安や心配事があるからです。

知りたいという気持ちを持つ患者さんに対しては、その気持ちを汲むことも必要です。
間違った情報を入手しておかしな解釈をしているようであれば、間違った情報を訂正し、正しい解釈を教えることも看護師には必要とされます。

質問に対する返答は、専門用語を避けてわかりやすく説明するように心がけましょう。
0

保健師求人をどう探すか  保健師求人

保健師求人を探すというときには、どのような職場において、どのような保健師としての仕事をしたいのかということをよく考えて就職先を探すことをおすすめします。
そうでなければ、求人に応募して実際に就職先として決まったものの、働き出してみると思ったような仕事をすることができず、すぐにでも転職したいということになりかねません。

そのため、求人内容をじっくりと見てから応募し、面接を受ける前に自分がどのような環境で働きたいのか、どのような仕事をしたいのかということについてじっくりと検討する必要があります。
たとえば地域医療というものにかかわることを希望するのであれば、公務員の国家試験を受験しての合格という前提はありますが、適しているのは行政保健師です。

全国国民健康保険診療施設協議会による「地域包括ケアにおける保健師活動の事例集」でも、そのポイントがくわしく紹介されています。
また、来院した地域の人たちに対して保健指導するということを希望するのであれば、総合病院やクリニックで働くことが妥当でしょう。

特定健診・保健指導における保健師の役割は重要です。
そのほかに産業保健師として会社や学校で働き従業員や関係者、生徒などに関する保険業務を希望することもできます。

保健師の仕事内容については、「保健師の求人募集情報掲載サービス徹底比較」などのサイトも参考になります。
0




AutoPage最新お知らせ