2017/3/26 | 投稿者: ok

2017年 3月25日(土曜)

トロリーモデルクラブの例会に出席しました。

今回は車輛ではなく、O scale の駅をもってゆきました。当然、フィギュアたちもつれてゆきます。

クリックすると元のサイズで表示します

この「太った人たち」がお気に入りです。手前のゴミペールにはアライグマがいます。

クリックすると元のサイズで表示します

3月12日(日曜)には、神戸で Narrow Gauge Junction の集まりに出席しました。
持って行ったのは 009 scale(1/76)のイギリス型の駅。結構立派です。

現在、日本の 009 scale を牽引しているモデルアーティストの Junior Y 氏のエンドレスの分岐点に駅を置かせてもらいました。

Steam Tram 路面汽車1号機も馬車も Junior 氏の作品です。

クリックすると元のサイズで表示します

このカーヴした駅も Junior 氏の自作です。FOXVALE「きつね谷」の駅名に inspire されて、つまり同じようなものを創りたくなったのですが、ワタクシには彼のようなウデはないのです。

ウチの駅名は CATSDALE にしました。ゲルマン系の dale も、ラテン系の vale も「谷」の意味です。この「ねこ谷」は、例の「猫屋線」を「猫谷線」にしたものです。

クリックすると元のサイズで表示します

エンドレスを見下ろしたところ。右の方に「なにか白いもの」が転がってます。これ Shapeways の 3D Printing で造ってもらった Steam Tram と客車です。これが当社初の 009 の旅客用車輛となる予定です。

クリックすると元のサイズで表示します

CATSDALE の駅前に停まっているのは、若手モデラー N 氏の作品、2軸のシェイ式蒸気機関車です。特殊な機構をとても精密に作っていらっしゃいます。

クリックすると元のサイズで表示します

2017/3/26 | 投稿者: ok

2017年 3月24日(金曜)

神戸電鉄粟生線で昼間運転されていた急行が、25日(土曜)からのダイヤ変更により、準急・普通に変わりました。

3月22日(水曜) 3011の粟生ゆき急行に乗って樫山へ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

24日(金曜)最終日 川池信号所東と木津。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そして、最終の粟生ゆき急行は、鈴蘭台で三田ゆきとの同時発車を見送りました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2017/3/22 | 投稿者: ok

2017年 3月17日(金曜)   17時02分

JR鶴見線  安善➡武蔵白石➡大川

大川ゆきの電車がやって来ました。乗客はほとんどいらっしゃいません。

クリックすると元のサイズで表示します

武蔵白石駅の手前で大川支線が分岐してゆきます。

クリックすると元のサイズで表示します

工場地帯を走る単線の線路が短い橋を渡ります。

クリックすると元のサイズで表示します

大川駅が見えてきました。プラットホーム1面、貨物用の側線はもう使われておらず、草の中に埋もれています。

クリックすると元のサイズで表示します

夏場は、この枕木を再利用した柵も緑の草に覆われていることでしょう。

JR鶴見線完乗しました。17時25分発の鶴見ゆきで戻ります。

クリックすると元のサイズで表示します

2017/3/21 | 投稿者: ok

2017年 3月17日(金曜)   

JR鶴見線  扇町➡安善

鶴見線完乗達成の最後の路線、大川支線に乗るために、扇町から安善へ戻ります。

クリックすると元のサイズで表示します

昭和駅。駅舎正面の出札窓口だったと思われるところがふさがれています。よく見ると、この駅にもねこがいます。

クリックすると元のサイズで表示します

武蔵白石駅。鶴見方面のプラットホームには仕事帰りの乗客が増えてきました。
ここが大川支線の起点ですが、大川ゆきのプラットホームはなく、次の安善駅から乗ることになります。

クリックすると元のサイズで表示します

安善駅でも乗客が鶴見ゆきを待っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

安善駅舎。改札口には「入場」「出場」の際に Suica などをタッチする装置が設置されていますが、自動改札機はありません。

クリックすると元のサイズで表示します



2017/3/20 | 投稿者: ok

2017年 3月17日(金曜)

JR鶴見線 海芝浦➡浅野➡扇町

海芝浦では改札口を出ることができません。折り返す列車に乗って分岐駅の浅野へ戻ります。 

今立っている島式プラットホームが、本線ともいうべき鶴見−扇町間列車用のプラットホーム。右の方へまがってゆくのが海芝浦支線用のホームです。

クリックすると元のサイズで表示します

しばらく待つと扇町ゆきが来ました。扇町も終着駅、車止めのところでねこたちが迎えてくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

のらねこでしょうが、目つきも悪くないし、毛並みもきれいです。

クリックすると元のサイズで表示します

夕方の帰宅ラッシュの前、プラットホームは閑散としています。

<クリックすると元のサイズで表示します




AutoPage最新お知らせ