2018/1/1 | 投稿者: ok

2018年 1月1日(月曜)

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

戌年の年賀状。しかし、いつものように、ちゃんと猫がおります。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、これも例年のように、京阪電車の終夜運転の記録です。

クリックすると元のサイズで表示します

京都方面へ初詣にゆかれた方々が戻っていらっしゃったようです。

クリックすると元のサイズで表示します

2017/12/16 | 投稿者: ok

2017年 12月16日(土曜)

Facebook に投稿済ですが、このブログでもご覧いただきます。


12月10日(日曜)

日本トロリーモデルクラブのミーティングに出席しました。

会場は、新大阪駅から西へ5分のとても便利な西町甲東会館です。

新大阪駅前。旅番組のスタート映像などで観るこの場所に、初めて立ちました。

クリックすると元のサイズで表示します

ミーティング。みなさん、自己紹介・活動報告・ご持参のモデルの解説をされます。

クリックすると元のサイズで表示します

ワタクシのはいつものハンコ箱ミニレイアウト。今回は、新築の(つまり、エゲレスから届いたばかりの)Station Cafe のお披露目です。立っているのは第1次世界大戦の負傷兵とナース。このフィギュアも 009 1/76 です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

広島・長崎・京都・オーストラリアなどが一堂に並びます。

クリックすると元のサイズで表示します

大型車もあります。北神急行7000系。行き先表示は谷上です。

クリックすると元のサイズで表示します

長老がO scale モデルを語っておられます。

クリックすると元のサイズで表示します

モデル関係としては、年内最後の集まりでした。


2017/12/16 | 投稿者: ok

2017年 12月16日(土曜)

Facebook に投稿済みですが、このブログでもご覧いただきます。


『鉄道ピクトリアル 12月 臨時増刊号 [特集] 阪神電気鉄道』

特別定価 2300円

クリックすると元のサイズで表示します
 
阪神電車に詳しい大先達の方々から、友人・知人・若手のみなさんの記事、写真が満載のズッシリ重い特集号です。

福田静二氏の「"金魚鉢"の往くところ 大きな窓から眺めた国道電車の車窓風景」は、車体の上半分が、1350oもの高さの窓になっていて、"金魚鉢"と呼ばれた71型・201型・91型を、併用軌道(路面電車線)の全線で撮影された貴重な記録です。

吉里浩一氏が、めずらしい写真と文で綴った「回想 昭和後期の阪神電車」には、沿線で生まれ育った筆者の、阪神電車への熱い思いがこめられています。
夜間、普通車2連の運転、御影での切り離しの記録は貴重です。
車輛・線路・施設だけでなく、プラットホーム上に置かれた運行標識板もキッチリ撮影しておられます。
貫通扉のガラス窓が縦に大きく、"喫茶店"の愛称で呼ばれた小型車を、引退後、譲渡されていた高松琴平電気鉄道長尾線まで見にゆかれたのは、高校入学前の春休みだそうで、「あのころは元気があったなあ」とワタクシも思い出しました。

中山嘉彦氏の「阪神車両 ー音と色ー」は、ちょっと珍しい考察です。阪神電車の、警笛・扉開閉予告ブザー・誘導鈴・転落防止放送装置・連打ベルなどの音と、車体・屋根・床下機器の塗装色などについて解説しておられます。

この特集号は、内容を覚えてしまうまで、これからなんども読むことでしょう。


2017/11/22 | 投稿者: ok

2017年 11月22日(水曜)

2017年11月18日(土曜)

神戸市御影公会堂へゆきました。御影で直通特急姫路ゆきから青胴車の各駅停車に乗り換えます。

クリックすると元のサイズで表示します

御影公会堂の耐震工事完成講演会、近畿産業考古学会見学会のおかげで、屋上にも上がらせていただけました。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは7年前の記録です。

クリックすると元のサイズで表示します

浜側を見ると、阪神石屋川駅に梅田行き普通の青胴車が停車中です。神戸製鋼の高炉なども見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、山側。JRの高架を走る特急や快速を記録できました。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

2017/11/4 | 投稿者: ok

2017年 11月4日(土曜)

2017年11月1日(水曜)

JR山陽本線 兵庫−和田岬間、「和田岬線」を走っている103系電車に乗りました。

和田岬線の列車は、朝夕のラッシュ時だけ運転されており、昼間は走っておりません。夕方の列車は、17時16分兵庫発から再開されます。

山陽本線2キロポストの立つホームから和田岬ゆきのりばを見ていると、16時56分、本線新長田方面から青い103系が入ってきます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

和田岬ゆきの改札口は17時に開きます。兵庫駅で買った切符は、この改札口で回収されます。和田岬駅には自動改札機は設置されていません。

クリックすると元のサイズで表示します

新人の車掌さんが研修中です。

クリックすると元のサイズで表示します

和田岬方先頭車クハ103−254、運転席のこの窓がよいのです。

クリックすると元のサイズで表示します

17時16分発車。

クリックすると元のサイズで表示します

17時20分、和田岬到着。仕事帰りのお客さまが待っておられます。

クリックすると元のサイズで表示します

17時25分、和田岬を発車。今度は運転席側の窓から運転機器と後方を撮影します。

クリックすると元のサイズで表示します

17時34分発の和田岬ゆきを見送りました。

クリックすると元のサイズで表示します




AutoPage最新お知らせ