卵巣若返り 不妊治療ブログとは  卵巣若返り 不妊治療ブログとは

「このまま永遠に赤ちゃんができなかったらどうしよう・・・」

「もう若くないから、自然妊娠は無理なのかしら・・・」


たったひとりで悩んでいた、5年間不妊治療を続けた43歳の女性が、

子宮筋腫と内膜症を患い無月経、排卵障害、低体温症で悩んでいたにも

関わらず、わずか23日で自然に赤ちゃんを授かった方法があります。


卵巣の若返り妊娠法(不妊治療ブログ)




さらに、この卵巣若返りの妊娠法を試した、子宮筋腫や内膜症、

卵巣のう腫排卵障害、高プロラクチン症、着床障害、無月経、

二人目不妊などで悩んでいた35歳以上の多くの女性が子宝に恵まれました。


実は、妊娠するために、あなたの年齢はハンディではないのです。

大切なのは、子宮と卵巣の年齢状態なのです。




まずは、この不妊治療 卵巣若返り妊娠マニュアルを実践され、

わずか1ヶ月弱という短期間で待望の妊娠をされた方の喜びのお便りを

ご覧ください。



『1ヶ月弱というスピードで授かることができました』

36歳 小川冨美枝さん


「おめでたですよ」と産婦人科の先生にこう言われた時は、

思わず涙が込み上げてきました。


私達夫婦は子供好きで、また年齢的なこともあり、

結婚してすぐにでも子供がほしかったのですが、

なかなか授かることが出来ませんでした。


一度、検査をと思い、地元の産婦人科を訪ねたのですが、

子宮内膜症と診断され、不妊治療を勧められましたが、治療方針等に疑問を持ち、

本やインターネットで調べてるうちに、このサイトに出会いました。


この方法はひとつずつていねいにわかりやすく説明していて、

私も十分納得した上でひとつずつ実践していくことが出来ました。


結果、とても幸運なことに、子宮と卵巣の若返りに努めてから

1ヶ月弱というスピードで授かることができました。


今はわが子の成長に、幸せを感じている毎日です。


そして日々頑張っている未妊で悩んでいる皆様、

決して諦めずに、自分を信じて頑張って下さい。



PS



彼女は、1日6分からできる子宮と卵巣の若返りに努めたことで、

35歳以上にして病院に通うことなく自然に赤ちゃんを授かりました。


これは、決して彼女が偶然に妊娠したわけではなく、必然に妊娠したのです。

そして、これはあなたにも起こり得ることなのです。



卵巣の若返り妊娠法(不妊治療ブログ)





0

子宮と卵巣の若返り妊娠マニュアルで500人以上が自然妊娠!  卵巣若返り 不妊治療ブログとは

不妊に悩み、自然妊娠をあきらめていた方が、不妊治療をせずに

すでに、500人以上が自然妊娠したと言ったら、あなたは信じますか?

でも、これはまぎれもない事実なのです。


なぜ、彼女たちは不妊治療もせずに、いとも簡単に自然妊娠できたのか!

それは、ある簡単な方法で子宮と卵巣を若返らせることに成功したから

なのです。


卵巣の若返り妊娠法(不妊治療ブログ)






実は、現代に生きる私たちは、妊娠・出産に立ちはだかる問題が多く、

妊娠しにくい環境とともに、出産適齢期も少しずつ短くなっています。


それは、さまざまな原因によって、例えば

年齢は30歳なのに、子宮や卵巣が年齢以上の状態になっている人が多いのです。


だからこそ、その状態を改善して、妊娠しやすいカラダにするために

ある方法を実践して、子宮と卵巣を健康にし若返らせるのです。


それによって、自然妊娠の確率は、グーンと高くなります。

では、もし子宮や卵巣が、10年前のコンディションに若返ると



妊娠する確率がどれくらい上がると思いますか?


卵巣の若返り妊娠法(不妊治療ブログ)




0

子宮と卵巣の若返り妊娠マニュアルの溝口博士先生とは?  卵巣若返り 不妊治療ブログとは

この、子宮と卵巣の若返り妊娠マニュアルは、溝口博士先生が

長年の研究と実践で得た、妊娠術を執筆されたものです。



この「子宮と卵巣の若返り妊娠マニュアル」を公開された理由を

溝口先生はこのように言われています。


『はじめまして。子宝コンサルトの溝口博士です。

クリックすると元のサイズで表示します


我が家は先祖代々、医者の家系だったため、医者になれと言われて育ちました。

約25年前に、物理学者三石巌博士と出会い、分子栄養学を学び、医療の世界に入り、

約20年前に鍼灸マッサージ師の国家資格を取り、

治療家の世界に入り日本の伝統医術の流れを引く野口整体を学びました。


その後、「心と体の健康」をテーマに、あらゆる治療法を偏見なく学ぼうと、

医療研究会に参加したり数多くの先生のところで医療技術を学びました。


一つ一つすばらしい技術でしたが、どうしても、

心と体の両方をカバーしている治療システムがありませんでした。

また、治療家として、腰痛から、末期がんの治療まで、

1万人以上の方の健康管理と治療を行ってきました。

そして、約5年前に、ようやく「心と体の健康法」を完成させることができました。


妊娠とは、まさに心と体、両方が健康でなせるものです。

ですから、その健康法を実践した、35歳以上の不妊で悩んでいた方が

次々と子宝に恵まれたのです。


私がこのサイトを立ち上げた理由はとても単純です。

不妊で悩んでいる方があまりにも多いから。

そして、その女性達に1日でも早く赤ちゃんを授かってもらい、

母としての人生を送ってもらうためです。


「でも、今まで色々試したけど、ダメだったし・・。」

「もう、年齢的にも自然に授かるのは難しいんじゃないかな・・。」

「筋腫があるから・・。」

「うまく排卵できてないみたいだし・・。」


という声が聞こえて来そうですが、心配されるのはわかります。



私のところに相談にくる方も、以下のような悩みを抱えています。

「早く赤ちゃんが欲しい・・でも、高額な不妊治療には通えない・・」

「もっと若かったら妊娠しやすいんでしょ?」


また、毎朝きっちり基礎体温を測り、タイミング法で挑戦しても、

妊娠しやすくなるという漢方を飲んでみても、規則正しい健康的な生活をしているのに、

「なかなか妊娠できない」といったこともよく耳にしています。


一般的に、排卵日にSEXしても無事妊娠する確率は20代前半の夫婦で

たった40%とされています。



年齢を重ね、子宮筋腫や内膜症といった問題を抱えていらっしゃる場合の確率は・・・



しかし、私は「35歳以上の女性が不妊治療を行うことなく

自然に赤ちゃんを授かる方法はないのか」という課題を掲げ、何年間も研究し続けました。

年齢と妊娠する確率から、女性のカラダのメカニズムを徹底的に分析し研究た結果、

“妊娠するために大切なのは実年齢ではなく、

子宮と卵巣の年齢(状態)だ”という結論が出たのです。





そして、

その“1日6分〜できる子宮と卵巣若返り妊娠法”を、

実際に35歳以上の女性で不妊で悩んでいる人たちに試してもらうことにしたのです。


もちろん、子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣のう腫、低体温症、うまく排卵していない、

といった悩みをお持ちの方ばかりです。


その後半年以内に、無事赤ちゃんを授かられた方は

なんと、5人中3人もいらっしゃいました。



1年以内には全員が無事妊娠され、みなさん元気な赤ちゃんの母になっておられます。』



卵巣の若返り妊娠法(不妊治療ブログ)




0

44歳の高齢妊娠に成功!  卵巣若返り 不妊治療ブログ 口コミ

自然妊娠のために、子宮や卵巣年齢を若返らせるといっても、

子宮や卵巣なんかは、お肌なんかと違って見て触って確かめる、

ということができません。



だから、卵巣や子宮の状態を若がえらせ、その状態をキープする、

というのは本当に難しいことだと思います。



でも、目に見えなくても、この子宮と卵巣の若返り妊娠マニュアルに

書いてあることを実践していただくと確実に若返ります。


卵巣の若返り妊娠法(不妊治療ブログ)






もし、この方法を実践して子宮と卵巣が若返ったらどうなるのでしょう?



『半年でめでたく赤ちゃんが授かりました』


● 44歳 たかチャン さん


私の場合は、45才を前にして、やっと赤ちゃんが授かりました。

40才をすぎて結婚した私は、年齢のあせりもあり、

友達から妊娠報告を受けるたび、“やっぱり年齢的に無理なのかな”

という不安な気持ちになりました。


まわりの人達から「赤ちゃんはまだ?」という言葉や、

子どもがいる友達からの「もう、この年で子どもはいらない」という

何気ない一言に傷ついたこともありました。


心配がつのり、近くの産婦人科に通ったこともありましたが、

これといった治療もなく、生理がきたと同時に次の排卵日を数える日々に、

“このまま、ずっとできないかも”といういいようのない不安な日々をすごしました。


でも、この方法を実践するようになり、体調がすこぶる良くなり、

基礎体温も規則正しく高温と低温に分かれるようになった中で、

“もしかしたらできるかも”という希望がもてるようになりました。


そして、この妊娠術を実践してから、半年でめでたく赤ちゃんが授かりました。


そして、3577gで生まれたこの子は現在生後5ヶ月で健康で

すくすくと元気育ってくれています。


色々悩んだりもしましたが、妊娠できないことを、

年齢のせいにしていた私にとって、自分の体を大切にすることを学び、

母になるための大事な準備期間だったと思っています。


大切なことは、あきらめないことだと思いました。

本当にありがとうございました。



PS


妊娠できる、できないは紙一重です。

身体がちょっとマイナスに働くかプラスに働くかによって結果が変わります。

だから、この卵巣年齢若返り妊娠マニュアルを実践することで、

身体は、どんどんプラスに働くようになります。



つまり、たかチャンさんみたいになるのは必然なのです。


卵巣の若返り妊娠法(不妊治療ブログ)





1

不妊の原因と卵巣若返りの必要性!  卵巣若返り 不妊治療ブログとは

今は、昔に比べて栄養状態もよく、平均寿命も延びています

なのに、なぜ、不妊で悩まれる方がこれだけ増えたのでしょう?

さらに、出産適齢期は、昔に比べ少しずつ短くなってきているのです。

それは、妊娠・出産にたちはだかる様々な問題は潜んでいるからです。


その主な兆候が、例えば、年齢は30歳なのに、子宮や卵巣の状態は

年齢以上に見受けられる方が多い事です。



だから、妊娠するためには、子宮や卵巣の若返りが必要なのです。


卵巣の若返り妊娠法(不妊治療ブログ)






これら、子宮や卵巣の年齢が実年齢よりも老けてしまっている要因には・・・


1)子宮筋腫などの増加

30歳以上の日本人女性の4〜5人に一人の割合で、見つかると言われています。

不妊ばかりでなく、流産、早産の原因にもなっています。


2)子宮内膜症の急速な増加。

日本人女性の7〜10人に1人は子宮内膜症だと言われています。


3)卵巣のう腫。


4)排卵・着床障害。


5)低体温症(冷え性)。


6)無月経や生理不順。


7)生理痛がひどい。

世間では、生理痛は病気ではないとされていますが、
子宮年齢が若くなれば生理痛はなくなります。


8)生理の経血の量が多い。

子宮年齢が若くなれば、経血量は大幅に減ります。


9)生理前に不快な症状を感じる。

いわゆる‘月経前症候群(PMS)’には頭痛、下腹部痛、吐き気など
身体の症状のほかイライラや憂鬱、疲労感など精神的なものまで様々です。

これらの症状は、ホルモンバランスの崩れが原因とされていますが
子宮の状態が良い状態であれば、ホルモンバランスも良い状態に保たれ、
上記のような症状に悩まされなくなるのです。


10)ストレスが多い。




このように、様々な要因が不妊の原因として考えられますが、

これらは、現代社会の国際化、簡便化、利便性、商業主義などが

もたらした、食生活や生活環境などの変化による

私たちの心身に与える負の部分と言えるでしょう。




でも、これらは生活習慣や食生活を見直すことで、

また必要な対策を講じることで、十分に改善させることが可能です。


そうすることで、自然と子宮と卵巣の年齢(状態)は若返ります。


つまり、妊娠しやすい体に改善することができるのです。



妊娠したいのに、妊娠できない!あなたに、今必要なのは


体の中身のアンチエイジングに気を付ける事です。

子宮・卵巣年齢のアンチエイジングに気を付ける事なのです。



卵巣の若返り妊娠法(不妊治療ブログ)






0

卵巣若返り妊娠術で5人に3人が半年で妊娠!  卵巣若返り 不妊治療ブログとは

妊娠したい!赤ちゃんがほしい!と、心から願われているにも関わらず、

なかなか妊娠できずに悩まれている方はたくさんいらっしゃいます。


もちろん、妊娠するために様々な事を試されている方がほとんどです。


例えば、

・毎朝きっちり基礎体温を計り、タイミング法を実践している。

・妊娠しやすくなるという漢方を飲んでいる。

・妊娠のために規則正しい健康的な生活を送っている。



でも、なかなか妊娠出来ないと

「もう、年齢的にも自然に授かるのは難しいのかしら・・・」

「もしかしたら不妊症なのでは・・・」



そんな不安が日増しに強くなってきます。



そして中には

「筋腫があるから・・・」

「うまく排卵できていないみたいだし・・・」



そう自分に言い聞かせながら諦めていらっしゃる方もいます。


もちろん、不妊治療のために病院に行かれることを考える方も

いらっしゃいますが、不妊治療の煩わしさや、精神的、経済的負担を

考えると、なかなか一歩が踏み出せない方も多いのです。


まして、不妊治療したからといって、すぐに妊娠できる保証など

ないわけですから、なおさらです・・・。



一般的に、排卵日にSEXしても無事妊娠する確率は20代前半の夫婦で

たった40%とされています。

もちろん、年齢を重ね、子宮筋腫や内膜症といった問題を

抱えていらっしゃる場合の確率は・・・当然下がります。


でも、女性の体のメカニズムは不思議であり神秘的なのです。

もしあなたが、今、35歳でも40歳でも、体調を整えてあげて

卵巣年齢や子宮年齢を5歳、10歳若返らせてあげることで、

自然妊娠する確率は劇的に高くなるのです。


逆に、年齢が20歳代であっても卵巣や子宮年齢が30歳代、40歳代に

なっていると、妊娠確率は極端に下がってしまいます。


だから、自然妊娠するためには、

いかに卵巣年齢や子宮年齢を若くしてあげるかが鍵を握っているのです。



それを、日常生活の中で1日6分からでも出来るようにプログラムされたのが

子宮と卵巣の若返り妊娠マニュアルです。


卵巣の若返り妊娠法(不妊治療ブログ)






そして、この方法を実践された5人中3人の方が、

半年以内に無事に赤ちゃんを授かっています。

もちろん、1年以内には全員の方が無事に妊娠され、

今では、元気な赤ちゃんのお母さまになられています。



なぜ、これだけの確率で妊娠することができるのでしょう!?



溝口博士先生の動画メッセージを見る






0




AutoPage最新お知らせ