レーザー脱毛で女を磨く!  医療 レーザー

私はこれまでオシャレを面倒と思ったことなど一度もありませんでした。


ですから、自分に許される限られた色のワクの中で、苦しそうに色を選んでいる今の自分そのものが、辛かったのです。


・・・これが今の自分の年齢というものなのか。


以前はあえて"色"を避けました。


でも今は"色"に拒まれています。


若くないほうが赤いものはキレイに着られると昔は漠然と思っていましたが・・・


それも単なる幻想のまま終わってしまうのか。


その苦痛は半年ほど続きます。


・・・でも、生きている限り、女の"着意地"みたいなものは死なないようです。


一生懸命レーザー 脱毛などをしてキレイになる努力をしている女性なら、この話にきっと共感してくれるのではないでしょうか?


0
タグ: 全身 レーザー

"存在感"のある女  全身 脱毛

"存在感"のある女・・・


それは、何を着ていたかを覚えていないどころか・・・


"その人"とともにいつまでたっても"その色"の記憶が消え去りません。


昔は、欧米に旅行すると、そういう女性と"色"の記憶を2つや3つは日本に持ち帰ったものですが・・・


今は日本でもしばしぼそういう女性に出会いますね。


原色を味方につけるほどの存在感は、服を着る上でかなり高度なもの。


日本の女の急成長を感じないわけにはいきません。


・・・がしかし、そこまでわかってしまうと、私自身いよいよ色が着られなくなり、今は"老け"を目くらまししてくれない例の無彩色のワードローブを、だましだまし着ています。


・・・だからいっとき、私は服を着ることが辛くなりました。


わたしが全身 脱毛を始めたのも、こうした気分を打破するためでもあったのです。


0
タグ: 全身 レーザー 医療

自己主張の弱い女性  医療 レーザー

私は思わず、こう言いました。


「それって、好きってことじゃない?」


「え・・・」


そう、際立っておとなしいことは今の時代、逆に存在感を生んでしまうのです。


そして、その静かな存在感に心惹かれてしまう男性がむしろ増えてもいます。


今や、女たちを止めるものは何もありません。


どこまでも強く積極的になれる時代。


でもだからこそ、主張を自分の中にしまい込んでいる姿が美しく映り、かえって強く見えたりするのかもしれません。


そう考えると、医療 レーザー 脱毛をするような女性は、見えにくいところにも気を遣える古風な女性だといえるかもしれません。


0
タグ: 全身 レーザー

おとなしい女性  全身 脱毛

おとなしいなんて流行りません。


でも美しい・・・


おとなしさや控えめさだけが評価された時代もありました。


しかし今は、明らかにおとなしくないほうが格好よく見える時代です。


自己表現がうまい女ほど、男にも女にも"素敵"に映る時代であることだけは確かですね。


・・・しかし私は、まだ悩んでいます。


本当におとなしくないほうがいいのか、女たちが元気な自己主張を競う国になってしまって、本当にいいのかを。


誰から見てもおとなしい、よほどのことがない限り自己主張をしない、古風なくらいの26歳の女性がいます。


しかし同年代のある男性がこう言ったのです。


「彼女はすごくおとなしいのに、何だかものすごく存在感がある人ですね」


・・・と。


彼女は全身 脱毛をしていて、脚もとても美しい人でした。



1
タグ: 全身 レーザー 医療

人目を気にしない女性  医療 レーザー

まわりの人たちの迷惑気な視線に気づかないはずはないのに、その女性は歩きながらの電話をやめません。


やめるどころか、時々まったく立ち止まったりしながら、ますます電話に没頭していました。


泣いたような笑ったような顔をしながら、時々一気にまくしたてたりしていたと思います。


・・・その会話は明らかに、もめていました。


恋人との別れ話に違いありませんでした。


公衆の面前で、街の雑踏のどまん中で、別れ話をする・・・


そんなことって、レーザー 脱毛のなかった頃は考えられなかったですよね。


20歳ぐらいの頃に、親に聞かれたくない"彼との大ゲンカ"のために、外の公衆電話へ夜も更けてからこっそり電話をしにいったことを思い出しましたが・・・


あの時の自分は、時折電話ボックスの外を通りかかる人の目がものすごく気になって、妙に冷静を装ったりしたもの。


あんなふうに、歩く人の通行妨害をしながら、彼とのケンカを白熱させるなんて・・・


やっぱり考えられないことでした。


0
タグ: 全身 レーザー

美しい所作  全身 脱毛

私が初めて携帯電話を持ったのは、それがまだカメラ以上に重かった頃でしたが・・・


当時は「みっともないから、女の人は電話をしながら歩いちゃいけない」なんて言われたものです。


なのに今は、どっちを向いても電話をかけながら歩いている女性がいっぱいですよね。


電話している男より、電話している女のほうがはるかに多いのも、結局女は外でも"電話好き"ってことなのか・・・。


しかしここで私は、美しい電話姿と、そうでない電話姿があることに、あらためて気づきます。


昔、電話ボックスや駅の公衆電話で見かけた電話姿では、見分けがつかなかった美醜が、今はハッキリ見えてきています。


青山通り、表参道の出口のあたりを、歩きながら電話しているひとりの女性を見かけました。


ゆっくりすぎる歩きは、後ろから歩いてくる人の歩行を妨げ、前を見ていない無意識の歩きは、前から歩いてくる人の足もいっぱい止めてしまっていました。


しかし彼女は全身 脱毛をしているためか、とても美しい肌をしていました。

0
タグ: 全身 レーザー 医療

アトピー性皮膚炎の原因は?  医療 レーザー

アトピー性皮膚炎はなぜ起きるのでしょうか。


いまのところ、その答えはみつかっていません。


そもそもアトピーという言葉自体、ギリシャ語で「奇妙な」という意味です。


しかし、まったく謎の病気というわけではありません。


アトピー性皮膚炎というのは、基本的には、アレルギーの一種と考えることができます。


アレルギーの病気には、気管支ゼンソク、花粉症、ジンマ疹、アレルギー性鼻炎などがあげられます。


ちなみにわたしは花粉症。


わたしがレーザー 脱毛をしに通っている美容皮膚科にも、こうした皮膚炎の悩みを抱えていらっしゃる方も多いようです。


アレルギーとは体の防衛反応のことです。


私たちはさまざまな異物のなかで生活しているのです。

0
タグ: 全身 レーザー

アトピーとはどんな病気?  医療 レーザー

専門家のなかには、予備軍までいれればアトピー患者1000万人説を唱える人もいます。


たとえば、大人になって突然発症する場合でも、突発的な原因によってアトピーになるというものではありません。


ふだんのなにげない生活の積み重ねが、結果としてそういうかたちで出ているのです。


ですから、アトピーになってしまった人たちはもちろんですが、それと同時にアトピーにならないためにはどうしたよいのか、何が大切なのかを伝えていきたいと思っています。


「朝起きるとパジャマが血だらけでした。


夢中でかきむしっていたのです」


・・・このかゆみがおさまったらどんなにか楽になるだろう、どんなにかぐっすり眠れるだろうと念じながら、熟睡することさえかなわない、アトピーの人たち。


美容皮膚科で全身 脱毛をすることも出来ません。


この状態が1カ月や2カ月の苦しみでなく、何年もつづくのですから、悩みは深刻です。


0
タグ: 全身 レーザー

皮膚炎の悩み  全身 脱毛

第3のタイプは、子どものときは何ともなかったのに、成人してから初めて発症するというタイプです。


思春期後の症状は、ふたたび顔や首から胸像部(胸や背の上部)にかけて発症し、赤くブツブツが出てむくむケースが増えています。


とくに顔面部は潮紅があらわれることも多いのです。


また、爪でかきむしっているうちに皮膚がざらざらになり、病巣の苔癬化が進行します。


全体に乾燥化がすすみ、かゆみに耐えられないほどになります。


赤紫色や黒く色素沈着を起こしたり、バイ菌が入って悪化してしまうこともめずらしくありません。


そんな症状をもつ女性たちが、年ごとに増えていく現実にぶつかり、アトピーを治してあげられたら・・・との思いをもちつづけてきました。


私が医療 レーザー 脱毛をしに通っている美容皮膚科の先生もそうおっしゃっています。


アトピーは私に関係ないわ、と思っている人もいるでしょう。


たしかに、いまは何の問題もないかもしれませんが、だからといってアトピーにならないという保証はありません。

0
タグ: 全身 レーザー 医療

アトピーの種類について  医療 レーザー

アトピーは12〜15歳のころになると、自然に治ることが多いといわれています。


成長するにつれて、皮膚の抵抗力が強くなり、それとともに年ごろになって性ホルモンの分泌がさかんになるからです。


ところが最近では、思春期になっても治らないという人も増えてきました。


成人期になっても、アトピーで苦しむ患者には3つのタイプがあります。


第1のタイプは、乳幼児期にアトピー性皮膚炎にかかり、学童期になっても治らず、そのまま大人になるまで移行してしまうパターンです。


ふつうアトピーは、小学校卒業までには8割が軽快します。


ところが全治せず、ぐずぐずとつづくのは、アトピーがそれほどやっかいな病気だからです。


乳幼児期に全治しきれないと、年齢とともに、ますます治りにくくなります。


ひどいと全身 脱毛をすることも出来ませんので、若い女性にとってはつらいことですよね。


第2のタイプは、幼児期までにはいったん治癒したのに、大人になってから再発するパターンです。


・・・これは社会に出てから強いストレスに見舞われて発症したものです。


0
タグ: 全身 レーザー

皮膚炎と季節の関係  医療 レーザー

20年前は幼児のアトピーがほとんどでした。


10年前になると幼児のアトピーと成人のアトピーが同じ数になり、現在では成人型アトピーがはるかに多くなりました。


決して幼児のアトピーが減少しているわけではありませんが、成人はさらに急力ーブで急増しているのです。


アトピー性皮膚炎というと、赤ちゃんの顔や頭が、熟しすぎてつぶれかけたイチゴのようにジュクジュクただれていたり・・・


乾燥して粉をふいているのを連想する人が多いでしょう。


ところが年をとるにつれて首やひじ、ひざの裏側に広がります。


最近は大人になってもかかる人、再発する人、子どものときからひきつづき治らない人が目立って増えてきています。


アトピー性皮膚炎は、季節とも関連して、悪化したり軽快したりします。


皮膚炎だとレーザー 脱毛を受けることも出来ません。


いずれにしろ慢性的な病気で根治しにくいというのが皮膚科の常識とさえいわれています。


それだけに体にあらわれる症状も、年齢によって少しずつ変化してきます。

0
タグ: 全身 レーザー

アトピーの急増  全身 脱毛

「肌がきたないと思われるのがイヤで、夏でも長袖の服を着ている」


「鏡で自分の肌を見ると、ゾッとする」


全身 脱毛を行っている美容皮膚科では、そんな深刻な悩みが目立ちます。


・・・女性にとって、命であるはずの肌。


その肌に化粧品をつけることも、メイクすることもできない。


夜眠ることもできない。


ひどくなると社会生活さえもできない・・・。


そんな多くの女性を目の前にするたびに、心がきりきりと痛みます


1970年代の初めとくらべて、アトピー患者はほぼ7倍に激増しています。


統計推理によれば、全国に600万人もの苦しんでいる患者がいる、とみられています。


しかも、患者の年齢構成がどんどん広がり、アトピーはいまや新しい国民病となっています。


0
タグ: 全身 レーザー 医療

年々増えている成人型アトピー  医療 レーザー

顔のなかでも、とくに皮膚の薄い部分の目の回りや頬。


口の回りにアトピー発疹があらわれやすいのも、こうした条件があるからです。


また、この部分にはシミ、ソバカス、肌荒れ、乾燥なども起こりがちです。


第ニの理由は、「顔は外部に向かって開かれた窓」だからです


大気の汚れや寒風、日光、ホコリ、細菌などの刺激をそっくり受けます。


女性の場合は、さらに化粧品をつけることによって、皮膚呼吸をさまたげられることも、トラブルの原因となりやすいのです。


美容の仕事にたずさわっていると、さまざまな皮膚のトラブルに遭遇します。


なかでも、年々増えているのがアトピー性皮膚炎です。


アトピー性皮膚炎にかかり、こじらせて医療 レーザー 脱毛をしている美容皮膚科やエステに駆けこんでくる若い女性がどんなに多いか・・・。


私たちは毎日のように全国各地で相談を受けたり、見聞をしています。


0
タグ: 全身 レーザー

トラブルは顔に集中して起こりやすい  全身 脱毛

「女性の美しさは皮膚の厚みしかない」


・・・これはシェークスピアの言葉です。


ずいぶんな表現だ、と思われるかもしれません。


でも、これも一つの真理といえます


その皮膚を、のぞましい状態に保つことがスキンケアの目標です。


もぎたての水蜜桃のように、みずみずしく健康的な皮膚は、表面の細胞がお互いにピタッとくっつき合い、外から異物を侵入させず、内側からは必要なもの以外は出さないように働いています。


アトピーにしろ、ニキビにしろ、全身の中で、とくに顔にトラブルが集中して起こりがちなのは、どうしてでしょう。


第一の理由は、生理学的にみて「顔の皮膚が薄いこと」があげられます。


皮膚の構造は、顔も、手足や背中も同じで〈表皮〉と〈真皮〉が重なりあって成り立っています。


ひじやひざのように厚いところでは、あわせて3〜4ミリ。


それにくらべて顔の皮膚はほぼ半分の厚さです。


・・・薄いほうが保護作用が弱く、刺激におかされやすいのは当然ですよね。


特に全身 脱毛後の肌は敏感になっていますので、きちんとケアすることが大切です。


0
タグ: 全身 レーザー 医療

肌が乾燥したら・・・  医療 レーザー

皮脂のとり過ぎ、オイル分の補給を洗顔後肌がつっぱる。


化粧ののりが悪く、パサついている。


パウダーをつけると皮がめくれる。


・・・などとお感じですか


こんな症状が極端な肌の乾燥です。


これは年をとると誰にも起こりがちの、肌にみずみずしさが欠けた状態です。


肌のキメが細かく、毛穴の小さい、皮脂の分泌が少ない方にとくに多いトラブルです。


女性は20代に皮脂の分泌がもっとも盛んで、30代、40代とだんだん減少していき、50代になると急激に減ってしまいます。


年配になったら、肌の手入れは若いときと違える必要があります。


また、レーザー 脱毛後の肌は乾燥しがち。


ボディクリームなどできちんとケアしましょう


クレンジング剤はクリーム、ミルク、オイル状のものを用いましょう。


洗顔には皮脂をとり過ぎない、泡のたたないクリーム状の洗顔剤を使用するようにします。


マッサージのときには、マッサージクリームに美容オイルを少量たらして混ぜ、オイル分の補給を心がけます。


乾燥肌の即効的解決策は、なんといってもクリーム・パック


10日も続けていれば、かさつきは自然におさまってきます。

0
タグ: 全身 レーザー




AutoPage最新お知らせ