2010/8/4

ピカに負けるな!  日々の雑感

原爆投下は被害の規模とかではなく、それによって人間の醜い部分がまざまざ見せられたと、永井教授が言うように『原爆投下によって人間というのはこのような残酷な事ができるのか』という人間不信を産み出した。

今年でようやく65年を迎えるが、今でも被爆者の中では『誰かを助けることが出来なかった』という事で悩み続けている人がいる。

『はだしのゲン』で、あのような状況の中で家族を助けようにも助けられなかった、被爆者たちが助けを求めていたのに、それに対して助けられなかった。

あのような惨状だったから助けられなくてしょうがない事は解かっても、それでも「助けられなかった」という事で自分自身を責め続け、苦悩する被爆者がいる。これこそが永井教授が言う原爆投下によって人間の醜さをまざまざ見せられたと言う事ではなかろうか?

しかしこの期に及んでも「あの時は助からないからしょーがない」とまでに決め込んで居直っているやつがいる。

それが『奴隷ポチ』と呼ばれる原爆投下の歴史認識を『国益だからしょーがない』と鬼畜米国に売り渡した連中のことである。

もう原爆投下の歴史認識を売り渡した時点から人間を放棄している。完全に人間の心をかなぐり捨てている。

朱蒙氏の投稿より抜粋

北朝鮮に対してはいくら政府が動かなくても「経済制裁しる!北朝鮮に舐められるな!」と息巻いているくせに、アメリカに対しては奴隷根性丸出しで「抑止力」だとか念仏唱えてますね。

もしかしたら「九条守れ」とか言っている連中と一緒にアメリカ様抜きでは何もできないのかな


何せ拉致問題の時にはいくら政府が『曽我さん一家救出でおしまい』と居直っても『経済制裁を!!』とまでに毅然たる態度を取ってきた御仁が、普天間問題では『国益のためにアメリカのご意向に従ってもしょーがない』とまでに奴隷根性を発揮していたな・・・この奴隷マゾブタどもがwwww

朱蒙氏の言うとおり、こいつら自分自身が蛇蝎のように嫌ってる『憲法第九条』にしたがってダメリカさんの正義に基づいて平和を希求し、それを実行するためにアメリカ批判を禁じますとやっているもんだからな。それで原爆投下の歴史認識を「国策の誤りであり、軍都だからしょーがない」とまでに鬼畜米国に売り渡しているからな。

何のための憲法改正だ!?
何のための教育改革であり、何のための占領政策批判だ!?

確かに日米安保条約は大事なものであるが、それならばなぜ、反米親中政権が出来たのか?ということを伝えることも大事ではないのか?それからも逃げて『日米安保条約にひびを入れた民主党はけしからん!!』とまでにファビョる。

今でも原爆投下のような状態が起きているのを知らないのか?
『資本主義だからしょーがない』『グローバリズムだからしょーがない』という事で無批判にアメリカニズムを受け入れた結果、相互不信やそれによる民心の崩壊という地獄絵図が。

それに対して『自己責任』とか『自助努力』『依存より自立』と居直れるのか?

グローバリズムによって日本人の心がここまで破壊されて、萎縮している状況をしょーがないと甘受して『誇り』とか『毅然とした態度』などと言えるのか?

『被爆者の仇を討つ!』という事でも『誇りある日本の心を守るためにもピカに負けない』事ではないのか?それが出来なければ非核三原則を守ろう、核廃絶とのた打ち回っている輩と同じとしかない。

本当に憲法を改正するならそのような『モラルの欠如』こそ問題にすべきあり、尊厳を得るために戦うというのはこういう事ではないのか。
3

2010/7/10

浜野ゆきこに告ぐ!  伊勢神宮崇敬

日本喪心党と言う政党があるのだが、この政党は

聞くところによると「日本創新党」は地方自治体の首長と首長経験者を中心に「「国家、地方、国民の自立」」「「自由で力強い日本」」を目指すそうですね

(喜八ログ参考)

この政党に関しては政見放送で公共心の再生、感謝の気持ちをご公約しているのだが、この政党の政策担当かで今回の選挙に出馬する浜野由紀子と言うのがいる。

この人のご公約と言うのが
『国民は政府に対する依存心が多い、だから依存から自立へ、小さな政府を目指します』と言うもので、選挙公報では『首長連合なので橋下の『大阪府妄想』を支持しますとまでに言いなさる。

http://www.hamanoyukiko.com/policy.html

要するに『政府など当てにするな、自分自身のことは自分でやれ』と言う自己責任論。『誰も当てにするな、自分のことは自分でやれと言う狩猟民族の価値観。

(某掲示板での書き込み)



クリックすると元のサイズで表示します

調子に乗るなよ!!

どこまで英霊達や伊勢神宮をもてあそんだら気が済むんだ!!!


グローバリズムによって『誇りある日本の心』である『共栄共存の精神』が崩壊して『自己責任、自助努力』と言う名の下で『相手を思いやるより自分が大事』とまでに衰退している現状はどうなのだ?

『敦煌』と言う映画で、主人公が倒れた人に対して水を与えたら『もうだめな奴に水を与えるのは馬鹿なことだ』と言うシーンがあったが、このような状況だぞ。

本当に『公共心の復活』や『滅私奉公の精神』を求めるなら、なぜ庶民ではなく大企業に向けて言わないのだ!!

『法人税増税などの累進性課税制度の強化』
『雇用を守るための徹底とした行政指導』
『可処分所得の増加』


ぐらいは公約にして『将来のために積極財政を行います』とやらないのか!?

国にはそれぞれの文化があり、その風土にあった生活様式があります。世界で最も長く続く王朝(天皇家)をもつ日本には、世界に誇るべき文化と知恵が眠っているはずです。けれども、明治維新以降、西洋文明に追いつけ追い越せという気運の中、日本人として大切な価値観や道徳、習慣が忘れ去られようとしている気がしてなりません。我々は、先人の知恵にもっと多くを学び直すべきではないでしょうか。

(浜野ホームページから抜粋)

それを言うなら、なぜ国民新党と共闘しないのだ!?

国民新党が少数政党であってもグローバリズム社会で日本の心が崩壊しようとする状況の中、伝統や精神を保守するために戦っているのに何も感じないのか!?

本当に英霊達を思う心が一欠けらでもあるなら、市場原理主義や新自由主義と言ったグローバリズムが誇りある日本の心とそぐわないことや、欧米に追いつき追い越せとしたあまりに大東亜戦争での悲劇を招来させた事ぐらいは考えるべきだし、英霊達のためにも誇るべき日本の心に反するものに対して警戒し、自らの尊厳を守るためにも頑固に抵抗すべきだろうが!!


それすら行わずに狩猟民族の価値観を疑いもせずに『依存から自立』『小さな政府』と言う小泉イデオロギーを保守し、伝統と誇りを守った英霊達や、その英霊達が守った誇るべき日本の心』をもてあそび、大企業に対しては何知らぬ顔をして、庶民に対して『滅私奉公』『道徳』を押し付けようとしている。

これを普通は狂人と言い、または卑怯者とも言う。

そういうことからも浜野由紀子は生理的にも好きではない理由のひとつでもある。
9

2009/12/8

大東亜戦争開戦  日々の雑感

新高山に登れ1208
トラトラトラ、ワレ奇襲に成功セリ


今日は大東亜戦争開戦こと真珠湾攻撃の日でもあるのだが、別に「あの戦争は黄色人種を白人のてから解放した聖戦である」などと言う右翼チックな愛国感情で語るキなど全くない。

そんなのでは
『残虐で非道なジャップを打ち破ったUSAは素晴らしい』
と言うご立派な歴史認識を出した「どこぞの反日侮蔑映画」とも変わらない。

この映画に関しては『同じ真珠湾攻撃でも「トラトラトラ」の方がまだマシ』だと思われた良識的な日本人も多かっただろうが、私自身、あの映画を見た瞬間『アメリカもますます野蛮で幼稚になった』と思った。

『トラトラトラ』が日本では上出来だったがアメリカでは大赤字だったから、盛んに反日侮蔑のやりまくりの方が興行収入が上がると言うご心算の様で、その様な事からも『公正にして史実に忠実であるより、誰かを打ち破って万々歳』なのは『原爆投下は真珠湾の報復』などにある様に、日本とアメリカでは歴史認識が全く違う事がよく解る。しかし、逆の現象として資料設定のずさんさなどから『トラトラトラ』を見直す効果をもたらしている

なぜ『トラトラトラ』が見直されたかと言うと、まず史実に対して忠実であり、リアルさを追求した事。何よりも事実に基づいて日米両方の立場で描いている事であるが、これを制作するにあたり、アメリカの方でも出来るだけ日本側の言い分を取り入れる程の懐の深さや合理的な思考があってこそ、アメリカは超大国としての地位を確保出来たし、世界の警察官として国際社会から信用されたのではないかと思う。

そう考えれば911もそうだが、イラク戦争の際のアメリカの姿勢など野蛮と言うしか無い。それと言うのもあの反日侮蔑映画と同じような事を「真珠湾攻撃60周年」で公言したのが大統領だったからね。

「戦前の日本は残虐で非道だったが、偉大なるUSAに懲らしめられて、今では忠実な僕になっている」

と、ぶちまけた要領でイラク戦争に突入したと思う。アメリカも問題なのだが、こんな自虐史観を正当化した演説に対して何一切批判せず『日米同盟が大事』と言っていたポチも居たな。このポチもアメリカよろしくして『残虐な北を批判する私は素晴らしい』と言う事で『北朝鮮に経済制裁しろ!!』と声高く叫んでたな。

それ自体に自分自身が野蛮で幼稚なのにもう気付け。その火病とも思える狂熱こそが庶民から拉致問題を遠ざけた事にも。

『トラトラトラ』の評価にある通り、思慮深く謙虚な国民であったことを日本人は誇りにしたと思い、このエントリーを終わらせて頂きます。
2

2009/12/1

マスゴミと言う名の『国家危機』  民主党政権

景気対策で補正積み増し…政府・与党合意
特集 デフレ

 政府・与党は30日、円高やデフレに歯止めをかけるため、新たな景気対策を2009年度第2次補正予算に盛り込むことで合意した。

 円高対策や日本銀行に一段の金融緩和を求めることでも一致し、証券化商品の買い入れなどによる事実上の量的緩和の強化を促す方向だ。鳩山首相と社民党の福島党首、国民新党の亀井代表らが開いた基本政策閣僚委員会で決めた。予算規模は当初案の2・7兆円を上回る見通しだ。

 鳩山首相は30日夕、記者団に対し、「(景気回復が腰折れする)二番底の心配が消えない中で、政府はしっかりやっていくというメッセージを出せるものにしたい」と述べ、菅経済財政相も「総合的な経済対策になる」と強調した。

 予算の積み増し額や内容については、週内に大枠を固める。

 首相は1日にも日銀の白川総裁と会談し、円高やデフレ対策を協議する。政府は、米連邦準備制度理事会(FRB)が住宅ローン担保証券(ABS)と呼ばれる証券化商品を買い入れる事実上の量的緩和策を採用していることにならい、日銀にもこうした金融商品の買い取り策を講じ、量的緩和策を強化するよう促すとみられる。
(2009年12月1日03時15分 読売新聞)


と、言う事でミンスは補正予算を上乗せしてまでデフレに対処するとやりますた。

しかし、内容が『量的緩和でやり抜く』のではデフレ脱却など無理なのは小泉政権でも無理だったのは承知の通り。

小泉がやったのは『クレジットカードの規制緩和』こと総量規制緩和でなどにより『政府は金を使わず民間のチカラで景気回復しましょう』と言うものだが、国家窓際局の局長・カイワレ野郎も同じ事言っていた『金を出さずに知恵を使え』とか言う奴。

仕分け人とか言う国力衰退の茶番劇にある様に『鳩も小泉と変わらない』と言うのは、反米ネットウヨとか反官僚サヨクというDQN以外なら誰もが解っている。

ネットウヨと言っても自民党支持者ではなく、小泉批判や反米で自民党をこらしめればいいと言う方の奴。ネットで暴走して誰にも相手にされなくなったあのアホなどがその象徴。

そのアホが処刑執行人レンホーを持ち上げて暴れ回っていた様だけど、あれって過去に城内ブログで『小泉将軍様、ケケ中軍師様』と暴れ回ったゴミと同じだから、どのツラ下げて小泉批判しているのでしょうね。

こう言うのに限ってマスゴミに踊らされて火病るだけで、自分自身の頭で考えて結論を出す事など出来ないよな。

それは兎も角、『思い切った政策を出さねば無理』だと言う声は与党内から出て来た。

2次補正規模:円高対策口実に、上積みで歩み寄り

2009年12月1日 1時2分 更新:12月1日 3時5分

 「1次補正予算で凍結した(2.7兆円の)範囲を超えて対応する」(菅直人副総理兼国家戦略担当相)「現下の状況を考えると2.7兆円より小さい規模はない」(平野博文官房長官)。各閣僚から30日、追加経済対策を盛り込んだ09年度第2次補正予算案の規模を巡る発言が相次いだ。

 2次補正の規模について菅氏は当初、国債増発を避けるため、2.7兆円以下にすべきだとしていた。一方、亀井静香金融・郵政担当相が代表を務める国民新党は11兆円の経済対策を発表。「金じゃなく、知恵を出せ」と主張する菅氏を、亀井氏が「知恵だけで生活できるならこんな簡単なことはない」と批判するなど、今週中を目指す取りまとめを前に、政府内の調整は難航していた。

 歩み寄りの口実になったのが、中東の金融不安をきっかけにした「ドバイショック」。「総理と官房長官に電話して、がんがんやった」。27日朝の閣僚懇談会で亀井氏は、鳩山由紀夫首相と平野官房長官に円高対策の実施を直訴したことを明かした。鳩山首相は日曜日の29日、菅氏や藤井裕久財務相らを首相公邸に呼び、円高対策を2次補正に盛り込むよう指示し、補正上積みの道筋をつけた。

 菅氏は30日、与党3党の党首らによる基本政策閣僚委員会で「2.7兆円にこだわらない」と説明。亀井氏は閣僚委終了後「非常にいいこと」と満足げな表情を見せた。

 一方、税収の落ち込みによって、09年度の国債発行額は過去最高の50兆円を超える見通し。「これ以上の国債発行は限界」とする藤井氏は閣僚委前、鳩山首相、菅氏と会い、2.7兆円を超えた分の財源について「新たな国債発行は考えていない」と明言。09年度の国債の利払い費が金利低下によって不要になった分などを財源に充てる考えを示唆した。これらの上積みは数千億円にとどまる。

 30日には社民党も6.1兆円規模の経済対策案を策定。「今の経済情勢では思い切った財政出動が必要」(阿部知子政審会長)としている。上積みが小幅なら「積極的な補正を組んでいく(3党の)テーブルに着いた」とする亀井氏が再び不満を爆発させる可能性もある。【平地修、白戸圭一、望月麻紀】

マスゴミが言う『財政危機』などと言うのは、粗債務だけの換算で、本当は「粗債務ー国の資産」である純債務が国際基準。これも足下・小泉政権から減るどころか増えるばかりで、緊縮財政で借金を増やしただけなのだが、そのA級戦犯が『財政危機』を煽ったマスゴミ。

だから、マスゴミが積極財政に対して火病る程反対するのは公共投資や積極財政で景気回復でもされれば、自分たちが国の借金を増やした戦犯であるのが白日の下に曝されるから。

そのために官僚をスケープゴートとして『借金を増やした戦犯が居るニダ』と火病って大衆の不満をそっちに向ける事にした。小泉劇場も必殺処刑人もそのためのパンとサーカスだろう。

本当に国を良くしたいと言うなら、本当に日本が自由民主主義国家として誇りに思うなら、『誰かを叩き潰す』と言うサディズムや権威に対するマゾヒズムを許すわけにはいかない。それらに対して警戒し、戦ってこそ本当の自由を得られるのだ。

自分に誇りを持って、自分自身で物事を見極める日本人が多い事を願う。
4

2009/11/28

Irrsinniger Renho  民主党政権

民間仕分け人(人民陪審員)には「国益」の観点が一切無い
「国産は高いから安い外国産輸入すればいいじゃん?ダメなの?」コレばっかし、昨日の武器、兵器ですら国防の意義を何ら理解しない、メリケン産兵器輸入すればいいじゃん?とかカラシニコフ輸入しようよ!バカ安だよ!とか
『城内実 とことんブログ』から抜粋。

湘南アッテンボロー、クリティカルタカスww!!
『89式小銃より安いカラシニコフを正式小銃にした方がお安く出来まっせ!』
と言うものだけど、そのカラシニコフは北朝鮮や中国の正式小銃なんだぜwww

アメリカ絡みの予算には触れないか、政治判断に任せるだってwww
おまけに隊員服(軍服)を海外で造れば安くなるwww

『経済を知らずにして愛国を語るなかれ5』より抜粋。

とまでに来れば、完全にKITTY GUYだよ!!
本当に安く造るなら某紳士服店の様に中国や北朝鮮にでも発注するケースもあるから、平時であろうが有事であろうが、北の事だから『自衛隊の軍服を着た工作員』を作るに決まっている。

それで一番やられて頭を痛めているのが韓国なのだが、正式小銃がカラシニコフで自衛隊の軍服でも付けられたらどう判別したら良いんだwwwと考えるのが当然だろ。

有事を想定すると言うのは、このように『あり得ない事もあり得る』のを想像せねばならないのだからなw

有事を想定するどころか『国防』など全く考えてない平和ボケのミンスだから、こんなキティな発想でも受け入れかねないのだが、それよりも酷いのがこれ↓

医療も、道路工事も、宿舎建設も…とにかく何でも出来るようにするのが軍隊ですね。
だから、掃除洗濯炊事などを民間委託するのは本末転倒。

風呂でも飯炊きでも大地震の救済で民間委託業者に震災地域に行かせるのでしょうか?


『民間委託』って、ダメリカ並みのKITTY GUYだなwww!!
イラク戦争でダメリカがやっていた『軍隊の民営化』を日本でもやれと言うのかw

ダメリカがやったのはセキュリティー会社を通じて傭兵なり民間業者なりを戦場に派遣すると言うやり方なんだけど、募集するにあたっては『危険な仕事ですが高額な報酬を出します』と言う奴で、これにダメリカの貧困層が乗って来たと言う事。

日本でもこう言った求人があったな。
『イラク求人、東北でも 月50〜60万で誘う』(新聞赤旗)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-05-30/15_01_2.html

日本の場合は50万〜60万もらえるとなってるが、ダメリカの方では『イラクに行けば10万ドルもらえる』と言う事で生活苦に喘ぐ貧困層がイラク行きを決めたとか。

だいたい軍隊でも危険な所に行くと言う事はよほどの状況でないとダメだよな。
そう言う事で『世に腹を変えられない』貧困層の需要が必要な訳。連中が格差社会を固定化させ、死守した方がもうけになると言うのが解るだろう。

ここまで来れば貧困問題を解消するとか、景気回復でもされて国民が自分の頭で物事を考えるのが都合悪いと言うことだ。

この様な狂人の正体を見抜き、それに対して批判せねばならない。
狂人達が国民の自由を侵害し、國益を害しているのを白日の下で暴き、それを排斥する事こそが本来あるべき『自主独立』の道に進む事なのだ。

(蛇足:トラバ先ではタイトルと投稿者が逆になっていますが、早速訂正しましたので、ご理解の程を宜しくお願いします)
7
タグ: DQN 仕分け人 蓮舫



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ