2009/9/21

純粋かつ先鋭的である者  中道保守

今回の選挙にもある通り、選挙民とくに地元民の支持がなければ選挙に勝てない。

これに関して『地方の事は地方議員に任せて、国会議員は外交や安全保障問題などの国益を唱えねばならない』とも言うが・・・

「国益優先」で知られる西村真悟が落選したのはなぜ?

とも言いたくなるだろう。ネット右翼がなぜ世間の支持が少なかったのか?とも考えれば景気が良好な時ならまだしも、不況の厳しいこのご時世では受けいられないと言う事は周知の上だろう。そう言う事でもとっとと積極財政でもやって『デフレギャップ克服』をすれば云いやすくなる様なものですが・・・

これに関して「選挙民は愚かであった、地方の事は地方に任せて、国会議員は国益を』とまでに言い出しかねないものだが、この期に及んで「政治や国益について考えない選挙民は愚かニダ」なとど云う寝言でも云うのじゃないだろうな?

それじゃますます選挙民がドン引きするものだし、足を引っ張るだけに決まってる。

あの西村真悟にせよ、山谷えり子などもそうだったからね。
山谷氏の場合は如何にドブ板選挙がウィークポイント、鬼門であり、「比例当選」でなければ不可能な存在であるのは判明してるけど、西村氏の場合は後援会などの支持者離れが激しかったために比例当選でなければならない事情が山積していた。

これは今回の選挙ではなく郵政選挙以前にも指摘され、危ない様に思ったけど、今回はそれが露呈した落選であった。

地方民が政治や天下国家に関わっていない事に関して危機感を覚え、受けいられない事もあって過激な発言をして盲を開くしか無いとせねば注目されない状態にもなり、ますます先鋭化して過激路線に走る。

『政治に関わらぬものは人間ではない』『我らは國益のなんたるかを知っている』と言う独善的正義に陥ったのではないか?それで選挙民を見下したのでは無いか?

こうともなると悲観的、皮相的に物事を考え、他者を厳しく批判して監視する事が大事と言う後ろ向きの発想になってますます過激化する。というものだろう。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ