test

  
test
0

バランスの取れた食生活

2012/4/16 
高血圧にならないためには日常生活で気を付けなければ
ならないことがある。
バランスの取れた食生活を送ろう。
各種の栄養素をまんべんなく摂ることが健康の基本である。
特にカリウム、カルシウムは意識して多く摂る。
そして、ストレスをためないこと。精神的なストレスは血圧を
上昇させてしまう。さらには、適度な運動を定期的に
行うのも良い。血液の循環が活発になり血管が丈夫になる。
気に入ったらこちら→ハートフルサプリ
日常生活も正しいリズムでいよう。過労や睡眠不足は
血圧を上昇させる。また、アルコールもほどほどにしよう。
多量の飲酒は、血圧を上昇させ、肥満や動脈硬化の原因にも
なる。禁煙にも心がけよう。たばこは血管を収縮させ動脈硬化を
進めてしまう。
0

体重400kgを越える

2012/4/3 
まぐろ100gあたりには、なんと1400mgもの
EPAが含まれる。
クロマグロ(ホンマグロ)、ミナミ、メバチ、キハダ、
ビンチョウ、コシナガなどの種類がある。
最高級のクロマグロは、大きい物で体調3m、
体重400kgを越える。
メバチマグロは流通量が最も多く、スーパーなどで
広く出回っている。
気に入ったらこちら→メディプラスゲル
旬はメバチなら秋、クロマグロなら冬に脂が乗って
おいしくなる。
赤身は高タンパク、低脂肪で、必須アミノ酸がバランスよく
含まれている。また、体内の水分を正常な状態に保つカリウム
貧血予防に役立つ鉄、ビタミンB12が豊富。とろ部分には
EPA、DHA、ビタミンA、Dなどが多い。
選ぶ時は、柵のかどがとがっており、節目が少なく
均等に入っている物が良い。
0

シンプルな食事

2012/3/26 
贅沢、華やか、美食・・・こんなイメージが強いフランス料理。
田舎や農村に行くとシンプルな食事が出ることが多いのだそうだ。
その昔、農家の食卓は飢えを満たすための最低限の
食事だった。一見質素だが、種をまき、作物を収穫する
といった自然のサイクルと共に共存している。
気に入ったらこちら→小澤康二
空腹と季節毎の素材を大切にした食卓。
本当は最も大切なことなのかもしれない。
かつてフランスの農村地帯では暖炉につりさげた大きな万能鍋で
長時間煮る料理法が基本だったらしい。
主な料理は野菜スープで、燃料の節約のために一度に
大量に作った。肉は家畜の豚を食べるくらいで
年に数回しか口にしなかったらしい。
内臓なども料理に使える豚はとても重宝されソーセージや
パテなど、保存がきく食品が作られた。
0

はそびえたつ絶壁

2012/3/22 
札幌駅から銭箱を過ぎ、石狩湾に出る。
右側の窓からはざぶんと打ちよせる波、
左の窓からはそびえたつ絶壁に視界を遮られる。
列車は小樽へと向かう・・・
強い風で線路が水浸しになりそうなくらい海が近い。
気に入ったらこちら→小澤康二
1882年、小樽から札幌まで初めての鉄道が
石炭輸送のため敷かれた。
さぞや大変な工事だったに違いない。
でも、そのおかげで機械製造技術が高まり
レールだけでなく機関車さえも小樽で作れそうな上昇機運が
街にあふれていたことであろう。
江戸から明治・大正にかけてたくさん採れたニシンは
肥料として小樽港から関西方面へと運ばれ
富みをもたらした。
猟に使うブイが木星からガラス製に代わり
ガラスも地元で作ってしまうなど、血気盛んな町だったのだろう。
0



AutoPage最新お知らせ