2009/10/6

国際連帯税 検討を  経済


世界銀行・国際通貨基金(IMF)の合同開発委員会が5日、トルコのイスタンブールで開かれ、峰崎直樹財務副大臣は、発展途上国支援に充てるための国際的な課税制度「国際連帯税」に関し「さまざまなアイディアについて今後議論を深めていくことが重要だ」と演説、
世銀やIMFは国際連帯税の実現性を検討すべきだと提唱した。

経済危機や地球温暖化などに伴い、途上国支援などのための要請が拡大する中、資金捻出に向けた提案とみられる。
国際連帯税は地球規模の問題に対処するため、外国為替取引や国際航空券などに課税する案が国際的に議論されている。

合同開発委では世銀グループの資本増強策も議論。
途上国の支援要請拡大により、世銀グループ全体の2009会計年度(08年7月〜09年6月)の融資額は前年度比54%増加、過去最高の588億ドル(約5兆3千億円)に達し、
世銀は今後も資本増強を迫られている合同開発委では途上国の発言権拡大も議論した。
0

2009/10/6

主要国通貨 対顧客相場  主要国通貨の対顧客相場

○主要国通貨の対顧客相場
(単位あたり円 5日現在)


■ドル      (アメリカ)          90.82

・〃       (カナダ)           84.98

・〃       (オーストラリア)       80.32

・〃       (ニュージーランド)      66.49

・〃       (シンガポール)        64.43

・〃       (香港)            12.02


■ユーロ     (EU)           132.84


■ポンド     (イギリス)         147.51


■フラン     (スイス)           87.84


■ランド     (南アフリカ)         13.25


■ウォン 100ウォン(韓国)           7.86


■ルピア 100ルピア(インドネシア)       1.06


■ペソ        (フィリピン)        2.06

・〃         (メキシコ)         7.60


■ルピー       (インド)          2.06


■ルーブル      (ロシア)          3.24


■バーツ       (タイ)           2.76


■リンギット     (マレーシア)       25.94
0

2009/10/6

東京市場 5日  東京市場

東京市場(5日)

■円相場(午後5時 日銀調べ)
 
・対ドル
    89.83−89.85円  (↓)
         (0.47円安)


・対ユーロ
   131.35−131.39円 (↓)
         (1.41円安)


■株式(終値)

・日経    9674.49円 (↓)
 平均     (57.38円安)

・TOPIX     867.28 (↓)
        (7.39ポイント安)

■長期金利(新発10年国際)

           1.260% (↑)
        (+0.010)
0

2009/10/6

世界のニュースペーパーから  経済

世界の主要ニュースペーパーから(5日)

・人民日報
     (中国)     温首相、金日正総書記と歌劇「紅楼夢」を観覧

・朝鮮日報
     (韓国)     北朝鮮が脱出住民の送還要求、韓国は拒否

・バンコク・ポスト
     (タイ)     連立与党、憲法改正審議開始で合意

・ワシントン・ポスト 
     (アメリカ)   アメリカ兵8人死亡でアフガン戦略に試練

・ニューヨーク・タイムズ
     (アメリカ)   学資積み立てでは大学の学費まかなえず

・フィガロ
     (フランス)   前首相虚偽告発事件、鍵握る男が証言へ

・タイムズ
     (イギリス)   イラン、核兵器製造ノウハウを獲得

・フランクフルター・アルゲマイネ
     (ドイツ)    ドイツ連銀、民間銀行の監視強化で組織再編

・コメルサント
     (ロシア)    ヨット密輸容疑で逮捕の会社社長保釈

・アルアハラム
     (エジプト)   大統領、東ポートサイド港の工事現場視察
0

2009/10/5

G7(先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議)次回、来年2月にカナダで開催  経済


カナダのフレアティ財務相は3日の先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)後に記者会見し、来年2月に同国で次回G7を開くと発表した。

ロイター通信がG7筋の話として、アメリカ政府がG7を将来的に

アメリカ・日本・欧州に中国を加えた「G4」に衣替えすることを提案すると伝えていたが、
ダウ・ジョーンズ通信によると、フレアティ氏は「G7は今後も重要な役割を果たす」と語った。
藤井裕久財務相は会見でG4について「聞いたことがない」と否定した。

G4への衣替えには、メンバーから外れるカナダのほか、欧州連合(EU)の加盟国だが
単一通貨ユーロを採用していないイギリスも反対姿勢と見られる。

フランスやドイツの高官も衣替えに消極的な見解を示した。

アメリカ・ピッツバーグで先週開かれた金融サミットは、主要8カ国(G8)に代え、
20カ国・地域(G20)の首脳会合を国際経済協力の主要な枠組みにすると決定。
経済・金融問題を協議する場もG20財務相・中央銀行総裁会議に重心が移るとみられ、
G7の存在意義が問われていた。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ