アスペルガー障害になることを究明

2011/11/29 
社会恐怖は、震え・吐き気などの身体症状が強く発現。嘔吐恐怖はパニック発作障害の一種と考えられている。


パソコンのように順序だったものや規則的なものに興味を持てば、才能を開花させることも可能である。時に興味のある分野であってもやる気を見せない、という意見もあるが、それは他人が同じ分野だと思うものが本人にとっては異なる分野だからだと思われる。他人にとって不快に感じるくらいに、じっとその人の目を見つめてしまうようなタイプもいる。


1992年には世界保健機関(WHO)の国際疾病分類(ICD-10)によって独立した病名として登録された。近年、認知行動療法の有効性が明確となり、心理的「原因」よりも、症状に対する患者の対処が症状進展のメカニズムとしては重視されるようになった。薬物療法の有効性も確認されており、生物学的因子があるという意見も強くなっている。ノルアドレナリン仮説は、脳の青斑核という部分では、ノルアドレナリンという神経伝達物質を分泌し、危険が迫った時に警報を発動する神経が作動するようになっている。


強迫行為(きょうはくこうい)とは、不快な存在である強迫観念を打ち消したり、振り払うための行為。本人は不要なものだとわかっている場合が大半のため、自分の行動の矛盾に思い悩む場合がある。


この病気は実際にはうつやパニック・ディスオーダー、過敏性腸症候群や身体表現性障害などが原疾患として認められる場合が多い。最近では体内時計を正すために強い光を体に当てる、見るなどの療法もある。自ら自律訓練法を用いて心因的ストレスを軽減させ、症状を改善させる方法もある。最近では体内時計を正すために強い光を体に当てる、見るなどの療法もある。


近年開発された、セロトニン系に選択的に作用する薬剤SSRIや、セロトニンとノルアドレナリンに選択的に作用する薬剤SNRI、NaSSA等は副作用は比較的少ないとされるが、臨床的効果は三環系抗うつ薬より弱いとされる。光療法が欝に効果があるかどうかは古くから検討されてきたもの。古典的分類では、疾患の成因についての判断が優先。
アスペルガー 治療プログラム
五月病 低年齢化
睡眠・夢と心理学


0


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ