カレンダー

2017
February
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

検索



このブログを検索

メッセージBOX

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

学校薬剤師になりたい

学校薬剤師は、学校全体の薬事衛生にかかわります。
生徒や教職員の健康を維持するための仕事であり、大きなやりがいもあります。

子どもが好きな人、教育に貢献したいと考えている人にとってはおすすめの仕事です。
しかしながら、求人に関してはとても少なく限定的です。

学校薬剤師になりたいと考えている人にとっては、非常に厳しい状況があるのです。
学校薬剤師は、広く一般に募集されることはありません。

たとえば公立学校であれば、保健所や地元の薬剤師会などを通して募集されることがあります。
学校薬剤師になることを希望するのであれば、薬剤師紹介会社を利用することがもっとも近道であると考えられます。

学校薬剤師は、学校や幼稚園のある地域で調剤薬局の薬剤師が兼任していることもよくあるためです。
学校薬剤師になると、学校の水や空気が汚染されていないかどうかについて調べるなどといったように、快適な環境をつくることに努力する必要もあります。

薬の正しい扱い方に関する指導や健康相談、保健指導なども行います。
そのためには、薬学以外に学校環境についても専門的な知識を持つ必要があり、常に新しい情報を知っておくべきです。

下記も参考になるでしょう。

学校薬剤師求人web | 学校薬剤師の転職情報サイト
学校薬剤師ってなあに?
0
投稿者:rjx7k96b

学校薬剤師の雇用元

学校薬剤師は、学校保健安全法によって幼稚園、小学校、中学校、高等学校などといったように、私立を含んで大学を除くすべての学校に委任委嘱されるかたちで置かれています。
学校において、衛生環境についての検査を行うことなどが業務となっています。

身分としては公立学校ですと地方公務員特別職、国立学校ですと国家公務員の一般職となり、任命権者である教育委員会などによって委嘱されます。
私立学校の場合は、学校法人や学校設置者が任命委嘱することになります。

学校薬剤師は、薬剤師の免許を持っているのであれば誰でもなることのできるものですが業務上、学校衛生基準法にもとづいて学校への検査やアドバイスをすることが必要です。
そのため、学校環境についての専門的な知識や技術も必要であり、公立学校では教育委員会が学校薬剤師会によって推薦された人を任命しているという現状です。

くわしい情報については、地域の教育委員会や学校薬剤師会から得られるところもあります。
私立学校では、学校などから直接の求人が公開されていることもあります。
0
投稿者:rjx7k96b
1 2 | 《前のページ | 次のページ》
/2 
 
AutoPage最新お知らせ