2012/10/23

伝染性単核球症とは@ってなに  

"伝染性単核球症は一八八九年に「頚部リンパ節、肝脾腫をきたす急性熱性疾患」として記録されており、”腺熱”とも呼ばれている。一九二〇年には、「発熱とリンパ節のはれと、末梢における単核細胞のいちじるしい増加」を特徴とする症候群として、「伝染性単核球症」といわれるようになった。
〔病原体〕
一九六八年には、ヘルペスウイルスの一種であるエプスタインパーウイルス(EBウイルスまたは
EDV)の病気の病原体であることが証明された。
「EBウイルス」は世界中に広く分布し、成人のほとんどがその感染を受けているといわれている。
日本では、三歳までに約八〇パーセントの人が、このウイルスの感染を受けるが、乳幼児期に感染しても、無症状かあるいは軽度の発症で終わる。
一九八〇〜一九八一年の間、京都大学医学部の学生を対象に調査したところ、約一〇パーセントが陰性であったという。

先天梅毒@
胎生期に梅毒に感染するのを先天梅毒という。母親が梅毒であると、胎児にトレポネーマ・パリドウムが胎盤を経て感染する。
胎児に梅毒が感染するのは、妊娠五か月以後といわれ、それ以前には何も起こらない。母胎が無治療の梅毒にかかっていると、先天梅毒児を分娩することになる。こういう場合には、流産、早産、死産も多くなってくる。普通、母親が妊娠する二年以内に梅毒にかかったような場合は胎児の障害もつよく現われる。
胎児梅毒は、流産、死産になることが多いから、生まれてきた場合は乳児梅毒といわれる。こういう赤ちやんでは血清反応だけが陽性の場合と、症状が出てくる場合の二つがある。症状は梅毒の特徴として、やはり多種多様である。
皮膚症状としては、天疱癌様といって水ぶくれのできるもの、丘疹のできるもの、びまん性扇平浸
潤といって、まだらにへとんでくるもの、などがある。" クラミジアの症状:男の場合
0

2012/10/23

test  

ためしに書いてみました。初めて投稿してみた。 3年間の闘病の末クラミジアを治しましたクラミジアを3年放置したら大変なことに。10年以上クラミジアと戦う日記クラミジアを2ヶ月でスピード完治させた話
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ