ローン免除制度1年 利用を呼びかけ  

震災の被災者が抱えるいわゆる二重ローン問題の救済策として、住宅ローンの支払いを免除する制度が導入されて、野球ユニフォーム22日で1年になります。
しかし、免除を受ける人が少ないため、制度を提言した日弁連=日本弁護士連合会は、利用を呼びかける文書を6万枚作成し、被災地に配布することになりました。

この制度は「個人版私的整理ガイドライン」と呼ばれ、サッカーユニフォーム住宅を失った被災者に対する二重ローン問題の救済策として、一定の資金を手元に残して金融機関から住宅ローンの支払いの免除を受けられます。
制度が出来てから22日で1年ですが、最大で1万人が利用するという当初の見込みを大幅に下回り、野球パンツ免除が決まった人は57人にとどまっていることから、制度を提言した日弁連は、利用を呼びかける文書を独自に6万枚作成しました。
この中には、制度を使っても義援金と別に500万円まで残せることや、弁護士に無料で相談できることなどが書かれていて、オーダー野球ユニフォーム被災地の自治体などを通じて配布される予定です。
日弁連で震災対策を担当する新里宏二弁護士は、「制度は被災者
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ