夏は多くのカップルたちが、頻繁にセックスをする季節

2011/8/12 
夏になり、暑い日も続くようになりました。夏は多くのカップルたちが、頻繁にセックスをする季節です。この春新しい出会いがあり、付き合い始めたカップルたちが盛んにセックスをするようになります。今この瞬間も、多くのカップルたちがビンビンに勃起させたペニスを膣に出し入れさせて、愛しあっています。女の子の膣にペニスを出し入れさせて、男の子のはペニスがとっても気持よくなります。女の子は、膣の中をペニスでかきまわされ、強い快感を感じます。セックスをして愛し合っているカップルたちは、お互いにペニスと膣が気持ちよくなって、最高の気分になるのです。汗と愛液でぐっしょりと濡れた結合部は非常に気持ちよくなっているはずです。この夏も、カップルたちはベッドの上で汗だくになって激しいセックスに励みます。
花痴
夏はやはり、たくさんセックスをしたいですよね。できるだけ長い時間、ペニスと膣を結合させて興奮するセックスをしたいですし、女の子の膣の中でたくさん精液を出したいものです。元気で性欲が強い中学生や高校生のカップルたちは、昼間から暗くなるまで何度も何度も射精して、汗だくになって最高に興奮したセックスを長時間楽しんでいます。抜かずに何回も射精したりもします。しかし、大人になるとなかなかそのようにはできないものです。

夏にたくさんセックスをするために、性欲を高める効果のある食べ物を紹介します。
男性ホルモンの「テストステロン」を作るためには亜鉛が必要なのですが、牡蠣には亜鉛がたくさん含まれています。牡蠣を食べることで、テストステロンがたくさん作られ、男の子の性欲増強の効果があります。ただし、夏には季節外れかもしれません。
アボカドにはスタミナを増強する効果があります。また、男性ホルモンの生産を助ける「ビタミンB6」が含まれており、男の子の性欲を増強させます。「ビタミンB6」は、女の子の甲状腺の機能を高める効果もあります。甲状腺の機能が高まると、女の子は性欲が強くなるそうです。男性ホルモンと同じ成分が含まれており、女の子はセロリを食べることで性的興奮が高まります。
バナナには男の子の性欲を強めるミネラルが含まれています。スタミナを増強する効果もあり、古くから男の子の精力増強のために食べられているそうです。セックスの2〜3時間前に食べると効果的なのだそうです。
アスパラガスには、男の子女の子がイクために必要な「ヒスタミン」の生産を助ける「葉酸」が多く含まれており、セックスの快感を増強することができます。

上記以外にもいろいろあるでしょう。
10代の頃、性欲を増強する効果のある、亜鉛のサプリやエビオス錠を試したことがあります。夏休みにはラブホテルで女の子と一日中セックスをしていましたし、2〜3回目でも精液をたっぷり射精することができました。快感も非常に強かったですし、充実したセックスをすることができました。

これからますます暑くなり、たくさんセックスをしたくなる季節になります。
皆さんも、セックスのための栄養を考慮した食事をとって、充実したセックスを楽しんでください。ペニス増大
0


コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ