なんで無線がオススメヘナ… _ノフ

2012/8/26 
「無線LAN」なら、「有線LAN」との中継装置を設置できる。インターネットを接続するためのプロバイダとパソコンは、電話回線やCATV、ADSLなど全てケーブルで接続されている。これらのネットワークと無線LANとを接続するには、どうしても中継器が必要になる。アクセスポイント設置後は、パソコンとアクセスポイントの間は、ケーブルレスでネットワーク接続が可能なのだ。配線がないので、お掃除も今までどおり。家庭にやさしいのも無線LANの特長だといえる。
無線LANは、クライアントPCとアクセスポイントの組み合わせでLANを形成することができる。「クライアント」とはサービスを依頼する人という意味である。無線LANの場合は、ユーザが使用しているパソコンのことを示す。このクライアントPCがアクセスポイントと通信をすることでインターネットの共有や、プリンタ、八一ドディスクの共有などが可能になるのだ。

ファイル共有の危険から逃れる対応策
ファイル共有の事故をユーザー側で防止するには、ファイル共有に使用している通信プロトコルをNetBEUIに変更します。このプロトコルは、ルーターを越えることができないため、LANの外へパケットが流
れる心配がありません。
また、ルーターを使用している環境では、通信プロトコルを変更するとともに、ルーターのパケットフィルタリング機能でファイル共有のパケットをブロックするように設定すると、二重のガードをかけることができます。この設定により、自分のパソコンから外部(インターネット)へ流れるパケットを阻止するとともに、外部から侵入するファイル共有のパケットも阻止できます。
ファイルの共有を利用する場合、ドライブ全体や重要なフォルダ(Windowsフォルダなど)を共有するのは非常に危険です。できるだけ、共有専用のフォルダを作成し、そのフォルダだけを共有設定することをお勧めします。

WiMAX タブレット 実際は?
0

teacup.ブログ START!

2012/8/26 
ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



AutoPage最新お知らせ