九州ロハスの「酵素」について 九州ロハス自然  九州ロハスさん

九州ロハス伝統 九州ロハスのロハスをより多くの人に
九州ロハスの「酵素」について


九州ロハスです。

九州ロハスが「酵素」について紹介します。

生体の中で生じるさまざまな化学反応の触媒となるタンパク質。生物の体の中では、生きていくために、さまざまな化学反応がおきている。エネルギーをつくりだすのも、筋肉をうごかすのも、細胞が成長するのも、ホルモンがはたらくのも、すべて酵素がかかわっている。人工的に化学反応をおこそうとすれば、温度や圧力、pH、無水状態などの条件を人工的にととのえなければならない。ところが生物の体の中では、人工的に調整しなくても、酵素のおかげで化学反応がスムーズにおこる。

味噌や醤油、日本酒などが微生物の発酵の力を借りた食品だが、その作用が微生物の体内にある物質によるものだとわかったのは一〇〇年ちょっと前。その物質に「酵素」の名がつけられた。今では、酵素は生き物の体の中でつくりだされた物質(タンパク質)で、生き物ではないが、体内に取り込んださまざまな養分の代謝(分解・合成)にかかわり、その速度をコントロールしていることがわかっている。

体内での物質の酸化・還元にかかわる「酸化還元酵素」、糖やタンパク質や脂肪の代謝にかかわる「加水分解酵素」など、自然界には酵素の数は二万五〇〇〇種、その働きが明らかになっているものだけでも四〇〇〇種といわれ、農業の場面でも、果実や野草を発酵させてつくった手作り酵素液が工夫されている。この酵素の働きをサポートしているのがビタミンやミネラルで、酵素と併せて注目されている。

九州ロハスでした。


[関連記事]
九州ロハスの「発酵」について 九州ロハス五感

[関連タグ]
九州ロハス ロハス 九州ロハス自然 九州ロハス地球 九州ロハス自然環境保護 九州ロハス地球環境保護 九州ロハス環境 九州ロハス ライフスタイル 九州ロハス ロハス生活 九州ロハス自然光 九州ロハス共存 九州ロハス ロハス 九州ロハス健康 九州ロハス伝統 九州ロハス健康 九州ロハス五感

[旬のワード]
蒼井優 富士山 中村昌也 辻梨恵 ミムラ いぶりとっぺ 世界遺産 三保の松原 ブラゼル

[PR]
0
タグ: 九州ロハス

九州ロハスの「発酵」について 九州ロハス健康  九州ロハスさん

ロハス 九州ロハスのロハスをより多くの人に
九州ロハスの「発酵」について



九州ロハスです。

九州ロハスが「発酵」について紹介します。

有機物が微生物の作用によって分解され、アミノ酸や乳酸、有機酸、アルコール類、二酸化炭素などが生成される現象で、一般には人間や動植物の活動にとって都合がよく役立つもの(有用物質)が生産される場合をさし、有害物質が生産されたり悪臭を発したりする「腐敗」と対比的に用いられる。

好気性微生物(カビ〈糸状菌〉、細菌、放線菌など)による好気発酵と、嫌気性微生物(酵母、細菌〈乳酸菌、光合成細菌〉など)による嫌気発酵とがあり、有機物の堆肥化(コンポスト化)やボカシ肥づくりはおもに前者を、発酵食品やサイレージの製造は後者を利用したものである。

微生物のはたらきを高め発酵を順調に進めるには、栄養源(有機物)、温度、水分、酸素、pHなどが適正な条件にあることが大切で、たとえば堆肥化で発酵を促すためのポイントは素材の含水率六〇%、C/N比(有機物中の全チッソと全炭素の比率)二〇〜四〇%とされている。また、発酵をより効率的に進めるために、有用な微生物を添加することもある。

発酵を利用した有機物の農業利用としては、堆肥やボカシ肥があり、最近では田畑の中で発酵を行なわせる「土ごと発酵」が注目されている。

九州ロハスでした。


[関連記事]
九州ロハスの「酵素」について 九州ロハス伝統

[関連タグ]
九州ロハス ロハス 九州ロハス自然 九州ロハス地球 九州ロハス自然環境保護 九州ロハス地球環境保護 九州ロハス環境 九州ロハス ライフスタイル 九州ロハス ロハス生活 九州ロハス自然光 九州ロハス共存 九州ロハス ロハス 九州ロハス健康 九州ロハス伝統 九州ロハス健康 九州ロハス五感

[旬のワード]
アンバー・ハード 台風情報 内海賢二 マンモス 内藤まろ セバスティアン・ジョビンコ 田原俊彦 綾野剛 磯山さやか

[PR]
0
タグ: 九州ロハス




AutoPage最新お知らせ