【特定調停】まずは無料相談について  

借金で困っているあなたへ多額の借金はもう自己破産をするしかないと感じていないでしょうか?高額な費用が必要と思でしょうか?特定調停は金を借りた本人が裁判所に申し立てを行い、調停委員と金融業者が直接交渉を行って月々の支払額を減額して3〜5年以内に完済する為の和解を目的とした制度です。

弁護士や司法書士の手助けを必要とする任意整理や自己破産よりかは、比較的安く債務整理ができます。

特定調停は個人法人で申し立て可能ですが 個人法人で行う場合は以下のような注意が必要であります。

・和解できない場合があります。

・任意整理と比べ、調停が難航することがあります。

・担当する調停委員によっては引き直し計算が行われないで、成立させます。

・裁判所によって遅延障害金の支払いが生じる場合があります。

・過払い金の発生が認められても、返還請求は行われないことがあります。

ではここで特定調停の利点欠点を説明します。

◎特定調停のメリットについて・個人・法人の利用が可能・金融会社と直接交渉をしなくても良いこと。

・ギャンブルや浪費が原因でも特定調停の利用が可能なのです。

・保証人に迷惑をかけずに済ませられます。

・官報に載らないのです◎特定調停のデメリットについて・ローンやクレジットカードの利用が出来ません(5〜7年程度)・信用情報機関(ブラックリスト)に載ります。

・裁判所からの通知が自宅に届く為、家族に知られる可能性が高い。

・和解出来ない場合があります。

もし個人で特定調停を検討される場合以下の点にも注意しておきましょう。

・法律の専門家である、弁護士や司法書士を介しました任意整理を行うより、特定調停は返済額が高くなる事が多いこと・調停が成立しましても、返済期間中の条件や、支払いが遅れた場合は、お給料などが差し押さえられます。

更に弁護士や司法書士を介した任意整理の場合ですと、依頼をした後「即、支払い請求と取り立てが停止」するのです。

依頼を受けた弁護士・司法書士が金融業者に対し受任通知を送付するため、支払い催促を停止することができます。

これが特定調停の場合、申し立てに必要な書類を揃えるのに時間がかかるため、その分支払い催促などの停止が遅くなるという訳です。

個人で申し立てをする場合、書類の準備や作成に時間・労力がかかり、専門知識についても必要です。

裁判所に頻繁に出頭する必要があるので平日の昼間に時間の取れない方はやはり専門家の弁護士や司法書士に依頼するのが安心です。

申し立てを個人で行うよりも費用はかかるのですが失敗も少なく手間がかかりません。








AX
0

特別養護施設への転職  

49、看護師の転職 特別養護施設への転職について医療機関の看護師から特別養護老人ホームに転職した看護師さんの体験談をご紹介したいと思います。

看護師さんは特別養護老人ホームへ転職した理由は、夢があったからだそうです。

利用している患者さんと向き合い、コミュニケーションを深めることが可能な仕事がしたかったみたいです。

もとはと言えば老人看護施設に就きたいと感じていたそうで、転職を決めたそうです。

介護は介護士がしてくれるので、看護師は看護に専念出来ると考えたそうです。

特別養護老人ホームでは、医師が常駐していないので、看護師の判断力を持っているかがポイントとなります。

そのため看護師として働いて医療機関である程度の経験をする必要があったため医療機関で3年以上の経験を積み、結婚や出産を境に自分の生活スタイルに合わせて特別老人介護施設へ転職をした模様です。

とかく患者とコミュニケーションを深められるという事が一番の理由だったそうです。

面接時に表現したポイントとしては、自分がもとは就職したかった仕事所だったという事そうした理由のため数年医療機関での看護師の経験について積んできた事をアピールしたようです。

患者とのふれあいや会話がなによりもやりたかった仕事だという事みたいです。








AX
0




AutoPage最新お知らせ