2013/3/5 | 投稿者: kan

この前知り合いから聞いたんですが、
アドバイス内容も多岐にわたっています。例として、住宅ローンの基礎、金利の種類と返済方法の違い、「返せる」ローン返済計画、住宅の税金やローン計算、繰上げ返済・借り換え返済について多くの相談になります。
住宅ローンといっても多岐にわたっています。アドバイス例としては、住宅ローンの基礎知識、金利の種類や返済方法の違い、無理のないローン返済計画、住まいの税金やローン計算、繰上げ返済・借り換え返済についてなど多くの相談が守備範囲となります。住宅ローンアドバイザーとは、住宅購入予定者・借り換えなど購入後の方々向けに、さまざまな住宅ローンについて適切な情報を提供するアドバイザーです。認定制度の資格で、国土交通省が取りまとめしたものをもとに任意団体である住宅金融普及協会または金融検定協会が認定を行なっています。
住宅ローンアドバイザーは、住宅購入のときに利用する住宅ローンについて適切な情報を提供する相談役です。国土交通省が取りまとめしたものをもとに住宅金融普及協会または金融検定協会という任意団体が認定試験を行なっています。住宅をこれから購入しようと予定されている方でも住宅ローンアドバイザーの養成講座は役にたちます。講座は基礎コースと応用コースの二通りにわかれています。借り入れ前の住宅ローンを一から理解するために良いでしょう。もう一つの応用コースは実務者向けになります。実際に借り入れする方へのアドバイス者向けの専門家コースです。ってそんな事の知ってましたか?
0

2013/3/5 | 投稿者: kan

今日見つけたんですが・・・
二つ目の郵貯貸付は、教育積立郵便貯金の預金をされている方を対象にしています。融資額は、学生1人につき200万円までです。現在積み立てしている教育積立郵便貯金が融資限度額となります。申し込み先は、全国の郵便局(簡易郵便局を除く)となります。
郵貯積み立てが必要なものがあります。郵貯貸付です。教育積立郵便貯金の預金をされている方が対象です。借り入れ額は、学生1人につき200万円までです。現在積み立てしている教育積立郵便貯金が融資限度額となります。申し込み先は、全国の郵便局(簡易郵便局を除く)です。一つ目の教育一般貸付は、入学・在学中の子供の保護者の方向けです。年収によって制限があります。年間の世帯収入が定期収入者(会社員、派遣、アルバイトなど)の場合は990万円以内、自営業など事業所得者については770万円以内であることです。融資金額は、学生1人につき最高200万円までです。申し込み先は国民生活金融公庫、近くの金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協など)です。
一般的なものは、教育一般貸付です。入学・在学中の子供の保護者の方向けです。年収により融資制限があります。年間の世帯収入が定期収入者(会社員、派遣、アルバイトなど)の場合は990万円まで、自営業など事業所得者については770万円までとなります。借り入れ金額は、学生1人につき最高200万円までです。申し込み先は国民生活金融公庫、近くの金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協など)です。
タクのブログ
0




AutoPage最新お知らせ