アメリカにおけるジョブハンティング  

仕事を見つけること。


アメリカでの職探しの共通の方法は次のとおりです:

友達あるいは拡張ビジネス・ネットワークによる仕事を見つけること、パーソナル・ネットワーク、あるいはオンライン社会ネットワーク・サービス、雇用ウェブサイトの使用、新聞の項目別小広告に目を通すこと、個人か職業安定所、あるいはリクルーターの使用、会社の空きのある仕事用ウェブサイトを傍観すること。典型的に。



就職説明会へのその申込者トラッキング・システム、ゴーイングの中で、転職支援サービスのような専門のガイダンスの使用、仕事、およびインタビューに成功する方法を申請すること



2010時点で、米国の仕事の10%未満は雇用者を研究するオンライン広告によって満たされます。


多くの求職者が、それらが当てはまっている雇用者を研究します。また、何人かの雇用者は、この証拠を位置または会社用熱中のプラス記号、あるいは完全のマークと見なします。


集められた情報はオープン・ポジションを含んでいるかもしれません、姓名、位置、ウェブサイト、ビジネス記述、ということもサポートサポートにより確立しました、収入、従業員の数、株価、場合、社会、最高経営責任者、主製品か、サービス、主な競争者、および強さおよび弱点を。
0

木村魚拓 チーマーに目が離せない!!  

こんにちは。o(^o^)oワォ!

おととい水族館にいってきたよ??

当時買った風水的によい財布なんですけども、

割といい感じでした。

うぎゃーー!

todayはすんごくミソな日だったような…????
0




AutoPage最新お知らせ