自由民主党財務金融部会の「小口金融市場に関する小委員会」

2012/5/28 | 投稿者: ds

自由民主党財務金融部会の「小口金融市場に関する小委員会」は23日、2010年に施行された改正貸金業法などについて事務局による改正案を承認した。利息制限法と出資法を見直し、上限として年利30%をめどとする変動金利制の導入や、貸金業法を見直し、返済困難者へのカウンセリング制度を強化する代わりに総量規制を撤廃することなどを盛り込んでいる。GUCCIレザー バッグ今後、党内手続きを進めるとともに、他党との連携を視野に調整に入るが、現時点での実現可能性は不透明だ。

改正貸金業法は、個人に対する貸し付けを年収の3分の1以下とする総量規制や、貸付上限金利を29・2%から20%に下げることなどを柱とし、2010年6月に完全施行された。GUCCIメンズバッグ借り過ぎで生活が破綻する多重債務問題への対策の側面があったが、総量規制に抵触する借り手がヤミ金融に流れるなどの米財務省の次期長官選びをめぐる推測合戦が始まった。ガイトナー現長官の跡を継ぐ新たな長官は、1兆ドルを超える財政赤字の圧縮や税制改革を推進し、欧州の債務危機解決も後押ししなければならない。ヴィトン メノグラム

ガイトナー現長官は、仮に11月6日の大統領選挙で民主党のオバマ現大統領が共和党対抗馬のロムニー氏を破って再選したとしても、現職を離れると明言している。

エコノミストや投資家、評論家、官僚経験者の間では、米資産運用会社ブラックロック<BLK.N>のラリー・フィンク最高経営責任者(CEO)やホワイトハウス関係者と結びつきの強い財政専門家のアースキン・ボウルズ氏といった多くの名前が取りざたされる。GUCCI PVC生地

ロムニー氏が大統領選で勝利した場合、同氏筆頭顧問のグレン・ハバード氏が、世界銀行のロバート・ゼーリック総裁と並んで最有力とみられている。税制や歳出削減、法定債務上限の引き上げ問題など、来年には党派間争いの激化が予想され、新たな長官選びには通常よりも多くの関心が集まる。GUCCIレザー バッグ

カリフォルニア州立大学チャンネル諸島校の孫聖源・経済学教授は「次期長官は大統領に次ぐ重要な職務を担うことになる」と指摘した。次期長官にとって、国内で膨らむ債務の圧縮に向けた方策を見つけ出すという課題は大きく、欧州債務問題が広がる中で各国の先頭に立って器用に立ち回る必要もある。ヴィトンキャンバス財布

なお、米金融大手JPモルガン・チェース<JPM.N>のジェイミー・ダイモンCEOはヘッジ戦略の失敗による巨額損失が今月明らかになるまでは長く次期長官候補と目されてきたが、その評判を一気に落とした。レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円<JPY=>   ユーロ/ドル<EUR=>  ユーロ/円<EURJPY=>

午後5時現在  79.51/53   1.2660/64  100.64/71

NY午後5時   79.97/99   1.2683/86  101.39/45

午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べドル安/円高の79円半ば。ヴィトンキャンバス日銀が午前に金融政策の現状維持を決めると午後にかけて円買いに傾いた。しかし、円買い一巡後は停滞した。ヴィトングラフィティ日銀の白川方明総裁会見への目立った反応は見られなかった。

<株式市場>

日経平均    8556.60円(172.69円安)

8538.69円─8715.14円

東証出来高   19億1663万株

東証売買代金  1兆0920億円

東京株式市場で日経平均は3日ぶりに反落。ヴィトン エピシリーズ終値で1月18日以来の8600円割れとなった。ギリシャのパパデモス元首相の発言を受けて欧州情勢に対する懸念が強まったほか、日銀決定会合も、市場の想定通り金融政策は現状維持となったことで、外為市場では円高が進行。ヴィトンデニムウォレット現物市場が薄商いのなか、ヘッジファンドなど短期筋の売り材料とされ、先物主導で下げた。TOPIXは一時720.85ポイントまで低下し、1月16日に付けた年初来安値722.85ポイントを更新した。ヴィトングリッド財布

22日にフィッチが日本の格付けをAプラスに引き下げたほか、23日寄り前には財務省が市場予想を大幅に上回る赤字となった4月の貿易統計速報を発表。日銀の決定会合も含め、材料の多い東京市場となったが、市場では最も影響が大きかったのはギリシャ元首相のユーロ離脱発言報道とされた。ヴィトン メノグラム「現物市場で薄商いが続いており、先物の動向に振らされやすくなっている。オプション市場ではボラティリティが上昇基調となっており、足元の投資家は当局者の発言などに敏感だ」(外資系証券)とされる。ヴィトン光沢革財布

東証1部騰落数は、値上がり244銘柄に対し、値下がり1366銘柄、変わらずが65銘柄だった。

<短期金融市場> 17時03分現在

無担保コール翌日物金利(加重平均レート) 0.083%

3カ月物国庫短期証券流通利回り      0.100%(変わらず)

ユーロ円3カ月金利先物(13年3月限)  99.665(─0.005)

安値─高値   99.665─99.675

無担保コール翌日物は0.08%を中心に取引された。ヴィトン メノグラム財布当座預金残高が3日連続で30兆円割れとなったが、取り上がる動きは見られず、盛り上がりに欠く展開となった。レポ(現金担保付債券貸借取引)GCレートも0.10%近辺で横ばい。ヴィトン パンチバッグ日銀は終日オペを見送った。ユーロ円3カ月金利先物市場は日銀金融政策決定会合の結果が出た後も大きな動きはみられなかった。ヴィトン エピシリーズ

<円債市場> 18時01分現在

10年国債先物中心限月・6月限(東証)    143.25(変わらず)

143.05─143.31

10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値) 0.860%(+0.005)

安値─高値  0.880─0.855%

国債先物は前営業日比横ばい。前日の米債安の流れを引き継いで売りが先行したが、ギリシャのユーロ離脱リスクが浮上する中、欧州連合(EU)非公式首脳会議で有効な対応策が打ち出されないとの見方から下値は限定的だった。ヴィトン光沢革財布後場は一時下落幅を拡大する場面があった。建て玉が膨らむ過程で海外勢中心にロングポジションを構築していた向きがいったん外し、ショートポジションにしたとの見方が出ていた。Prada財布中盤からは日経平均株価が下落幅を広げる局面で、短期筋が買い戻した。現物債は先物主導の展開。ヴィトン メノグラムあすに20年債入札を控え超長期ゾーンを中心に軟調。ディーリング色も強まった。ヴィトンキャンバスイールドカーブはブル・フラット化の反動でスティープ化の形状。

日銀金融政策決定会合の結果や会合後の白川方明日銀総裁の会見内容は直接的に相場に影響せず、フィッチの日本国債の格下げについても市場の関心が欧州情勢に向いていることもあり、目立った反応は見られなかった。グッチ一方、4月貿易収支で中国をはじめとするアジア向け輸出の伸び鈍化で、景気減速が意識されたことで買われる場面があった。

<クレジット市場>

政保債(地方公)10年 2.0─3.0bp 銀行債(みずほ)5年 19─20bp

地方債(都債) 10年 3.0─4.0bp 電力債(東電)10年 ─ ─ ─bp

クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で、指標となるiTraxxJapanシリーズ17はほぼ変わらず。ヴィトンキャンバス財布プレミアムは209.5ベーシスポイント(bp)を付ける場面があり、前日引けは208bp近辺だった。欧州連合(EU)非公式首脳会議を見極めたいとのムードが濃く、フィッチ・レーティングスによる日本国債格下げの影響は特にみられなかった。SEO
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ