ちょっとやる  お知らせ

オトコのヌキ場の代名詞。
ちょんの間。

ちょんの間の由来は⇒ちょっとやる⇒ちょっとのあいだ⇒ちょっとの間⇒ちょんの間の流れで言われているらしい。

今の風俗でも、時間的に40分から60分ぐらいが普通であるが、ちょんの間は15分〜30分ぐらいで、値段も安い。

また、ちょんの間=赤線/青線のセックスエリアを示すのだが、今では風営法により段々減少しつつある。

お店のカンバンにはスナックとかサロンとか書かれてはいるもの、入り口に座ってただ客が来るのを待っているのが現状。
その玄関先で値段交渉するのが、普通だが、中には激安でさせるところもあるらしい。

ちょんの間=裏風俗は日本各地に今も存在するが、探すなら風俗ライターが書いてある風俗情報誌しか掲載されていません。

全国でも壊滅危機に立たされているちょんの間。
行くのならお早めに・・・。

関連したサイトはコチラ:熊本風俗ナイト



関連したサイトはコチラ:熊本風俗ナイト

0

ワンランク上からのお届け物  独り言

今回仕事で2泊3日の出張予定で訪れた熊本県八代の町。

ある程度の作業を終えいざ上司のかたと熊本歓楽街へ。

ちょっとこ洒落た居酒屋で商談などの話を終え、キャバクラを2件はしごした後、
帰るにはまだ早すぎるので、知り合いの同僚に携帯で場所を聞きいざ風俗店が立ち並ぶ熊本市中央街へ。

夜は酒を飲んだ若いサラリーマン風の男性や体育会系のがっちりとしたラガーマンなどが、応援歌を歌いながら整列して歩いております。そこで何気なく目にしたきれいな看板をしたソープ店。

ちょっとワンランク上のにおいを醸し出した熊本風俗のソープランドMIL●NO CLUBへ入りました。
「いらっしゃいませ」
店員さんの威勢のいい声が響き渡る中、待合室で女の子の写真をフリップで見せてもらいました。

みんななかなか綺麗な子ばかり・・・
「どうしよう・・・。」
そこで、店員さんが
「コノ子どうですかね?ウチのNo1ですよ!サービスはモチロン!アソコの方も中々で、きっと気に入りますよ!!」
「じゃあ、コノ子でお願いします!」
時間も深夜の2時すぎ。しばらくして指名したミキちゃんがお迎えに
「どうぞ・・・こちらへ」
部屋に入ると同時に
「お客さんお酒はかなり入っているようですが、酔っ払ってますか?大丈夫ですかね」
といいながら、ズボンを下ろし即フェラを開始!
「あぁ〜なんという優越感・・・」

あれから1年、熊本に会社も移動になりすっかり熊本風俗街にハマってます。
肥の国だけあって、種は撒いていかないとね!
0
タグ: 熊本 風俗 




AutoPage最新お知らせ