2013/2/4

(無題)  

遅くなってすいません。後期Readingの和訳です。日本語がおかしい部分もありますが、そこはドンマイということで。少しでも参考になればうれしいです。では、1年生最後のテスト頑張りましょう。 斎藤 雅也


#17 卵を食べる事は本当に喫煙と同じくらい心臓に悪いのか
新しい研究は、週に卵を丸々3個食べることは喫煙と同じくらい動脈を肥厚させうるという事を発表している。何人かの心臓に関する専門家は「結論付けるのは性急すぎる」と言っている。

@朝食のオムレツはあなたの心臓に害を及ぼすのか?カナダにあるWestern Universityの研究者による最近の研究で、より多くの卵黄を食べるとより動脈壁が肥厚するという事を発見した。そして、その影響は喫煙とほぼ同じくらい悪い。

Aその研究で、研究者は心臓血管専門の診療所を探している平均62歳の男女1231人の動脈において頸動脈プラークの形成量を測定した。参加者は服薬、喫煙、卵黄消費量を含む詳細な生活習慣についての質問表を埋めた。研究者は参加者がどれくらい喫煙し、どれくらい卵黄を摂取しているかを何度も調べた。それには「Pack Years」(一日に消費する煙草の箱数×これまで喫煙してきた年数)、「Egg yolk years」(何年間に一週間何個の卵黄を消費してきたか)が指標として使用された。

B大体40歳以降に参加者のプラークは着実に形成され始めていた。しかし、もっとも卵黄を食べていた参加者― 一週間に3個以上の卵黄消費 ―では形成量は急速に増えたことを、その研究は発見した。人々の卵黄を消費する年月が多くなるにつれ、プラークも蓄積する。それは性別、コレステロールレベル、血圧、喫煙、BMIそして食事などの要因からは独立した関連性だった。

C最も卵を消費していた参加者の20%の間で、頸動脈におけるプラーク形成は研究におけるヘビースモーカーの大体2/3だった。研究者は卵を消費することによるプラークの増加は喫煙のそれと同じようなパターンを辿ると結論付けた。動脈におけるプラークの蓄積は心発作や脳卒中の主要な危険因子である。プラークができるに従い、それは動脈壁を肥厚させ血液が流れられるスペースを狭くする。そしてより強く心臓に収縮することを強いる。もしプラークが不安定になると、それらは剥がれ、血栓を形成するかもしれない。そしてそれは脳や心臓の血流を遮断し脳卒中や心発作を引き起こす。

D主研究員はかれらの発見が、食事の高コレステロールと心臓病との関連性における疑いを鎮めるべきだと主張している。「冠動脈心疾患の危険因子として食事の高コレステロールをみることを無視する傾向にある一般論は見直される必要があり、それは卵からのコレステロールの消費を含む」と主研究員は記述した。

E政府の食事ガイドラインでは、大人は一日のコレステロール消費を300mg以内にすることを勧めている。丸々1つの卵は約180mgのコレステロールを含み、これは推奨されている一日の限度の2/3近い。「卵は健康な人々のための健康な食事の一部になりうる」という「マントラその問題を混乱させてきている。高コレステロールの摂取は心血管疾患の危険を増すという事は長い間知られてきている。そして卵黄はとても高いコレステロール含有量がある。」とWestern’s Schulich School of Medicine & Dentistryにある神経学の教授である主研究員のDr. David Spenceは説明文で述べた。「食事において一日に一個の卵を消費することは冠状動脈疾患の危険性を2〜5倍に増加する。」

Fしかしながら、この研究結果は他の心臓の専門家の間で対論を巻き起こした。ABCニュースリポートによると心臓専門医はその研究はそんなに真剣に受け止められるべきでないと言った。なぜならその研究は欠陥があるからだ「この研究は非常に質が低い研究で患者の食事選択に影響すべきでない」とCleveland Clinic FoundationにあるCardiovascular Medicineの部門を取り仕切るDr. Steven Nissen はEmailで述べた。「関連性と原因との違いを理解することは非常に重要である」Nissenは、研究者がいくつの卵を消費していたか思い出すことを患者に求めたが彼らは一度しか質問しておらず、その時の答えをコンスタントに保たれると推察しており、それは信用できない。研究者が患者のプラークを図った方法はかなりの批判の対象になっているとNissenはいった。そして、研究者はたの食事の要因に対する調節に失敗した。

G実際、多くの卵を消費する人はまた、高脂肪分、高塩分もしくは高コレステロール食品をたくさん消費する傾向にある可能性がある。もしくは彼らはまた運動不足の傾向にあるかもしれない。研究員は関連性を磨き上げるには更なる研究が必要であるとしながらも心臓疾患の危険性がある人々は定期的に卵黄を摂取することは控えるべきだ。


♯18 鍼治療は慢性的な痛みを本当に軽減できるかもしれない
@何人かの人達は、定期的な鍼治療の施行は腰痛と頭痛を軽減する助けになることを強く保証している。Archives of Internal Medicineにおいて発表された研究において、 Memorial Sloan Kettering Cancer Centerの疫学者であり生物統計学者でもあるAndrew Vickersを中心とした研究者たちは、鍼治療は慢性的な痛みを軽減するのに標準的な疼痛治療よりも効果的であり偽物の針を使用するよりも僅かに効果が大きいと報告した。また、その本当の針による治療効果はプラセボ効果よりも大きい何かによる。

Aこの発見は、鍼治療の効果というサブジェクトにおいて最新の大規模研究での発見とは真逆のものだった。その研究内容とは、疼痛の軽減という点において鍼治療の技術は箸で適当に指すことによる偽物の鍼による治療と同じものに過ぎないということだった。しかしVickersは、研究者が再検討した17922人を対象にした29の先行研究のデータのメタ分析において先行研究では行っていない分析を行ったと言う。

B一つとして、Vickersと彼の同僚は鍼治療と疼痛軽減を含む最も厳格な研究のみを調査することから開始した。それらは鍼治療といくつかの偽物の針を使用した治療とを直接比較したものだった。その研究では鍼治療の標準によると身体のツボとしては知られていない場所にただ表面的に刺したり、置くだけだった。

Cこの研究の主研究員は先行研究における各研究員と接触し、彼らはどのように二つの治療グループを分けたかを聞きに回った。彼らの再検討を発表された最も堅実な研究に限ると、主研究員は、より自信を持って被験者による治療前後の疼痛の報告において鍼治療による本当の効果を評価できた。

D次に、単純に先行研究において研究者による鍼治療の全体的な効果を合計するだけでなくVickersのチームは参加者による疼痛の自己報告書の生データを求めた。この生データによりVickersと彼のチームは参加者の反応を標準化でき、より効果的な方法で参加者たちを比較できた。

Eこの結果は慢性的な腰、首、そして肩の慢性的な痛みと同様に、変形性関節症による痛みと頭痛も同様に軽減することにおける鍼治療の明白で強固な効果であることをVickersのチームは発見した。0〜100までの疼痛スケールにおいて平均して60の疼痛スコアから開始した参加者の間において鍼治療を受けた人々は疼痛の分布は平均して30まで改善し、偽物の鍼治療を受けた人は35まで、通常の疼痛ケアを受け、鍼治療を受けなかった人は43まで改善した。「鍼治療の効果は統計的に意義が深く偽物の鍼や偽薬の治療効果とは違う」とVickersは述べている。「そのため、我々は、治療で得られた効果は単なる偽薬効果によるものではないと結論づけた。」

F鍼治療は頭痛から腰痛や毎月の生理痛に至るまでの慢性的な病を抱える人を癒すために使用された古代中国の治療法である。しかしながら、この100年の月日が経過した治療は西洋医療にとっては完全に外様で、奇妙でさえあった。そのため気のような数量不可能な本質を受け入れるには困難な時間があった。このため西洋の研究者は鍼治療の有効性の証拠という対象を立証するだけでなくそれがどのように働くかもしれないことについてのヒントをいくつか証明することに苦闘していた。

G何人かのDrは快楽物質であり脳を飽和させ、痛みシグナルを麻痺させる疼痛消失化学物質であるエンドルフィンを放出するかもしれないと言う。しかし、そのような仮説は鍼治療をうけた患者がなぜ彼らの慢性的な痛みの発症頻度が昔よりも少なくなり激しくなくなったかということの十分な説明にはならない。何人かは鍼治療の効果は純粋に気持ちのもので、心理的な偽薬効果であると言う。しかし、どちらにしろ疼痛を抱える多くの患者にとって鍼治療は明らかな疼痛軽減を与えている。

Hこの研究に付随している注釈においてDr. Andrew Avinsにもし治療が効果を上げるなら身体的なことか、心理的なことどちらの効果であるかということは本当に問題なのかと尋ねてみなさい。「少なくとも、鍼治療の場合はVickersは鍼治療は慢性的な痛みの多様な原因を抱える患者に対する通常の治療において適切な効果を提供するかもしれないといういくつかの強固な証拠を提供している。」と彼は書いている。言い換えれば、この治療が効果があり、外を導くようなことがなければ、針を使っての治療は結局そんなに奇妙なアイデアではないかもしれない。


♯21 塩分を取るべきか否か。研究が食事の減塩の利点に疑問を呈した。
@何十年間、専門家は狭心症や脳卒中のリスクを減らすためアメリカ人が塩分消費量を減らすことを推奨してきた。しかし、新しい研究によると減塩は血圧を下げる一方、同時に別の心疾患の危険因子であるコレステロールの僅かな増加につながりうることが分かった。

AAmerican Journal of Hypertension においてデンマーク人の研究者が発表した。それは、減塩は正常血圧の人々の血圧を1%低下させ、高血圧の人々は3.5%下げたというものだった。しかし、他の変化がそれらの利点を相殺するかもしれないとも報告した。すなわち、減塩した人はまた、コレステロールにおいて2.5%上昇しトリグリセリドは7%急上昇という内容だった。高血圧と同様にコレステロールとトリグリセリド濃度の上昇は心疾患に対する危険因子である。過度のトリグリセリドはまた糖尿病につながりうる。

Bこの研究は適当に高もしくは低Na+食を割り当てられた正常血圧と高血圧の参加者を含む167の先行して発表された研究のメタ解析の結果だった。それから、その研究はいくつかの異なった代謝因子を計った。それには血圧、脂質濃度、体内Na+濃度が低下した時に腎臓によって放出されるレニンと呼ばれる酵素濃度、血圧を上昇させるためのNa+と水を腎臓で再吸収することを助けるホルモンであるアルドステロンを含んでいる。減塩はまたこれらのホルモンを増加した。

C主任研究員のCopenhagen University HospitalのNeil GradualはHealth.comに伝えた。「我々は血圧を低下させることは確かに心血管関連の危険性を低下したり改善するだろうという事は知っている。しかし、一方、コレステロールの増加はその危険性を増加する。これら2つの対立する影響はお互いにバランスがとれていそうにない。そのため正常血圧の人々において、減Na+の純粋な効果はないだろう。」

D心臓を守るためにNa摂取を減らすことについての一般的な忠告に対する疑問に関連したこの研究は最初のものではない。先行研究において、研究者は減塩は心臓に関連した出来事により死を迎える危険に影響を与えないことを発見した。「私の意見では低Naの推奨は決してそこにあるべきではない。なぜなら、これらをそうするような科学的な根拠はないのだから。」とGradualはMSNBC.comで報告した。

Eしかし、新しい研究の注意が提唱されても専門家は、その研究は人々に欲しいだけ多くの塩分を食べる事を許すものではないと言う。1つとして、解析において含まれた研究は概して参加者を僅かな期間(大体1か月以内)しか観察していないことを挙げた。それは体にとって、食事の変化に対して十分に反応するには十分な期間ではない。加えて、コレステロール濃度の僅かな上昇の多くは動脈壁の構築や心疾患への繋がりに最も関与するタイプであるLDLもしくは悪玉コレステロールは含まれていなかった。

F平均して、研究に含まれた参加者は1日に3358mgのNaを食べた。―概ね平均的なアメリカ人の消費量―そして高血圧の人は1日に2162mg消費した。U.S. health officialは、大人は日々のNaを2300mg未満に抑え、高血圧、50歳以上の人々そしてアフリカンアメリカンの人々を含むリスクを含むグループの人々は1500mgに制限することを推奨している。「我々はNaを多く食べている―多くの方法で―。そのため、現在のアメリカ人の食事において、Naを減らすことは誰かを傷つけると私は考えない。」とAmerican Heart Associationの報道官であり、Pennsylvania State Universityの栄養学の教授であるPenny Kris-EthertonはHealth.comに言った。

Gいくつかのデータは、塩分消費量を減らす全体的な推奨は要ないかも知れなく、特にNaを過剰摂取しない正常血圧の人々にとってはそうだろうと主張している一方、現在の研究が示すように、効果が小さいにも関わらず、消費量を減らす事はいまだに血圧に対して有益な効果を持ちうる。そのため、American Heart Associationと他の健康に関連する集団はNa濃度を低く保つ事を人々にアドバイスし続けている。一方では塩分の、体における影響は未だにブラックボックスの何かであることを認めている。


♯22 本当に感情を読むために、顔の表情でなく、ボディ−ランゲージに注目しろ。
@我々は、本のように人を読めると考えたがる。それは、内部の感情を与える、隠せない顔の表情に頼っている。すなわち、驚いた時の僅かな眉の上がり方や、にかっと笑った時のカラスの足のようなシワである。しかし、我々は強い感情になると考えるより顔の表情から読み取れることは少ない。我々が、表情こそ感情を伝えるものだと信じていようが、我々基本的に全く違うものを読み取っている。すなわち、それはボディーランゲージと社会的な手掛かりである。

AそれはJournal Scienceにおいて今週発表された研究から新しく発見された直感に反した発見である。Princeton, New York, エルサレムのヘブライ大学からの研究者がボランティアの研究参加者に、人が体験する究極の感情を示す絵のシリーズ見せた。その絵はポジティブなものとネガティブなものの両方があった。その画像は主要な大会において、点を取ったもしくは失ったプロテニスプレイヤーが含まれていた。また、乳首にピアスを開けている人の絵も含まれていた。

Bいくつかの画像において、研究者は研究参加者に表情を見せるだけにし、他の研究参加者には身体、その他の参加者には体と表情の両方を見せた。あなたは痛みを感じているか(乳首にピアスを開けている)もしくは彼がたった今ウィンブルドンを勝ち取ったかどうかは表情から明らかになると考えるかもしれない。しかし、そうではない事がわかった。

C「その中で、印象的な発見は、参加者が、彼らが表情を単離して判断しているとき、その感情がネガティブかポジティブかどうかの手掛かりを全く持っていなかったということだ。」と主任研究員のヘブライ大学のHillel Aviezerはこの発見を話し合うEmailの返信で語っていた。「それと比べると、身体で(表情でなく)判断するとき、もしくは身体と表情で判断するときはネガティブな表情からポジティブなものを簡単に識別した。

Dその研究は2重に驚きを与えた。なぜならその研究参加者自身は彼らがボディーランゲージや文脈上の手がかりでなく、表情から感情を認識したと考えていたからだ。彼「らは顔のどの部分が重要かという事についての彼ら自身の小さな持論を持ってさえいた。しかし、それは全て幻想だった」とAviezerは言った。彼は、もちろん、我々は表情から大量の目立った毎日の感情の情報を読み取っていると付け加えた。しかし、それはある状況で場合のみである。例えば、感情が個人にとって最も強く出た時、この伝達の信頼性は崩れそうだ。表情の曲解。我々は何か大きなことが起きている事は伝える事ができる。しかし何かが劇的にポジティブなのか呆気にとられるほどネガティブなのかという事を伝える事は難しい。
E記事ではAviezerと彼の同僚は顔の表情筋オーディオスピーカーに例えている。音量が最大にされると、信号の質が落ち、その伝達内容は識別が困難になる。我々が聞いている感情の信号には同じ様な類似性が存在する。我々は穏やかな笑い声が幸福を運び、静かなすすり泣きが悲しみを運んでいる事を知っているしかし、我々の大部分が恐怖の金切り声と喜びの甲高い声を区別するのは難しい。なぜなら、我々は度々、それらを明らかにするための文脈上の手掛かり無しに音を聞いているからである。―隣の部屋からの漏れ聞こえ―
我々は全てのケースでネガティブな感情とポジティブな物とを区別することはできないと考える傾向にある。しかし、我々はボディーランゲージや他人の近くにいることなしに表情を見ることは滅多にない。そのため、我々は感情が高ぶった時に表情が情報として有用でなくなると誤解しているのかもしれない。

FAviezerは彼の研究が、ポジティブな感情とネガティブな感情の古典的な教科書の区別は、それらが、我々が考えているよりも深い内在的な心理学的特徴を共有している可能性を含めるために見直される必要があるかもしれないと主張している。それは感情と経済、社会心理学、神経科学を結びつけるセオリーのための暗示を持ちうるかもしれない。

G「私は、この発見が、いくつかの臨床的な応用につながるものを持つかもしれないと考えている。」と彼は言う。「自閉症や様々な神経心理学的の障害を抱える個人の人数を考慮してください。これらの人々は顔の表情では理解が困難な事があることを我々は知っている。」「現在まで我々は、表情を解離しても、より良く理解してもらうために、訓練することで彼らを援助してきている。」
7

2012/11/5

和訳まとめ  


和訳が見にくかったのでまとめました。
本当に遅くなってしまい申し訳ありません。
ESSの部員のみなさん、ありがとうございます。



#9
 @いっぱいのコーヒーとともに始まる朝は、増進剤としてのカフェイン以上のものを与えてくれるかもしれない。国際健康機関(NIH)による最近の研究によると、カフェイン抜きのコーヒーをがぶ飲みする人であれ、以前のよくコーヒーを飲む人は、まったく飲まない人に比べて死亡する確率が低いことがわかった。

 A「コーヒーは、アメリカでも世界でも最も広く消費されている飲み物のうちの一つだ」と その研究の著者は書いている。コーヒーは刺激物であるカフェインを含んでいるので、コーヒーを飲むことことは一般的に不健康だと考えられている。しかしコーヒーは酸化防止剤や他の生物活性要素複合体が豊富に含まれている。

 B以前の研究ではコーヒーの消費と主要な死亡原因との間の関係性を様々な結果を伴って見てきた。「コーヒーを飲むことは死に危険性を増す危険性があると懸念されてきました。しかし、我々の研究結果はそれについての反例を示していると考えています。」と自由民権がん疫学・遺伝学では国立がん研究所 (NIH の一部では NCI)の主任研究員ニール博士、部は述べる。

 C研究において、NICからの研究者はNIHのAARP Diet and Health Studyに参加した50〜71歳の男性229119人と女性17341人を分析した。参加者は研究の始まりである1995年〜1996年にかけてコーヒーの摂取についての質問に答えた。そして彼らが死ぬまでまたは2008年12月に研究が終了するまで追跡調査が行われた。参加者は1日0杯〜6杯までの10のコーヒー消費の頻度に分類された。参加者の大半は彼らが飲むコーヒーがカフェイン入りかどうか、カフェイン抜きかどうかも報告した。

 Dコーヒーを飲まない男女と比較すると、1日につき3杯またはそれ以上飲む人は死亡するリスクが10%低くなった。1日に6杯またはそれ以上コーヒーを飲んだ男性はコーヒーを飲まない男性と比べて10%死亡するリスクが低くなった。1日に6杯またはそれ以上飲む女性は15パーセント低くなった。

 E全体として、コーヒーを飲む人はコーヒーを飲まない人に比べて、たばこを吸い、赤みの肉やアルコールを消費しやすい可能性があった。しかし、研究者がこれらの危険要因に合わせて調節した時、コーヒーを飲むことが死に反比例することが分かった。コーヒーを飲む人は心臓病、呼吸器疾患、脳卒中、負傷および事故、糖尿病や伝染病で亡くなりにくかったが、癌で亡くなることの減少との関連は見受けられなかった。

 F研究が観察だけに基づくようになってから、著者はコーヒーを飲むことが本当に死の危険を減らすのか結論を下せなくなった。研究者は、コーヒーを受け入れが一つの時点においての自己報告書によって記録され、おそらく長い期間の消費パターンを反映してないだろう事に注目した。結論としてより多くの研究者は、その傾向が本当に人口の変化を保っているのかを発見する必要がある。

 Gしかし研究者は、もしコーヒーを飲むことと死の危険性の減少が直接関係しているなら、それはコーヒーの多くの含有物と関連があるかもしれないと憶測している。「コーヒーの中には幅広い影響を及ぼしうる、見積もって1000の異なった含有物がある」とフリードマンは言う。「カフェインは最も研究されている。しかし、我々はこの研究結果はカフェインに関係しているとは考えていない。なぜならカフェイン抜きのコーヒー愛飲者において同じ結果が得られているからである。コーヒーはまた、多くの抗酸化剤を多く含み、そして多くの他の含有物は炎症とインスリン耐性に関係している。」

 H更なるコーヒーの含有物の分析が、そのメカニズムがどう働くかを理解するためには必要である。そして、どのようにコーヒーを飲んでいるかも問題だ。「どのようにコーヒーを準備しているかも重要だ」とフリードマンは言う。「ある人はエスプレッソが好きで、ある人はフレンチプレスが好きである。そして、これらはコーヒーの含有物を変化させうる。そして我々はそれを研究できなかった。」

 Iコーヒーを控えている人はあわてることはない。フリードマンが指摘するには、ベンティラテを求めて急ぐ必要はないとのことだ。「大切なのは結果を慎重に見極めることだ。」彼は言う。「コーヒーの異なる成分は、異なる人に異なる身体的影響を与えることがある。」




#11
 @食品医薬品局は、店頭で買えるHIV検査の初めての承認を考慮していた。それは消費者に、自宅で医学的管理をせず、ウイルスに対する迅速な検査を許したものだった。

 Aオンライン警告書によると、FDAの評論家は金曜日にオラクイックホームHIV検査は、HIV の拡散を遅らせるために著しい役割を果たすといった。

 BFDAの注意書き委員会がHIVの錠剤のTruvadaの予防に対する使用を承認した後に再検討する機会があった。もしFDAがそのグループの助言に従うなら、その日常の薬剤はAIDSの原因になるウィルスによる感染から健康な人々を守る最初の承認された薬になるかもしれない。

 C公衆衛生の専門家たちは、米国のHIV感染者120万人のうちその5分の一にあたる24万人は自覚していないと見積もっている。20年間新しい感染者は年5万人で推移してきたが、テストは新しい感染を防ぐおもな手段の1つである。

 DOraSure Technologies社の行った実験で、ウイルスを保因している人々の93%のHIVを検出した。その確率はFDAが推奨する正確さの95%の閾を下回った。

 EFDAの公衆衛生の専門家たちは、米国のHIV感染者120万人のうちその5分の一にあたる24万人は自覚していないと見積もっている。20年間新しい感染者は年5万人で推移してきたが、テストは新しい感染を防ぐおもな手段の1つである。

 F彼らの声明文書によれば、FDAの科学者はHIV検査の家庭用診察キットが広がる事の利益と危険性の両方に注目した。「情報が伝達する中に重要な個人的、公的な健康の価値が存在するが、別のやり方では、本当にHIVの疑いのない状態のテストを受けてない人が存在する事になる」と検査員は述べる。「しかしこの利益は、影響を受けてないという間違ったメッセージを受け取るHIVの疑いのない個々人による測定で相殺する」 そのいい加減な是認は明らかに投資者を脅かした。OraSoraの株は1.32ドル、11.8パーセント暴落し、通商で金曜に9.85ドルで止まった。

 G火曜日にはFDAは外部の専門家の委員会にテストキットはU,Sにおいて店頭販売を許されるべきかどうかを公聴する予定だ。その公聴は通常行われるのだが、FDAはそのグループの助言に従う必要はない。

 Hベツレヘムにおいては2004年から医師、看護師、他の健康に従事する開業医にOraQuickのあるバージョンを販売している。このテストキットは17.50$で売られている。しかし、OraSureは消費者バージョンの価格をどの程度にするかを話し合うことを宣言した。専門家が使用した時は、そのテストキットは保有者と非保有者を99%見極めるという正確性を示している。

 I消費者が試みた検査がなぜ正確性に欠けるかはっきりとしない一方で、CEOのダグミヒェルスは会社の経営者が次のように予想したと述べた。「消費者の手の中で起こった試みは、専門家によよって実行されたものと異なるであろう」と。OraSure社は5800人の人々に対して様々な性的嗜好、レース及び所得水準に関する新しいタイプの研究の検査を試みました。その試みによって、以前は診断できなかった役100人のHIV感染者を識別できた。

 JFDAはすでにHIVテストのキットを人々が家に持って帰ることを認めている。しかしその血液サンプルが必要なキットは結果を得るために研究所に送らなければならない。しかしオラシュアは家で全てできるテストはより広範囲の人々を引き付けるだろうと議論している。

 K会社の研究によると、OraQuickを使ってHIV陽性だと発見された人々の41%は決して正以前はテストをしていなかった。会社自身の要約した公文書において、会社はそのキットを使った全ての100万人の人々において9000人の新たなHIV保菌者が同定されると見積もっている。






#15
 @犬や猫は、あなたのこどもが風邪をひく危険とどのような関係があるのだろうか。最近の調査によると、犬や猫はこどもが生まれて1年目に咳や鼻風邪にかかる危険を軽減してくれるのかもしれない。

 A小児科雑誌の報告によると、研究者は家でペット、すなわち犬または猫と育つ赤ちゃんは、ペットのいない環境で育つ赤ちゃんより風邪をひきにくいと言っている。この結果は、赤ちゃんを清潔すぎる環境におくことは、健康によくないという概念を支持している。以前の調査ではペットの存在は赤ちゃんの間でより低いアレルギー症状とむすびついていたが、最近のマウスの研究では犬のいる家のほこりにさらされることは、子供のぜんそくの危険を増すと考えられている、一般的な呼吸ウイルスの感染を防ぐと分かった。

 Bそれならば、ペットはどのようにしてこれらの病気に対して守るのだろうか?これは完全には分かっていない。しかし、研究者はペットが外から家に持ってくる微粒子と同様にペットのフケに晒されることは赤ん坊の成長途上の免疫系システムを活性化し、早期に動物か他のバクテリアとウィルスからのばい菌や一般的なアレルギー源や病原菌による感染を除くように鍛えられると考えた。

 CEija Bergroth (フィンランドのKuopio University Hospotalの小児科医で、現在の研究のリーダー)は「私たちはペットにさらされることで免疫システムを成熟させることができ、そのため最近が体内に入った時にそれらに対してよく準備ができているだろう。」と言っている。Bergrothと彼女の同僚たちは、その理論を証明するための、免疫組織マーカーを見つけようとした研究で赤ちゃんを分析することはなかった。しかし、彼らは子供たちがアレルギーやぜんそくにならないように助けるのと同じプロセスによって幼児がほかの人より風邪になりにくい理由を説明できるかもしれないという仮説を立てた。

 D研究者たちは、研究のために2002年から2005年の間にフィンランド生まれの397人子供を追跡調査した。生後1年間、両親は週あたりに子供の健康の記録をつけ、せき、鼻水、耳の感染症のような症状を書き留めた。彼らはいつ子供が抗生物質を処方したかも記録した。ペットと一緒に成長した赤ちゃんはペットがいない赤ちゃんと比べて耳の感染症に44パーセントかかりにくくなり、抗生物質の服用が29パーセント低くなった。

 EDr.Bergrothの研究によれば、ペットとの接触のこととなるとさらに、タイミングの重要性が強調されてくる。:これまでのところすべての証拠が、ペットとの初期の接触がこどものアレルギーと喘息に罹る危険を低下させることにおいてもっとも有用かもしれないことを示唆している。というのも、生命の最初の年の間、こどもの免疫システムはいまだに外敵からの微生物の友をどのように認識するか学習しており、ペットの毛という形態の少量の接触を伴った初期の訓練が有効かもしれないということであった。

 F風邪と耳の感染症に関して言えば、しかしながら、Bergrothの研究は、興味深い意外な展開を見つけた:ペットと共に育った子供は、全体的には健康だったが、ペットがあまり密着していない赤ちゃんがもっとも健康効果が高かったように思われた。一日六時間以下犬と室内にいる人は、一日中犬といる人に比べて感染症になる確率が低かった。動物が、外からよごれや微生物を運ぶ量が増えれば増えるほど、赤ちゃんの免疫系の発達を早める手助けになる。

 Gしかし、ペットの良いニュースにも関わらず、もしあなたが一匹も飼っていないとしても犬や猫を飼う事が必要であるということでは恐らくない。一つとして、いくつかの先行研究は、アレルギーや喘息の症状を発症しているかもしれない赤ん坊にとって、ペットと一緒に住むという事は彼らの症状を悪化させうると示してきた。Bergrothはまた、彼女の研究はフィンランドの郊外や田舎に住む赤ん坊たちに焦点をあてている事、これらの地域において犬や猫が室内にもってくる微生物はもしかしたら都市部に住むペットにより運び込まれるそれらとは違うかもしれず、都市部の不衛生なごみ容器や下水道は幼児に助けになるよりむしろ害になるかもしれない細菌を繁殖させうるということを記している。

 H終わりとして:あなたは風邪から赤ん坊を守るためにペットを早急に飼うべきではない。また、乳幼児に鼻などを擦り付ける事によって害を与えるかもしれないという恐れを無くすためにFidoを排除するという心配をする必要もない。




#16
 @幼児が寝ることができない場合、通常、母親も父親もまた、睡眠を得ていないことを意味する。それは、次には、母親の抑鬱症状の危険を倍にし、結婚での争いを引き起こし、小児科医への高価なたびに帰着させる場合がある。

 A眠らない赤ちゃんに眠りトレーニングをするかどうか思いめぐらす疲れ果てた両親のため、小児科の新しい研究は、いくつかよいお知らせがある。自分でねむることを赤ちゃんに教える、一定の期間、赤ちゃんを泣かせたままにしておくことは、子供に長期間の精神的ダメージや赤ちゃんと両親の絆を弱めることなく、短い時間家族がよりよく眠るのを助けることができる。

 Bこの研究ではControlled-comfortingとcamping outで知られる2つの就寝訓練の方法を調査した。両方とも短時間、赤ん坊を泣きっ放しにしておく方法である。Conrolled-comfortingは赤ん坊が、自身で落ち着く事を促す為に両親が子供の泣き声に反応までの時間を徐々に伸ばすことが求められる。Camping outでは、両親は赤ん坊が寝付くまで近くに座り、そこから徐々に、両親が部屋を出て幼児が一人で寝付くまで徐々に椅子を離れさせる。

 Cどちらの方法も一晩中子供を泣かせておくほど極端なものではないが、赤ちゃんに長期間の感情的・心理的害を引き起こすのではないか、ストレスとうまく付き合う能力を害したり、親との関係を損なわせるのではないか、という心配のために批判されてきている。

 Dオーストラリアの研究者による新しい研究では、7か月で両親から報告された睡眠障害を持つ326人のこどもを含んでいた。その赤ん坊の半分は睡眠トレーニングのグループに置かれ、両親はそこでcontrolled comfortingまたはcamping outテクニックだけではなく、役に立つ就寝時の習慣を学んだ(両親が使いたい戦略を選ぶことができる)。そして半分は睡眠訓練をしないcontrol groupに置かれた。研究者は5年後に当事者とその両親を追跡した。(研究の終わりまでに、約30パーセントの家族がやめていた。)

 E子供が6歳になるまでに、研究者は、情緒的な健康、振る舞いあるいは睡眠に関して一方のグループに子供間の著しい違いを見つけることはできなかった。実際、制限されたグループの中でわずかばかり多くのこどもが、睡眠を訓練されたグループと比べた場合、情緒的もしくは行動上の問題を持っていた。研究者はまた母親の鬱病もしくは不安のレベル、そして睡眠トレーニングをした、またはしていない家族間の親と子供の繋がりの強さについても違いを見つけることはできなかった。

 Fその一方で、その研究の初期のデータでは睡眠訓練が機能したと示されている:赤ちゃんは簡単に寝ることができるようになり、夜長い時間眠っているようになる。筆者らはその所見に基づいて次のように結論付け、この手順を推奨するために健康管理の専門家にさらなる訓練を行うことに加えて、この方法についての親の教育を推進することを呼び掛けている。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ