キャスケットの被り方  

キャスケット(Casquette)は、ハンチング帽の一種です。


アメリカなどでは新聞売りがかぶっていたことからニュースボーイ・キャップ(Newsboy cap)と呼ばれています。キャスケットとはフランス語で鳥打帽という意味です。


キャスケット本来は男性が狩猟時にかぶるものでしたが、近年クラウンの前部が大きく膨らんだデザインにアレンジされ、現在では女性用の帽子と言う認識が強いです。


もちろん、男性用や子供用というものも販売されています。


平成18年あたりから人気急上昇中のキャスケットは、丸顔の人が似合う帽子と言えます。深さや幅のあるものを選び、頭部よりやや後ろから後頭部をすっぽり収めるように斜めにかぶります。布に軽くたわみをもたせるようにして形を整え、顔周りの布地を見せると、丸顔がバランスよく見えます。


20130413181651


しかし、ツバ端が地面と平行になるようにキャスケットをかぶると、丸顔の人はコックさん風になってしまいバランスが悪いですから避けましょう。


基本的には、


@上からすっぽりと被ります。


A前の位置はお好みで調整。前髪生え際少し上で被ると、前髪がぺちゃんこになりません。


後ろは、しっかり後頭部を入れて被れば、脱げにくいです。


Bガーリー、森ガール、モードに被るなら、ボリュームを後ろへ引っ張り落とします。


左右どちらかお好みの方へ倒して斜めに被るとかっこ良く、お顔をシャープに、顎のラインをすっきり見せることができます。または、つばを作るように前斜めにボリュームをもってくると、よりかっこいいです。


また深さがあるものは、両耳をすっぽりいれて被っても可愛いですよ。


個性的に被るなら、左右どちらか落ち着く方へつばを斜めに傾けて、逆側の後ろにボリュームを持ってくるように後頭部を入れて流します。逆側の耳を見せる感じです。


ロングヘアーの方なら、髪を全部中へ入れてスッキリと、横くくりにしてその同じ方向へ倒して被って女性らしくなど、ヘアーアレンジによっても雰囲気がガラリと変わります。


あと、前後ろ反対に被るというのもあります。


関連リング:http://blog.witdeals.com/

0

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ