2015/3/14

格安テレアポ価格の盲点  

今回は、一例ですが価格のみでテレマーケティングテレコール営業代行テレアポ営業代行会社を選んだ場合の事例です。

なぜ、格安テレマーケティングテレコールテレアポ営業代行会社はできるのでしょうか?

まず、人件費の問題です。

スタッフはパートの方で地方、および海外にコールセンターがある場合が多いです。

窓口は東京などの主要都市で活動し、それをそのままコールセンターと共有化する。

そのようにすれば、一番かかる人件費が安く済みます。

しかし、デメリットとしてはトークスプリクトと通りしか会話ができないや、棒読みのテレコールになってしまうことです。

つまり、「考えて会話する」という本来の質を求めたテレアポができにくい点が上げられます。

また、PDCA(※Plan(計画): Do(実施・実行):Check(点検・評価): Act(処置・改善)を繰り返し行なうことで業務を継続的に改善)ができにくい環境ですから、テレアポ内容や技術の進化するスピードが遅くなりがちです。

また、パートさんの場合はテレトークに責任を持たないケースも見られます。

特に、何分以内に何件のテレコールアポイントをとらなければならないというノルマのあるテレマーケティングテレコールテレアポ営業代行コールセンターは、ノルマに縛られ、とりあえずテレアポなどの簡単な粗悪アポイントが多くなってしまいがちです。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ