サンタクロースの冒険  サンタクロース

 「サンタクロースの冒険」は、アメリカの児童文学作家でファンタジー作家の、ライマン・フランク・ボームによって1902年に発表された児童文学作品です。ライマン・フランク・ボームは、60編以上もの童話、児童文学作品を執筆しています。その中でも特に「オズの魔法使い」に代表される「オズ」シリーズの作者として有名です。またライマン・フランク・ボームは、エディス・ヴァン・ダイン、ローラ・バンクロフトなどの、女性の名前を使ったものをはじめとして、多くのペンネームでも活動していました。そして戯曲家、俳優、として活動したり、映画を自主製作したりしていました。

 このライマン・フランク・ボームによって書かれた「サンタクロースの冒険」は、サンタクロースがまだ少年であった頃のことを描いた物語です。バージーの森に捨てられてしまった少年クロースが、森にすんでいる仲間たちと一緒に成長していく姿が描かれています。

 「サンタクロースの冒険」は日本においては、テレビアニメとして放送されていました。「サンタクロースの冒険」は、「少年サンタの冒険」というタイトルが付けられました。そしてTBS系列で1996(平成8)年4月6日から9月21日まで、全24話が放送されました。
0

サンタクロースが題材のアニメ森のトントたち  サンタクロース

 サンタクロースが題材になった作品はいくつもありますが、日本においてアニメ作品になったものの中で、有名なものの一つとして、「森のトントたち」があります。「森のトントたち」は1984(昭和59)年10月5日から1985(昭和60)年3月29日までフジテレビ系列で放送されていました。「森のトントたち」が放送されていたのは毎週金曜日の夕方17時30分から18時まででしたが、一部の系列局によっては、他の時間帯や他の曜日に放送されているところもありました。

 「森のトントたち」は、フィンランドに伝わっているサンタクロース(フィンランドではヨウルプッキ)の古くからの言い伝えをもとにして、描かれています。サンタクロースは、クリスマスの時には、空飛ぶトナカイに引かれた空飛ぶソリに乗り、世界各地の良い子たちのもとにプレゼントを配ってまわっていますが、クリスマス以外の時に、サンタクロースはどういう生活をしているのかはあまり知られていませんでした。この「森のトントたち」ではサンタクロース(ヨウルプッキ)がそのお供である妖精のトントたちとの日常が描かれています。つまり、サンタクロースはクリスマス以外の時は、いったい何をして生活しているのかを描いた作品です。
0




AutoPage最新お知らせ