きれいな血液とは

2013/2/16 
今日も血液サラサラな食生活を目指していろいろと情報収集をしてみたよ。

気をつけないといけないのは悪玉菌みたい。
悪玉菌が増えると腸が弱くなり汚れが貯まり、血液がその汚れを吸収してしまうみたい。

----
栄養(ミネラル、ビタミン)の少なくなった野菜、お肉や油物の食べ過ぎ、汚れた腸は血液をよごします。血圧、中性脂肪、健康がきにんるあなたの腸は大丈夫?

さらに、残留農薬や食品添加物、さらにストレス等は、腸内の善玉菌を弱くし、腸内環境が悪くなり、今“腸”の健康な人が減っています。

健康な腸内では善玉菌が優勢に働いていますが、弱った腸では悪玉菌が優勢に働きます。

悪玉菌が増えると腸は汚れ、“汚れた腸”では食べたものがきちんと消化、

分解、吸収できないので老化を早めます。汚れた腸はメタボリックシンドロームになりやすく…

また、腸が汚れると、腸内バリアが弱まり、有害物質や、臭いおなら(有毒ガス)等を防御できず、血液中に入り込み、血液が汚れ、病気の原因を作ります。
0
タグ: 血液 サラサラ 健康



AutoPage最新お知らせ