2013/3/15 | 投稿者: konkichi

この前知り合いから聞いたんですが、
地図イラストの編集には、大きく分けて2通りあります。1つ目が、ダウンロードした地図画像を印刷して、手書きで色をつけたりポイントをマークしたり編集し、それをスキャナで読込、取り込む方法です。もう1つは、画像編集ソフトを使ってすべてパソコンで編集する方法があります。
このオリジナルの地図を作成するには、2つの方法があります。画像編集ソフトを使って作成する方法とアナログ的に手書きで作成する方法です。手書きの場合は、ダウンロードした地図画像を印刷しそれに色づけしたり書き込んだりします。出来上がったものをスキャナでパソコンに取り込むといった作業です。最後に、最近の地図関連の傾向を紹介します。それはインターネットの地図サービスを利用することです。有名なのがGoogle MapやALPSLABです。これらのサービスを利用して目的の場所の地図にリンクさせたりできます。また、その地図上にオリジナルのデータを重ねて表示したりできる機能もあるので是非利用してみてください。最後に新しい形の地図サービスを紹介したいと思います。それはインターネット地図サービスを利用する方法です。Google Mapなど有名ですが他にもALPSLABなど地図を提供しているサイトがあります。この地図を利用して自由に情報を重ねて表示したりできるようになります。こういったサービスを利用したサイトが今後増えてくると思います。
最後に今話題のインターネット地図サービスを紹介します。それはGoogle MapやALPSLABなどの提供する地図サービスを利用することです。これにより目的の場所の地図へリンクを張ったり、地図に情報などを重ねて表示させたりといろいろな使い方ができます。今後こういったサービスを利用したホームページやブログが増えてくると思います。便利になってるもんですね〜
0

2013/3/15 | 投稿者: konkichi

よく聞く話ですが、どうでしょう?
幼児の耳は3歳までにできあがる、と言われています。絶対音感を養うためには3歳までに音楽を学ばせろ、なんて言いますが、英語にも同じことが言えるのでしょうか。幼児のうちから英語を「聞く」ことを積極的に取り入れている家庭が多いようです。そのためには教材は非常に便利なツールです。
幼児の英語教育に欠かせないのが専用の教材。親が流暢に英語を話せる場合以外は、ほとんどが教材に頼ることになると思います。幼児のための英語スクールもありますが、好きなときに家で取り組める教材の方に若干分があるでしょう。小さい子供を連れて歩くのはそれだけで大変ですから。幼児向けの英語教材は単語単語をぽつぽつ覚えさせるものより、長文を聞けるようなものがおすすめ。小さいうちは耳を英語に慣らすだけで十分です。大人でも英語の勉強は聞くことが大事だと言われていますよね。字を書けない、日本語もまだ覚束ない幼児なら、なおさらのことです。
幼児向けの英語教材は、けして安いものではありません。数万円から数十万円するものがほとんどです。安い買い物ではないのですから、できるだけ高い効果が得られる物を買いたいですよね。ローンを組んでまで買ったのに、すぐに子供が見向きもしなくなるような教材は論外です。幼児の英語教育において親が期待するものとはなんでしょう。英語力の土台作り?もちろんそれもあるとは思います。ですが多くの親は、我が子が幼い頃から英語に触れることで、日本以外の文化、価値観と意識せずに触れ合わせることを目的にしています。そのために決して安くはない教材にお金を払っているのです。
幼児期の英語教育では、やはり楽しいことが重要。受験や仕事に直結する英語の勉強とは違います。小さい頃から楽しく遊んでいることで英語に対する抵抗感はなくなります。逆に無理矢理教えようとしたり教材がつまらないと、その体験は大きくなってから英語嫌いとなって現れることもあります。
ってそんな事の知ってましたか?
イオン ゴールドカード 海外保証
0




AutoPage最新お知らせ