具体的にマイホームを購入しようとしている人

2013/3/23 
そういえば最近こんなことをよく聞くのですが
フラット35は、具体的にマイホームを購入しようとしている人にとっては非常に身近な話題です。ローンを組む際最も重要なのは金利と支払い年数です。住宅ローンというのは莫大な金額を長期に渡って支払うわけですが、金利によって支払う金額が大幅に違ってくることがあるのです。
マイホームの購入は人生で最も大きな買い物だと言われています。実際に住宅を購入して、住宅ローンを組む場合に強い味方になってくれるのがフラット35と呼ばれる長期固定型金利の住宅ローンです。このローンの組み方だと、金利の変動によって支払い金額が変わることはありません。フラット35というのは民間金融機関と住宅金融公庫のコラボレートすることによって実現した、金利が一定タイプの最長35年の長期ローンです。ローンを組んだ時点で返済終了までの返済額が確定しますので、将来にわたっての、金銭的な計画は立てやすくなります。
フラット35というのは民間金融機関そして住宅金融支援機構が提携して提供しているプランです。金利の変動がなく、返済金額が終了時まで分かっているので、長期にわたるライフプランを立てやすくなります。フラット35は最長で35年までのローンを組むことができるのです。フラット35は金利が変わらないので、ライフプランを立てやすいと言うメリットがあります。しかし変動金利の場合だと金利が一気に下がって支払い金額が少なくてすむ場合も、高いローンを払い続けなければならないというケースもあります。もちろん逆もあり得ます。
金利の変動による返済金額の増減がない、フラット35のメリットはまさにこのことに尽きるでしょう。しかしデメリットもまたこも点に要因があるのです。つまり金利変動型のローンだと金利が下がることによって返済金額も少なくてすみますが、フラット35だとそうはいかないのです。
ちょっとびっくりだよね。
0

投資信託の基準価額

2013/3/23 
こんな記事もありましたよ〜
投資信託の基準価額の速報値は毎日計算されて公表されています。株でいえば株価にあたるのが投資信託の基準価額(あるいは基準価格)と呼ばれるもので、投資信託の価値を表すものです。投資信託を購入する場合、約定日の基準価額が約定金額となります。
投資信託の基準価額(基準価格ともいいます)は日々計算されて速報値として発表されています。投資信託の基準価額は株でいえば株価のようなものですが、1日の間で値段が変わる株価と異なり、投資信託の基準価額が決定されるのは1日1回です。投資信託の売買はこの基準価額にもとづいて行われます。ご存知のように投資信託は投資家から集めた資金をまとめてファンドを組成し、株や債権などで効率的に運用するものです。投資信託の運用により得られた収益は、分配金や基準価額の上昇というかたちで投資家に還元されます。投資信託の基準価額は1万円前後に設定されているものが多く、個人でも気軽に投資信託を始められるようになっています。
そもそも投資信託とは多くの投資家から集めた資金をひとつにまとめて株や債権などに投資して運用するものです。このようにして得られた利益は、分配金として投資家に支払われたり、投資信託の基準価額の上昇という形で投資家に還元されることになります。投資信託の基準価額は1万円前後になるように設定されているものが多いようです。それでは、投資信託の価値を表す基準価額はどのように計算されるのでしょう。投資信託に組み入れられている株や債権などの有価証券を時価評価し、利息や配当金などを加え運用のコストを差し引いた純資産総額を、総受益権口数で割ったものが投資信託の基準価額となります。
さて、投資信託の基準価額は具体的にはどのような方法で算出されているのでしょう。まず、投資信託に組み入れられている有価証券の時価総額に債権の利子や株の配当金を加えて投資信託の資産総額を求めます。次に資産総額から運用コストを引いた純資産総額を求めます。最後に純資産総額を投資信託の総口数で割ったものが投資信託の基準価額となります。
何だかよくか理解できないよね?どうかな?
カードで海外保険
0



AutoPage最新お知らせ