2009/6/19

サックス特別講座 岡野秀明 レビュー  岡野秀明 サックス特別講座 レビュー 評判 口コミ 評価




詳細はこちらをクリック


〜実践者の声〜

「60歳代でクラシックサックスの先生に認められた!」

■群馬県 O・H様さん

私は現在61歳、30年以上のブランクを乗り越え、
4年前からサックス吹きを再開。
クラッシクサックスのレッスンも受け始めました。
しかし、ここ1〜2年以下のようなことをいわれて、
もう先が無いのにと思い、悩んでおりました。

・あなたの音はいつもふらついて安定しない。
・参加していた市民バンドからは、音程が悪い、
音がでかすぎると散々です。

レッスンの先生の言葉ではどうすればいいか良く分からなかったんです。
 そこで、だまされたと思いこの「掟」を購入しました。
(すいません岡野さん)

「掟」は、良い音色を出すのに何をしたら良いかという事が、
具体的にわかりやすく書かれています。
でも、私にとって凄く支えになったのは、
どんなつまらない質問にも真摯にお答え頂いた事です。
例えば、
・唾液が多くて困っている。
・息を出す感覚が分からない。
・リードが最近合わない、MP中毒症状ついての質問

効果は、徐々にでなく質問に答えてもらった日に急に出ました。
 
「掟」開始後2ヶ月後、 知り合いのレストランで、
フルート仲間とコンサートがやらさせてもらいました。

打ち上げの時に、「お前練習で手抜いていたろう! 
今までの音と今日の本番で音色が全然違うじゃない!」

聴きに来ていた、クラリネット吹きからは、
フルートとサックス(ソプラノ)で音色が全然違うのに、
綺麗にハモってましたと。
(これって、お世辞半分でも最高にうれしかったです。)

そしてついにレッスンの先生の顔が変わったのです。
ブレマンのエチュード吹いたところ、
「不思議なくらい非常に良くなった」と言われました。
「音に勢いが有って、pで音が震えないし、fは力強い、
なにより堂々としている。(応援メールのおかげです。) 
体の中が、良い張りになってるでしょう。」
 
その後先生と話をしました。
色々苦労する事は良い事で、何より大事なのは、
良い感じに吹けたときの感覚を、文字にして、
「キーワード」にする事ですといわれました。
なんとそれらは「掟」そのものなんです。
少々興奮しております。(それほど嬉しいんです。)

この講座は役立つ事がいっぱいですが、 
1番私が気に入ったのは、14の掟の練習を始める前に
「楽器に名前をつける」事です。
こんなこと今までの参考本にありましたか!


詳細はこちらをクリック


〜追伸〜

「また今度でいいや」と先送りにしてしまうと、
そのうちこの特別講座のことを忘れてしまい、
せっかくのチャンスを逃してしまいます。

「思い立ったが吉日」という言葉があります。

成功しない人、結局その場に止まってしまう人全てに共通している性質は「物事を先送りにすること」です。

本気で良い音を出せるサックスプレイヤーを目指すのであれば、
最初の一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

今はじめれば、わずか3ヶ月後に【自信を持った音】で
サックスライフを送れるんですよ。

いま、吹奏楽部やジャズ研に入って、または頑張った自分へのご褒美で
ボーナスであこがれのサックスを買ったは良いけど
【壁にぶち当たっている人】いませんか?

新入学や新生活で春からサックスを始めることにしたあなた!
うかうかしている他の人より確実に1歩も2歩もリードできるチャンスが
ここにあります。

楽器を持っているただの人か、説得力ある音を出せる人かで
パフォーマンスには月とスッポンの差が出るのは、
受講生の皆さんのコメントを呼んでいただけば明らか。

あなたが決意すれば3ヵ月後、今と同じ音で悩むことはありません!

もし今、反対に決意がなければ、3ヵ月後同じように悩んでいる
あなたの姿があります。

あなたはどちらを選びますか?

1日早く始めれば、1日早く結果が来ます。


続きはこちら



このブログは、岡野秀明さんのあなたのサックスの音が90日間で人に認められる音になる方法【特別講座】の口コミ 感想 レビュー 評価 購入者の声 評判 ブログ検証 暴露 比較 ランキング クチコミ 内容 効果 方法 教えて 日記 コメント プロフィールなどの情報を公開しているブログです。



その他の口コミ情報はこちら

エレキギター最速上達法 倉崎勉 感想

ドラム上達プログラム 菅沼孝三 レビュー

完全ノーリスク在宅ビジネス 即金マニュアル





























0

2009/6/19

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ