2012/11/7

鍋がおいしい季節  

もう11月ですね(^_^;)
しばらく更新ができませんでした。

年末に向けて仕事も忙しくなりますし、クリスマスや忘年会など
いろいろ行事があって大変忙しい方もいると思います。


そこで今回は何かと外食や飲酒が増える年末、年始のために
お酒についてちょっと気にするべきことをお伝えします。

「眠れないからお酒を飲んで寝ちゃおう」
「お酒を飲んだんほうがグッスリ眠れる」
という声を聞きますが

よい眠りのためには寝酒は絶対よくありません。


確かにお酒を飲むと眠くなることがあります。
しかしそれは一時的、部分的な作用です。
アルコールは神経系統に大きな負担をかけてしまうので
結局は眠りが浅くなってしまいます。

お酒を飲んだ次の朝スッキリしないのはそのせいです。

なのでできる限り寝酒は避けましょう。
0

2012/9/28

朝はご飯を食べたほうがいい?  

おひさしぶりです^^だいぶ肌寒くなってきましたね。


最近は書店などに行くと

「食べない健康法」とか

「空腹が人を健康にする」などの小食を肯定する本が並んでいます。


一方の母親やご年配の方は

「きちんと三食食べないといけない」

「朝食は抜いてはいけない」

という方もいます。





食欲の秋ですからみなさんも「楽しく」「おいしく」「健康に」

食事はしたいと思います。




以前ダイエットをしていた女性から聞いた話ですが

食事の時のカロリー計算とか超めんどくさいそうです(^_^;)




しかし、実際は

健康のために朝食を食べたほうがいいのか、

食べないほうがいいのか、はその人の体質によって違います。


人間は工場で作られた部品ではないので


体質や体の免疫力も性別や年齢によって違います。

(当たり前のことですが)




日ごろ忙しく冷え性だったり、体調が不安定な人は

エネルギーを保持し続ける力が弱いので

朝食は取らないとたちまち消耗してしまいます。

ちなみに私は背の高いやせ形なのでこのタイプです。

朝食を抜くと昼前には空腹で大変なことになります(>_<)




中肉中背、消化力が強く新陳代謝がよい人も朝食を取らないと

昼までに消耗してしまいます。

ただし、消化力がつよいのでついつい食べ過ぎてしまうことがあります。

仕事で使う分や、生活に必要な適切な量の食事をとることで

より元気なる方が多いです。




一方で普段オフィスワークで動くことが少なく、冷え症や眠気、

便秘などの消化不良などの症状がある人。

肥満傾向のある人は

朝食は軽くすませるか、白湯や果実を軽く取って

終わりにしてしまうほうが健康に良いようです。

胃がもたれていたり、食欲が起きないときにたっぷり朝食をとってしまうと

とたんに体が重くなったり眠気、疲労感などを感じてしまいます。


朝起きたらまず白湯など温かいものを飲み

体と相談しながら体調に合った量を取りましょう^^
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ