認知症は、脳神経のトラブルによって起こる疾患です

2013/4/27 
認知症は、脳神経のトラブルによって起こる疾患です。アルツハイマー型と脳血管性疾患の2つのタイプにわかれますが、最近では、アルツハイマー型の認知症の人が増えていて、凡そ6割を超えるほどになっています。アルツハイマー型は、脳にアミロイドベータタンパクが溜まってくることで、脳神経細胞が障害を受け、認知症がでてくるものです。アルツハイマーの場合、脳組織の萎縮が見られます。加齢から起こるものが大半ですが、一部、遺伝性のものもあります。

脳血管性疾患型の認知症は、、脳出血や脳梗塞を起こしたことで、脳内の血流の障害から脳神経細胞にダメージを与えることで起こるものです。実際に脳卒中から脳機能の障害が出ていなくても、微小脳梗塞などで血流が悪くなることから、脳機能が低下している人も多くいます。その他の原因として、パーキンソン病、脳炎などの神経疾患や感染症、脳腫瘍、過度なストレスなどが引き金になって起こる場合もあります。認知症は、早期の発見がきわめて大切になります。

特に一人暮らしの老人の場合、自分では、なかなか症状の変化に気づきにくいため、周囲の人達がちょっとした変化に気づいてあげられることが大切です。最新の研究では、食事や運動を改善することで、予防や改善に効果的な方法もわかってきています。75歳を過ぎる年齢から増加傾向にあります。社会との交流から避ける年代ということもあり、1人で一日を過ごす時間も相対的に多くなってしまうのも認知症を進めるきっかけになります。好奇心や興味をかきたてて、地域や企業主催のサークルなどに参加して、人付き合いあいや社会参加することは、認知症予防につながります。意識的に認知症を遠ざけるような生活をすることが大切になります。
アバクロ ニット
アバクロ シャツ
0


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ