2012/10/12

 湯梨浜町出身で、  

 湯梨浜町出身で、西本願寺(京都市)の絵師として昭和に活躍した渡辺柏舟(1908〜88年)の作品を集めた特別展「絵所絵師渡辺柏舟の世界」が29日、鳥取市覚寺堤下の渡辺美術館で開幕親族や同町の関係者ら約80人が集まり、オープニングセレモニーが開かれた来場者は色鮮やかな仏画や日本画の美しさを楽しんだ展示は11月4日まで入館料(一般900円など)のみで観覧できる
 柏舟は、寺での仕事が中心だったため、世に知られる作品は少ないただ一方で、全国の社寺に寄進された神仏画に多くの作品が残っており、知る人ぞ知る絵師とされる
 今回は、画材道具なども含め約110点を展示聖徳太子像では日本最大の「聖徳太子御影」のパネル展示や、現実には同時に咲くことのない四季折々の花を一緒に描いた「四季の花篭」などのほか、優しいタッチの花鳥画なども並ぶ
 自身も画家で、日展評議員を務める長男の信喜さん(70)は「小さい生き物をモチーフにした分かりやすい作品が多いので、たくさんの人に楽しんでもらいたい」と話している織田裕二主演で現在公開中の映画『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』ドラマスタート時からメガホンを執ってきた本広克行監督が、ORICON STYLEのインタビューに応じ、“踊る”の監督担当が織田裕二の推薦によって起用されていたことを告白した

【踊る特集】青島とすみれのキスシーンを提案するも却下されていた・・・

 映画『サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUS』(00年)や『サマータイムマシーンブルース』(05年)、『曲がれ!スプーン』(09年)など数々のヒットを放ってきた本広監督その名を世間に一躍知られるようになったのは、やはり『踊る』だ

 本広監督は、同作との出会いについて「織田さんからの逆指名なんですよ」と驚きの過去を紹介「“踊る”の前に、ドラマ『お金がない!』で僕はディレクターの一人として参加していたんですが、織田さんがその時の演出や、僕が最初に撮った映画『7月7日、晴れ』を気に入ってくれて、『何か一緒にやりたいね』と話していたんです」と当時を懐かしむその後、主演の織田自らプロデューサーの亀山千広氏(現エグゼクティブ・プロデューサー)に本広監督を推薦したという

 出世作にして代表作となった『踊る』もついに完結「本当に終わるのか?」という質問を今も受けるといい、「僕はもうできないけれど、若手がやると言えば…勢いのあるプロデューサーが出てきたら可能性はありますよね」と今後の展望をポツリまったく同じことを亀山氏も語ったこをと告げると「やっぱり!」と明るい笑顔を見せた

 「海外の昔の有名なヒットドラマや映画はみんなそういう経緯で作られているんですよたとえば、『スタートレック』は“The Next Generation”として『新スタートレック』ほか何本も作られていますからね」と海外ドラマのヒット作を引き合いに出し、「“踊る”もその方式で、日本初の試みとして新しいものが生まれたらいいですよねとにかく、この『踊る大捜査線』というタイトルは秀逸なので使わない手はないです」と力強く語る

 それでも、「僕には無理」と先ほどとは真逆の発言「青島というヒーローと出会ってしまったので、彼以上のヒーローは考えられない等身大のスーパーヒーローですねアナログ世代もデジタル世代も老若男女どこにでも対応できる、しかも下手(したて)なヒーロー(笑)普段はフワフワしているのに、いざというときの決断能力がすごくて、こうと思ったら突き進んでいくあれは格好いいですね」と愛着は深い

 「エンドロールの最後に“その後”をイメージする画を差し込んでいるので、そこから観客それぞれの解釈で未来を感じてもらえたら嬉しいですね」と、いつか世に出るかもしれない若手クリエイターたちに“新たなる希望”を託していた

 青島俊作、恩田すみれ、室井慎次に真下正義など、スピンオフ作品が作られるまでの人気キャラクターを生み出した『踊る』もついに完結映画『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』は現在公開中展示は11月4日までOMEGA時計展示は11月4日までフェンディ眼鏡展示は11月4日までCARTIER時計
0

2012/10/12

2012年9月26日、  

2012年9月26日、米CNN(電子版)が、石の鑑賞を好む中国人について取り上げた28日付で環球時報が伝えた

【その他の写真】

鑑賞石を売る店には多くの見物客が訪れるが、実際のコレクターの多くは高額な支払いが可能な中年男性である石というのは形状や大きさ、色は違えども、すべて「天然の彫刻」を施されている山東省済南市で鑑賞石を販売する黄坤龍(ホアン・クンロン)さんによれば、「石の模様は山水画のようなもの」だという彼らの目には、石の凹凸な表面が小さな風景画のように見えるらしい

これら詩情に富む鑑賞石の価格は非常に高価だ「喜気臨門(喜びが訪れる)」という黒玉色の石は、枝にとまる鳥に似ているとして、6万6000元(約82万円)の値がついているまた、泰山石と呼ばれる泰山山脈で採れる石も人気がある最も人気があり価格も高いものには、漢字や特殊な絵のような柄が現れている泰山石は見た目が良い以外に、霊力をもたらすとも言われており、平安をもたらしてくれると信じる人も多いコレクターの李樹成(リー・シュウチョン)さんは、「実証はできないけれど、5000年も言い伝えられているからには道理があるに違いない」と語る

コレクターの年齢が上がりつつある中、鑑賞石市場には子供を連れた大人をよく見かける石の収集は世代を超えて受け継がれていくようだイロ服部正法】イスラム教の預言者ムハンマドを侮辱する風刺画を仏週刊誌が掲載したことに対抗し、エジプトの日刊紙「アルワタン」が欧米人らのイスラム社会への偏見などを皮肉る内容の風刺画特集を掲載した

【ほぼ白紙の「自己検閲」版発行】仏週刊誌:ムハンマド掲載で反論

 9月24日付の紙面で、見開き2ページの特集面に13枚の風刺画を掲載「西洋の眼鏡から見たイスラム世界」とのタイトルの絵では、眼鏡のガラス部分に米同時多発テロ(01年)で崩壊したニューヨークの世界貿易センタービルが描かれ、「9・11」というレンズを通してしか欧米がイスラム世界を見ていない、との訴えを表した

 イスラム教徒の男性が、米国の国旗をあしらった懐中電灯で照らされると、血まみれの刃物を手に怒りをあらわにする男性に変身する絵もある米国はイスラム教徒すべてを「テロリスト」扱いしている、と言いたげだ

 同紙のムハンマド・バルグート編集局長は同27日、毎日新聞の取材に「(侮辱に対する)返答は暴力にあおられる形ではなく、風刺画には風刺画で、映画には映画で返答すべきだ」と指摘一方「世界には、反イスラムの映画や風刺画を作るより、病気や飢餓、人口増大など取り組むべき課題がたくさんある」と話した石というのは形状や大きさ、色は違えども、すべて「天然の彫刻」を施されているシャネル 財布 新作石というのは形状や大きさ、色は違えども、すべて「天然の彫刻」を施されているiPhone 携帯ケース石というのは形状や大きさ、色は違えども、すべて「天然の彫刻」を施されているヴィトン 財布
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ