2017/6/22  8:52  次女  

我が家の次女(末っ子)は、都内在住で都内の企業に勤務しています。

月に一度は週末に帰省しますが、駅から家、家から駅までは、我々に車で送り迎えさせます。

数年前は、「駅まで送り迎えしてもらうのは、(駅のある)市内で外食すれば、炊事担当のおねえちゃんの負担が減るからだよ」と、長女に言っていたようで、確かに送り迎えのついでに市内で外食していたこともありましたが、最近ではそれがなくても暗黙で親に送り迎えさせている、ちゃっかり末っ子です。結局、炊事担当の長女の負担は減っていないのが現状です。

0

2014/8/12  8:12  塩分摂取量  健康

昨日の昼食:そうめん。トマトとツナと茄子のなめ茸和え。

夕食:ポテトサラダ。刻み昆布の煮物。かじきのバジルオイルソテー。五穀米ごはん。


今朝の塩分摂取量:12.8汗

うーむ高い。

昨日は大したもの食べていないのにも関わらず、数値が高めだ。

私が、塩分測定器を片手に一人騒いでいると、

料理係が、「昨日は煮物やポテトサラダの味付けをいつもよりしっかりつけたからではないか」と言っていました。

刻み昆布や切り干し大根の煮つけなどが出されると、味がイマイチしみていないというか、薄味すぎるので、必ず残すのを気にした料理係が、昨日は大目にしょうゆだのを入れたらしいです。

どうりで、昨晩の昆布は残さず食べていました(←いつもより味がおいしかったから)

それで、気がついたのですが、今まで血圧が高めだった時には、塩分摂取量を気にして、薄味のおかずを出されることをよしとしていましたが、少し改善してくると、人間というものは調子に乗る、と言いますが、「もう大丈夫」と安心してくるというか、健康志向(健康優先)から嗜好志向(味覚優先)にシフトしてくるようです。

1




AutoPage最新お知らせ