2017/4/17

2017春アニメ  

 全種類見るのは無理なので、好みが偏ってますが(^_^;)
気になるものをチェックしています。

 予告を見て、映像の素晴らしさで気になっていたのは「神撃のバハムート」。現在放送分は第2期らしいのですが、ここから見ても不都合は感じませんでした。面白くなるかどうか、話はこれから次第ですが、映像が、映画を見ているようでとにかく素晴らしい。それだけでも見る価値はあります。

 題名がユニークで気になっていたのが「正解するカド」。野崎まど氏というSF作家さんが脚本を手掛けておられます。ノーチェックでしたが、海外の方のコメントを読んで気になり、見てみたら面白かった!凄腕外交官が、羽田空港に巨大な正立方体と共に降り立った宇宙人と、日本政府の間に入り交渉するという話ですが、今後の展開に期待しています。

 「カブキブ!」は、「落語心中」を手掛けたスタジオディーンが手掛けるというので見ていますが、前作と打って変わって、かなりノリが軽いです。高校の部活で歌舞伎をやりたい主人公が、仲間を募るところを今やっていますが、「落語心中」を見た後だと、絵も話も雑な印象が否めません。歌舞伎入門としては楽しめそう、かな?

「夏目友人帳 陸」は安定の面白さ。前回より絵が綺麗になったかも。

 「エロマンガ先生」と「月がきれい」は、2話目で脱落気味。
2つとも絵も綺麗だし、つまらない訳ではないですが、見ていて辛いと思うのは歳のせいかもしれません。

意外と侮れないのが、ショートアニメで

 「信長の忍び」は前期から大好きで見ています。学生時代、日本史が大の苦手だったので(当時これを放送してくれていたら!!)・・・と思いながら笑ってます。女忍びの千鳥ちゃんが、凄腕なのにお馬鹿でかわいい!信長様の心の声ツッコミもナイスです。

 題名のかっ飛ばし方が今季一番なのが「坊主と交わる色欲の夜に」。
中身も題名そのまま。同窓会で再会したら、昔好きだった男の子が家業を継いで坊主になっていた(そして手も早かった)、というお話。ぶっちゃけエロアニメですが、地上波放送はヤバいシーンをカットしていて、ただのギャグアニメと化してます。1話3分しかないので気楽に見られます。

 古臭い設定が笑いを誘う「喧嘩番長・乙女」。
こちらは8分アニメですが、女の子が訳アリで男子校に入学したら、そこは有名なヤンキー校だったという設定です。乙女ゲームが元ネタらしいのですが、今はこんな設定が人気なんですかね?
初回からベタな展開でしたが、私は好きです、こういうの。
0

2017/4/14

What Colour is your aura?   

 「あなたのオーラは何色?」

 という本を昔購入し、しばらく没頭したことがあります。
内容は、50の質問に答え、その人の思考パターンからオーラの色を探り当てるというもので、オーラが見えなくても自分の色が把握できるというのが画期的な本でした。一番得点の高い色が第1層に生まれ持つオーラで、第2層は後天的に身につけるオーラらしいのですが、結果は圧倒的にインディゴ。第2層の影響が殆どなかったです。(オーラにインディゴなんて色があるのか!)と当時は驚きましたが、何より感動したのは、今までどんな占いでも指摘されたことのない特徴を、ずばり言い当てられていたことでした。

 「どんなに野蛮なことであっても本当のことを言う」とか「インディゴの優しさは、落ち込んでいる人に優しく接するというより、1人の時間と空間を与え、その人自身の力で立ち直るようにさせるような類のもの」とか「自身が納得しなければ『皆がそうしているから』『俺の言うことを聞け』的な意見や命令に絶対に従わず、最後の1人になっても抵抗し続ける」とか、思い当たることばかりで苦い笑いがこみ上げてきたものです(^_^;)

 こんなことを今頃になって突然言い出したのは、本日、オーラ鑑定できる機械で自分のオーラを鑑定して頂いたからなのですが、ホントに「Blue-Indigo」って書いてあって笑いました。
結果を見るまで半信半疑だったんですが、意外と侮れませんね。

 自分のオーラが何色か、昔、霊能者のOさんに観て頂いたこともありますが、その時は「基本は青緑で、紫が少し入ってる」と言われました。で、実際今日プリントアウトされたのがそんな感じの配色で、これまたびっくり。
 頭の周りに出ていた色が白と紫だったのですが、占い師さん曰く「霊感の強い色」なんだそうです(「オーラの泉」で活躍された江原さんのオーラは白らしい)。いつの間に、白が増えたんだろう・・・?念のため申し添えますが、最近は、変なものは何も見てないです。

 占い自体、久しぶりに体験したのですが、今日見て頂いた方が、これまた以前から興味があった催眠療法士の資格を持つ方でした。今後もし催眠療法を体験するようなことがあれば、改めてこちらで感想を書こうと思います。
0

2017/4/3

昭和元禄落語心中  

 「ユーリ!」の後、冬アニメで最も楽しみにしていた「昭和元禄落語心中・助六再び編」が終わってから1週間以上経ちましたが、本当に素晴らしい作品でした。
原作マンガも素晴らしかったですが、その味わいを全く損なうことなく、よくもあそこまで完璧に仕上げてみせたものだと感動しきりでした。

 声優さんの力量を、あれほど必要とするアニメがあっただろうかと思います。特に、八雲役の石田さん、助六役の山寺さん、みよ吉役の林原さんは圧巻でした。中でも石田さんは、3人のうち唯一人長生きした人物だったため、青年期〜老年期までをこなし、更に落語家としても前座〜真打(名人)までを演じ分けねばならず、その大変さはいかばかりだったか、想像するだけで眩暈がします。
 有楽亭八雲という、架空の名人の生涯を見事に演じ切られ、彼の人生を実際に垣間見たような心持になりました。アニメ史に残る傑作だと思います。
 「落語〜」については感動が深すぎて、伝えたいことがたくさんあるのに、なかなか書くことができませんでした。NHKあたりで買い取って、ぜひ放送して頂きたいです!!深夜のTBSだけでは本当に勿体ない。視聴者こそ少なめなものの、海外の方でもかなり高いスコアが付いておりました。8.9/10は、今季冬アニメ中、最高評価ではないでしょうか。



 ・・・ここからは野暮な蛇足なので、気になる方だけお読み下さい。

 作中の最大の謎である「小夏の息子(信之助)は、誰の子供なのか」が気になって、ずーっと考えを巡らせていたのですが、ここまで完璧に父親の存在を隠しきった作者の力量に唸るばかりです。
 父親が誰か暴こうなどと、下世話極まりないことは承知しております。ですが、どうしても「八雲と小夏ができていた」説に納得がいかず、これを覆せるような人物はいないものかと、原作とにらめっこしておりました。
 ネットで皆様の意見を読む限りでは、父親は八雲8:やくざの親分2くらいの割合で意見が割れておりますね。番外で萬月兄さん、ヨタの兄貴分、大穴(冗談?)で松田さん、などどいう意見もありました(^_^;)

 天邪鬼な私は、上記のどれでもない「親分の息子」説を、最有力で考えております。

 まず、八雲を除外した理由は「小夏に手を出して、生前の八雲の苦悩がこの程度で済むはずがない」こと、「あの世で助六とみよ吉に再会した折、もし八雲が2人の娘である小夏に手を出していたとしたら、2人に詫びないはずがない」という点が引っかかるからです。
 親分に関しては、作中で彼が「俺は絶対ガキ(小夏)には手を出さない」と八雲に明言していること、そして、ヨタに信之助の父親だと疑われ、大立ち回りをやった後、八雲とのやり取りで「自分は信之助の父親ではないが、絶対にそのことは口外しない」と暗に匂わせるシーンがあること、これに尽きます。
 
 信之助が誰の子か勘付いた「柳しま」のおかみさん(親分の愛人で、八雲とも旧知の仲。彼女が経営する料亭は、小夏の勤め先でもある)の存在も考えると、信之助の父親は「この3人がよく知る人物」で、「親分が睨みを利かせている中で小夏に手を出すことが可能で、立場的に結婚できない」人となり、八雲と親分を除外すると、作中には一切登場しなかった(会話には何度か出てくる)、親分の息子が一番怪しく思えます。
 ここからはこじつけなので、話半分に聞いて頂きたいのですが、親分の息子は、八雲に面影が似ているのではないかと予想しています。小夏は「八雲に恋していた」と後に告白しているので、そういうところに惹かれた可能性はありそうです。だとすれば親分の妻は、八雲の縁者(花柳界の人)だと考えられます。

 このような理由なら、八雲の系譜の血筋も、助六の血筋も信之助に流れていることになるので、彼の容姿が後に八雲に似てきても不思議はなく、きれいに話がまとまるかな〜?と。

いやはや、一度気になりだすと追究せずにはいられないなんて、私も樋口先生と同じですね(^_^;)
0

2017/3/6

中東アニメランキング  

 ちょっと前に読んだ記事ですが、今年、中東で初のコミコン(マンガ・アニメのイベント)が開催されたそうです。ヒジャブで顔を隠した女性が薄い本を手に会場を歩く写真は、実にインパクトがありました。宗教上の都合で、男女で入口が別々に設けられてたり、色々大変な中、よく開催したな〜と思います。というか、日本のマンガやアニメがそこまで浸透していることにびっくりです。

 現在放映中の2016冬期アニメ・中東ランキングのラインナップが、また渋いのですよ!
まあ、萌え系アニメが人気なのはいずこも同じなのですが、ベストテンに「ACCA」「落語心中」がランクインしているのはともかくとして、たまげたのは「鬼平」があったことです。
長谷川平蔵様の魅力が分かるなんて!なんと素晴らしい!!

もうこれだけで、中東のオタクとは仲良くなれそうな気がします。
0

2017/2/26

疲れました・・・  

「簿記2級 また今回も 桜散る」

 ・・・俳句を詠んでいる場合じゃないんですが。
今回、ろくに勉強しなかったのでまあ、ダメだろうとは思ってました。我ながら呆れるほどやる気が起きなくて(申し込みしなければ良かった〜TдT)と、受験料を振り込んだ後で何度も思いましたが、2月の試験、受けてみて良かったです。色々、収穫がありました。今回、受験会場を初めて地元に変えたのですが、教室も綺麗で、なかなか良かったです。ただ、スリッパ持参なのを忘れていて、慌てて買いに行く羽目になりました^o^;

 今回の試験は、前回ほどえぐくはなかったと思います。
が、第3問が鬼のように難しかったです。勉強をサボった中で、自分なりに復習していた貸借対照表が出たので(よっしゃ〜!)と思ったのもつかの間でした。「決算整理事項、難易度を高くするため盛り込みすぎだろ!!」と問題製作者に突っ込みたいです。
 その分、工業簿記が簡単だったので(今度こそ、第4、5問ダブル満点取れたかな!?)と浮かれていたのですが、ネットで解答速報を見たら、第5問でミスを発見し4点落としてました。
自己採点では60点くらい・・・おおう、この辺りの点数から抜け出せない〜(ノД`)・゜・。
 それでも諦めずに最後まで答案を埋める努力は毎回しています(間に合わないけど)。目の前に座っていたお嬢さんが、開始時間5分前に来て、開始後30分で退出した時は(え、諦めるの早すぎでしょ!?)と驚きました(試験は2時間です)。受験料、5000円以上するのに。商業高校の生徒さんと思われる子達が、試験終了後に集まって「どうだった〜?」とか話している様子は微笑ましかったです。


 「素早く」と「ミスなく」を同時に、というのが子供の頃から苦手で、これが原因で70点の壁が超えられないんだと思います。
2級の知識は合格ラインくらいまでは頭に入っているし(但し、忘れるのも早い)、そこさえ克服できれば何とかなりそうなのに!
恐ろしいことに、次回から更に出題範囲が増えて難易度が上がるのです・・・もうやめて〜
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ