2013/4/30

阪急ブレーブスの投手で、引退後は「亜仁丸レスリー」  

阪急ブレーブスの投手で、引退後は「亜仁丸レスリー」の芸名でタレント活動もしたアニマル・レスリー=本名・ブラッド・レスリー=さんが27日(日本時間28日)、米カリフォルニア州マリナ・デル・レイの病院で腎不全のため死去した54歳同州出身米芸能サイト「TMZ」が29日(同30日)に報じた

 前妻のチホ・スビモノフさんが同サイトの取材に対し、レスリーさんの死亡を確認したと答えたレスリーさんは腎臓疾患のため、7カ月前から人工透析を受け、自宅療養を続けていた危篤との報告を受けたチホさんは、病院に駆けつけたが息を引き取ったあとだったという

 1986年に来日198センチの巨体がマウンド上で雄たけびを上げ、味方捕手を殴ってスキンシップを図る特異のパフォーマンスで人気を博した

彩葉(写真:夕刊フジ)

 幅広く活動中の美人シンガーソングライターの彩葉(25)がこのほど、ZAKZAKの取材に応えた

 彩葉は兵庫県出身芸能界に入ろうと思ったきっかけについて「小学生の頃、生活する上で、音楽を通してたくさんのことを助けられてきましたその時、私が助けられたように、私も歌を歌って、たくさんの人のそばで少しでも癒しや、支えになりたいと思ったからです」と話すちなみに好きな男性のタイプは「思いやりがあり、周りの意見をしっかり聞け、目標を持ちブレない人がいい」とか

 今年は「ドラマやCM、映画などのタイアップを取ることが目標」だというそして「いつか私の音楽でチャリティーコンサートをしたい」と夢を語っていた
86年は19セーブをあげたが翌年は5セーブで現役を引退通算7勝5敗24セーブだった

 その後「亜仁丸レスリー」としてタレントに転身し、TBS「風雲!たけし城」やCMに出演帰国したあとも、「ミスター・ベースボール」(92年)、「リトル・ビッグ・フィールド」(94年)、「スペース・ジャム」(96年)、「バディ」(2000年)などの映画に出演した

 アニマルのニックネームは、来日前からマウンド上で派手なガッツポーズをしていたことから付けられた78年にドラフト1巡目で大リーグ、レッズに指名されて入団し、82年にメジャーデビュー

 同年、101敗を喫したチームの中で、動物のように叫ぶパフォーマンスが話題となった85年にミルウォーキー・ブルワーズに移籍メジャー通算1勝3敗6Sだった

 闘病生活前まで、レスリーさんは、サンフランシスコにあるジャイアンツの練習施設で少年野球の指導に当たっていたというおとなしい選手の多い日本野球に衝撃を与えた外国人選手の1人だった危篤との報告を受けたチホさんは、病院に駆けつけたが息を引き取ったあとだったというティファニー カフスボタン コピー危篤との報告を受けたチホさんは、病院に駆けつけたが息を引き取ったあとだったというiPhone 5 ケースコピー危篤との報告を受けたチホさんは、病院に駆けつけたが息を引き取ったあとだったという携帯ケース コピー危篤との報告を受けたチホさんは、病院に駆けつけたが息を引き取ったあとだったというティファニー ネックレス コピー危篤との報告を受けたチホさんは、病院に駆けつけたが息を引き取ったあとだったという携帯ケース コピー危篤との報告を受けたチホさんは、病院に駆けつけたが息を引き取ったあとだったという携帯ケース コピー
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ