2014/6/27

関節痛の治療  



膝や肘など関節痛の治療には注射があります。注射の内容物はヒアルロン酸です。
ヒアルロン酸は最近非常に注目されています。もともと人間の関節液や関節軟骨に存在している物質ですが、加齢とともにヒアルロン酸は減少してくるので関節のスムーズな運動を妨害するようになるのです。


そこで、減少の傾向にある関節液の成分を補充しようというのがヒアルロン酸の注入療法なのです。

特に利用されているのが多いのが中年以降の変形性膝関節症に対して。
関節軟骨は磨耗してしまうので骨の変形などが出てきます。

筋力強化や物理療法もしくは薬物療法をとる事が多い疾患なのですが、
最近ではヒアルロン酸を補充する事で関節の動きをスムーズに保つことが出来れば、変形や痛みに対して効果を発揮する事が期待されています。
中には数回の注射をして痛みがなくなる人もいるようです。

ヒアルロン酸注射療法は全身の関節痛の治療に応用されています。特に膝関節痛に対しては、非常に良く利用されているようです。

ただしあくまで潤滑を良くする事が目的で治癒に関しては自分自身の力にゆだねられ決してヒアルロン酸は身体を治してるモノではありません。

介護保険料






0

2013/4/2

軟骨とヒアルロン酸の関係  

軟骨とヒアルロン酸は実は割と関連性があるということはご存じだろうか?

人間に際して言えば、ヒアルロン酸が関節の軟骨を保護する役割を負っていることからも、容易に想像がつくと思われる。

母指の付け根部分に存在する関節部で指を曲げる腱が腱鞘の部分に引っ掛かりを覚えてしまい

母指の途中に存在する関節が伸びなくなってしまうことを主にさします。


軽度であれば伸ばそうとするように力を入れたらまるで引っ掛かりがなくなったかのように

伸びる傾向があってバネみたいな動きと秘湯されるようですね


重症になってしまうと腱鞘に引っかかり、全く伸びなくなったりするそうですね。


生後およそ3ヵ月以降に指を伸ばさない事によって気づいたりすることも結構あるみたいですがが

MP関節部掌側の「しこり」を触れる事によって気がついたりする事例もあるそうですね。


ほとんどの場合は自然、または副え木などを利用して固定し、絶対安静によって症状が減退すると言われています。


そのため、およそ4才、5才ぐらいまでは定期的に病状を確認していきながら良好になってきているのであれば

放置、安静を続けるようにして様子を見続けるといいとされています。


もしも全然良くなる気配がない、または悪くなったりしてしまうといったケースでは手術を施術することもあります。



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ